6月のレッスン

f0107364_19263312.jpg

<今月のメニュー>
◆バカリャウ・ア・ブラス 
◆フェジョアーダ・コンプレッタ
 フェジョアーダ(黒いんげん豆とお肉の煮込み)
 コーヴィ・ア・ミネイラ(ケールの炒め物)
 アホス・ブラジネイロ(ガーリックライス)
 オレンジ
◆カイピリーニャ
◆ビール(カイザードーム・ワールドカップエディション)
◆赤ワイン(ポルトガル)

今月は、ワールドカップ月間ということで、ブラジルにちなんだメニューをご用意しました。
フェジョアーダは、ブラジルの国民食ともいわれる代表的なお料理。
見た目真っ黒、お肉がゴロゴロで、見た感じはグロテスクなイメージですが、食べてみると意外とくどくなく、日本人にも食べやすい一品です。
今回、テーマを「ブラジル」にするにあたり、お友達のブラジル人ママに色々教えてもらったのですが、彼女に私のフェジョアーダを試食してもらったところ、ご家族皆が喜んで食べて下さったとのこと。
お料理を通じて、ブラジルという国の歴史、文化、国民性などを、彼女から色々教えてもらえたことは、私にとっても、大きな収穫でした。
各国の名物料理には、それぞれ歴史的背景や、民族性などが色濃く反映されているので、お料理を知ることは、その国の知ることだなと、改めて思いました。

ポルトガルの植民地であったブラジルは、ポルトガル料理の影響も大きく受けています。
バカリャウ・ア・ブラスは、バカリャウ(塩漬けの干しだら)とじゃがいもの卵とじのことで、ポルトガルのお料理として知られていますが、ブラジルでもごく日常的に食べられる家庭料理だそうです。
バカリャウ独特な風味が、卵、じゃがいもという素朴な食材を、グッと引き立てます。
こちらも好評でした。


f0107364_8474259.jpg

残念ながら、日本はグループリーグでの敗退となりましたが、これからが本格的なワールドカップ!
上記画像のビールは、観戦シーンを盛り上げてくれますよ。
こちらで購入可能です。
どなた様も、楽しまれて下さいね。
by mt_sophia | 2014-06-26 08:56 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

f0107364_10211567.jpg

昨年とても好評だったので、今年も引き続き、リモンチェッロを作ってみました。
使用する材料は、完全無農薬の国産レモンと、世界最高のアルコール度数を誇るポーランドのスピリタス(96℃)、そしてお水、お砂糖のみ。
スピリタスは、無色透明のアルコールですが、丁寧に丁寧に削ったレモンの皮を漬けると、美しいレモンイエローの液体に生まれ変わります。
もちろん無着色、無香料。
自然の色と香り、そして味わいは、手作りならではの優しさです。

今回は、6リットルのリモンチェッロが出来上がりました。
(真ん中のリモンチェッロは、市販の空き瓶を再利用しています)
9月のレッスンで、皆様に召し上がっていただけると思います。
どうぞお楽しみに!

お手伝いいただきました皆様、ありがとうございました。
by mt_sophia | 2014-06-18 10:28 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)