<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月のレッスン

f0107364_10114657.jpg

<今月のメニュー>
 ◆ズッキーニのフリッタータ
 ◆グリーンアスパラガスと新玉ねぎのヨーグルト風味の冷製スープ
 ◆春のピラフを詰めたチキンのロースト
 ◆グリーンサラダ ホワイトバルサミコドレッシング
 ◆春のカクテル(ミモザ)
 ◆赤ワイン
 
今年は、3月に桜が満開となり、やや番狂わせの感があった春の訪れですが、やはり4月は、日本人にとって、特別な月。
気持ちも新たに、今月は、春のカクテル(ミモザ)で乾杯しました。

前菜のフリッタータは、イタリアンでは定番の一品。
今回は、大きなフライパンを使い、薄目に焼き上げました。
ふわふわの卵の中に、チーズの香ばしさと、ズッキーニのみずみずしさが、なんとも言えないハーモニーを奏でます。

スープは、季節のお野菜で作る冷製スープ。
ヨーグルト風味でさっぱりと仕上げているので、これからの季節にぴったりの一品です。
裏ごし担当の皆様は、お疲れ様でした。

そしてメインは、ピラフを詰めたチキン。
春らしく、たけのことグリーンピースをたっぷり使いました。
「全く簡単なのに手が込んでいるように見える」、私のお得意(笑)。
香ばしく焼きあがったチキンに、春らしさ満載のお野菜と、チキンの旨味をたっぷり含んだピラフ。
美味しくないわけないですね~。
ということで、皆様にも好評でした。

この4月で、私のお料理教室も、15年目に突入しました。
毎月毎月、よくもまあこれだけ新しいレシピを考えられるものだと、正直なところ、我ながら感心してしまいますが、これもひとえに、とにもかくにも、自分が美味しいものが好きだということ、そして皆様に喜んでいただきたいという気持ちがあるからこそ出来ることだと思っています。
これからも、皆様との楽しいひと時に感謝し、更に充実のお教室を目指して参りますので、今後ともどうぞよろしくお付き合いのほどお願いいたします。
by mt_sophia | 2013-04-30 10:36 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

「深夜食堂」の夜

f0107364_2221616.jpg

リアルタイムでご覧になっていた方、また漫画をご存知の方は、「何を今さら?」という感じでしょうけれど、我が家は、ここ数週間が、かなりの「深夜食堂」ブーム。
これまでも、ちょこちょこと、ドラマに出てきたメニューを再現したりしていましたが、今夜はついに、このドラマのファンの友人たちと、「深夜食堂の夜」を開催の運びとなりました。

メニューは、ドラマに出てきたものから9品、飲み物は、ビール、焼酎、そしてハイボール。
最初は、何気なく始まった話でしたが、そのうち皆、だんだん熱が入ってきて、細部にまでこだわり始め、面白い!
ということで、ビールももちろん瓶ビール。


f0107364_2273346.jpg

<今夜のメニュー>
・ポテトサラダ(第4話)
・卵焼き(第1話)
・たまごサンド(第7話)
・あさりの酒蒸し(第13話)
(以上友人作)

・赤いウインナー(第1話&11話)
・からあげ(第12話)
・冷やし中華(第18話) 
・バターライス(第5話)
・ソース焼きそば目玉焼きのせ(第8話)
*あじの干物(第9話)も用意していましたが、もうお腹いっぱいで、出番がありませんでした。

気の置けない仲間たちと、わいわいDVDを鑑賞しながら、主人公たちと同じものを食べて、飲み、語る。
笑いあり、涙あり、共感あり、異論ありで、なかなか面白い企画でした。
っていうか、ここまでこのドラマを楽しんでいる人も、他にそういないのでは?(笑)
あと11話分のメニューが残っていますから、第2回も近いうちにぜひ開催したいところです。
深夜食堂ファンの皆様、ご一緒にいかが?
by mt_sophia | 2013-04-28 22:39 | お客様備忘録 | Trackback | Comments(2)

