2月のレッスン

f0107364_1111362.jpg

<今月のメニュー>
 ・ランプレドット
 ・菜の花のアーリオ・オーリオ
 ・塩鱈とじゃがいもとレンズ豆の煮込み
 ・ヴァレンタインのチョコレート
 ・赤ワイン(2種)

街には春の食材や春のお花が並び始めましたが、東京では珍しく、今月は何回か雪が降りました。
このお天気に影響されたのか(?)、お教室も今月は想定外のハプニングが多かったのですが、昨日何とか無事に全クラスが終了しました。

前菜のランプレドットを始め、今月のメニューは、トスカーナシリーズ。
赤ワインも、2種ともトスカーナのワインをご用意しました。
ランプレドットとは、牛の第四胃袋(ギアラ)のことで、これの煮込みは、トスカーナの名物料理。
口にするのは初めてという方も多かったですが、新鮮なギアラを使っているので、変な匂いは全くなく、とろとろで大変に美味しい。
イタリアでは、同じ内臓料理でトリッパ(こちらは第二胃袋)の煮込みが有名ですが、トリッパよりもランプレドットの方が、肉質が繊細で、官能的です。
手作りのサルサ・ヴェルデ、サルサ・ピッカンテと共に、味の変化もお楽しみいただきました。
ギアラは、お取り寄せになってしまいますが、その他の食材(菜の花や塩鱈)は、どこでも手に入るお手軽食材。
ヘルシーですし、イタリアらしさが楽しめるメニューですから、ぜひおうちで再現してみて下さいね。


f0107364_1730301.jpg

さて、明日からいよいよ3月。
昨年のことを思うと、誰もがこの月を迎えるにあたり、感慨深いことでしょう。
変わらず続けられたことに感謝して、皆様をお迎えしたいと思います。
by mt_sophia | 2012-02-29 17:15 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

f0107364_9184666.jpg

毎年2月になると、父の郷里鹿児島から届く「ざぼん」。
別名「晩白柚(ばんぺいゆ)」とも呼ばれる巨大な柑橘類で、軽くジョンくんの頭以上の大きさがあります。

その昔、私が通っていた学校では、毎年2月の中旬に、全校あげての球技大会が行われ、私はいつもその球技大会に、このざぼんを持って行って、お友達と食べていた記憶があります。
見た目はグレープフルーツのおばけのようですが、グレープフルーツに比べると水気が少なく、さくさくした食感が特徴。
そしてざぼん独特な香りがします。

正確にいうと、ここ数年はもう、ざぼんを送ってくれる親族もいなくなり、母が自分で注文して鹿児島から取り寄せています。
きっと母は、私達家族に、父の(そして私達の)ルーツの味を、いつまでも残したいと思っているのでしょう。
小さい頃から欠かすことなくテーブルに上ってきた我が家の2月の風物詩です。

で、このざぼん、タイでは「ソムオー」と呼ばれ、街の至るところで見かけるお馴染みのフルーツです。
ただ剥いただけの状態で売られている場合もあれば、レストランなどでは、この画像のように「ヤムソムオー」として、サラダ仕立てになって出てくることもあります。
そして同じヤムソムオーでも、ざぼんの実がごろごろと入っているものもあれば、一粒一粒を芸術的に細かく分けて作っているものもあり、また、入っている具や味付けも、お店によって様々で、一度たりとも同じものに出会ったことがありません。
けれど、どれもなぜか美味しいのが、タイ料理のすごいところです。

今日は、ナンプラー、レッドカレーペースト、チリ、レモン汁、ナンプリックパオなどを使って作りました。
柑橘類にタイの調味料、文字にすると、一見奇妙な組み合わせですが、いざ食べてみると、絶妙なハーモニーで、病み付きになるお味。
そのまま食べてももちろん美味しいですが、このアレンジは大成功でした。

それにしても、私のご先祖様、自分の末裔が、鹿児島からはるか離れた東京の地で、ざぼんをこんな風に食べていると知ったら、きっとびっくりでしょうね。
by mt_sophia | 2012-02-28 09:18 | 美味しいテーブル(Asian) | Trackback | Comments(4)

鉄板パーティ

f0107364_922269.jpg

ご近所在住の友人夫妻(のご主人様)が、ホットプレートを購入したとのこと。
「お部屋に匂いがつくから」と、奥方様はかなりお気に召さなかったようですが、鉄板焼き好きの我が家は、勝手に大盛り上がり!
呼ばれてもいないのに押しかけて、無理矢理こけら落としさせてしまいました。


f0107364_945384.jpg

たこ焼き、お好み焼き、焼きそば、今日がデビューだそうなのに、どれも美味しい~。
生来のお料理上手というのは、何でもそつなくこなすものです。
この他、食べるのに夢中でカメラを取り出すことすら忘れておりましたが、お肉やお魚、お野菜なども焼いていただきました。
どれも美味しかった~!

それにしても、カメラに残っている画像はどれも同じアングル。
それだけ席を立たず、座りっぱなしでご馳走になってしまったということです。
いやいや天国。
我が家は、わりとお客様の多い家ですが、よそのお宅にお呼ばれすると、自分がいかになまけものなホストかを実感します。
昼シャン、昼ビー、美味しいお食事、至れり尽せりで、楽しい週末でした。
Sマリご夫妻、ありがとうございました~。
by mt_sophia | 2012-02-13 09:14 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(11)

蒸し鍋

f0107364_16162580.jpg

最近我が家の食卓に上るのは、こんなものばかり。
ストウブのお鍋に、可能な限りのお野菜と、お肉、お魚などを乗せ、日本酒をぱらりと振って、蓋をして火にかけるのみの簡単メニューです。
今日は、白菜、たまねぎ、ほうれん草、豆苗、えのき、万能ねぎなどをどっさり詰めて、豚肉、鶏の胸肉、ぶり、牡蠣を乗せました。
火にかけると、あっという間にこの半分くらいの量になってしまいます。
お野菜たっぷりでヘルシー、美味しくて、体も温まり、お片づけも楽チンで、いうことなしなのです~。
夫とふたりで、ぺろりでした。
by mt_sophia | 2012-02-08 16:