たけのこご飯

f0107364_1885648.jpg

実家に行くと、ちょうど母が、京都から届いたという大量のたけのこをゆがいているところに遭遇。
なんたるラッキーと、ゆでたてほかほかの大きなたけのこを、2本強奪ありがたくいただいて帰ってきました。
今月は、お料理のレッスンでもたけのこを使っているので、1本はレッスンに使用、もう1本は、刻んだお揚げと共に、たけのこご飯にしました。
京都のたけのこは、柔らかくて、香りが一段違いますね。
ストウブのお鍋で、3合炊きましたが、あっという間になくなりました。


f0107364_1931458.jpg

ところで皆様、たけのこご飯を作る時、たけのことご飯を、別々に炊いて、後から混ぜ合わせますか?
それとも最初から一緒に炊きますか?
私の母は、たけのこを煮たお汁とお出汁を合わせたものでご飯を炊き、お米が炊き上がってから、たけのこを混ぜ合わせます。
そして先日、銀座の某和食店でいただいたものは、たけのこも一緒に最初から炊き込んでいました。
私個人としては、後者(一緒に炊き込む)の方が、主流な気がするのですが、お料理上手の某ソムリエールが、ちょっと前にたけのこご飯を作っていたので、彼女に作り方をたずねてみると、私の母と同じ「別々派」とのこと。
(1974年の家庭画報に載っていたレシピだそう)

なるほど、ならば私はどちらにて?と、一応悩んではみたものの、双方のそれぞれの根拠と効果が、今ひとつ掴み切れていないので、今日はとりあえず、一緒に炊き込んでみました。
別々法は、次回のお楽しみ。
でもきっと、どちらにしても、美味しいには違いないでしょう。
新しい季節を告げる、大地の恵みに感謝です。
by mt_sophia | 2013-04-25 22:08 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(0)
f0107364_13264139.jpg

「深夜食堂」というドラマ、ご存知ですか?
放映されていたのは、だいぶ前のようですが、テレビ番組情報にはとんと疎い私は、つい先日、友人からこのドラマのことを教えられ、初めて知りました。
そして、なんとなくその気になって、見てみたところ、その独特の世界観にすっかりハマり、今では、ちょっと時間があると、気に入った回の話を、繰り返し見たりしています。(DVD購入済み)
原作は漫画だそうですが、私は、ドラマでしか見たことがありません。

毎回、そのテーマごとに、違うお料理が出てくるのですが、これが肉じゃがだったり、サンドウィッチだったり、焼きそばだったりと、なんてことないメニューであるにも関わらず、何だか妙に魅力的で、見たそばから無性に食べたくなってしまいます。
何しろ、お料理を作る食堂のマスター役の小林薫さんは渋過ぎるし、その他にも個性あふれる役者さんたちが次々に登場するので、ドラマとしてのストーリーはもちろんのこと、その脇役でもあり、ある意味主役でもあるお料理も、(それがたとえ缶詰であっても)私たちの目には、ひとあじ違って映るのかも知れません。

というわけで、今日のランチは、第2部第18話に出てくる「冷やし中華」。
ドラマを見たのは、もう10日ほど前でしたが、その頃には、まだ冷やし中華の麺が近くのスーパーに売られていなくて、ようやく今日になってありつけました。
もやし、卵、ハム、きゅうり、トマト…と、具もドラマと同じものを乗せてみました。
シンプルで美味しい。
f0107364_13444210.jpg

そしてこちらは、このドラマをご覧になった方なら、皆様ご存知の「赤いウインナー」。
この赤いウインナーだけが、一部、二部通じて、2回主役を張っている唯一のメニューです。
「赤いウインナーなんて、まだ売っているの?」と思われる方も多いかもですが、最近の赤いウインナーは、植物由来の天然色素で着色しているようで、昔ほどアヤしい食べ物ではないようです。
(昔は、原材料の粗悪さを隠すために、色をつけていたらしいです)
この赤いウインナーにまつわるエピソードは、「深夜食堂」の中でも、最高傑作です。
もしご興味ある方は、一度ご覧になってみて下さい。
きっと赤いウインナーを、食べたくなりますよ。
by mt_sophia | 2013-04-18 13:45 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

入学の春

f0107364_22175289.jpg

先日、私のふたりの可愛い甥っ子が、それぞれ無事に、中学生と小学生になりました。
中学生の方は、厳しい中学受験を乗り越えての入学だったので、本人はもちろん、家族の喜びもひとしお。
入学式の日は、実家でお祝いのランチをするというので、私も何か一品作って持って行こうと、本人にリクエストを聞くと、「えびチリ」とのお返事。
母は、お赤飯をメインに、和食系のお献立を準備していたので、ここにえびチリ?と、やや迷ったのですが、彼の良き日に、彼の好物だけを、食卓に並べてお祝いするのも、家庭ならではかなと思い、トマトケチャップをたっぷり使った日本の「ザ・えびチリ」を作って持って行きました。
飾りに何かと考えていたところ、ふと思いついたのが、先日香港で買った「喜」と「福」の抜き型。
そうだわ!これがあった!
早速にんじんを使って作ってみましたが、本当に簡単に、きれいに文字が抜けました。
えびチリと同系色なので、あまり目立ちませんが、でもまあ、こっちの方が、返って渋くて私好み。


f0107364_2325833.jpg

で、翌日は、小学生の方の入学式。
こちらも、式の後に、実家でお祝いのランチでしたが、メニューは、甥っ子のリクエストにより「ひれかつ」。
離乳食の頃から、筋金入りの偏食家である彼も、幼稚園の3年間で、少しずつ食べられるものが増えてきました。
(もっと小さい頃のことを思うと、彼がお肉を食べるようになるなんて、想像も出来ないくらいの偏食ぶりでした)
入学のお祝いなので、ランドセル型のピックをさしました。
甥っ子が入学した学校は、いわゆるこの一般的な型のランドセルは使っていないのですが、日本の小学生のイメージは、やっぱりこの型のランドセルですよね!


f0107364_22555941.jpg

ということで、この日はデザートも、「ランドセル」。
帝国ホテルのガルガンチュワが、毎年春にのみ作っているケーキです。
毎年少しずつデザインが変わっていて、今年は黒いランドセル(チョコレート)には三角定規、ピンクのランドセル(いちごムース)にはお花がついています。
上の甥っ子が、6年前に小学校に入学した時にも、このランドセルでお祝いしましたが、あの頃の方が、シンプルで良かったかな。
(ピンクではなく赤いランドセルだったし)

それにしても、ついこの前まで赤ちゃんだった彼らが、いつの間にか成長し、中学生と小学生。
本当にあっという間です。
ふたりが健康で、楽しく、充実の学校生活を送れますようにと、心から願ってやみません。
by mt_sophia | 2013-04-11 23:18 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(0)

イースターランチ

f0107364_1842584.jpg

あっという間に4月に入りましたね。
実は先週、ちょっとした事情から、再び香港とマカオに行っていたのですが、帰ってきたら、冬に逆戻りしていてびっくりしました。
気温に並みがあるので、体調を崩される方も多いと思いますから、皆様くれぐれもお気を付け下さいね。

さて、帰国した翌日の日曜日は、イースターでした。
イースターとは、十字架に張りつけられて亡くなったキリストが、3日後に復活したことをお祝いする、キリスト教では、クリスマス以上に大きな行事です。
(もちろん、今はそれ以上に、春を告げる行事として、世界中で親しまれていますね)
今年は、お友達のお宅にお招きいただき、美味しいランチとワインと共に、新しい季節の訪れを、皆でお祝いしました。


f0107364_1854090.jpg

子供たちを含め、総勢9名。
ご一緒したナイジェリア人一家が、粉物好きということで、ホストが、焼きそばとたこ焼きを焼いて下さいました。
それと、コブサラダにおいなりさんも!
私は、フムス(画像右上)を作って持って行きました。
家庭の主婦にとって、どなたかの手料理をいただける機会って、そうないので、私にとっては、まさに至福のひと時でした。
やっぱり、たくさんで囲む食卓は、楽しいですね。


f0107364_1905836.jpg

メインは、ホストの十八番、ターキーのロースト。
皮はパリパリ、中はしっとり、スタッフィングのクスクスが、ターキーのエキスを吸って、とても美味しかった!
ついつい食べ過ぎました。
ちなみに、ホストの名誉のために言っておきますが、つけ合わせの(不格好な)ゆで卵は、子供たち作です。
(あら?よく見ると、違う卵が混ざってますね…)


f0107364_19161148.jpg

子供たちも、エッグハントしたり、ゲームしたり、楽しく過ごしました。
大人たちは、6人で、一体何本のシャンパンとワインが空いたことでしょう~。
本当によく食べて飲んだ1日でした。
お招き下さったホストご夫妻には、心より感謝です。
by mt_sophia | 2013-04-02 19:47 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(2)

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia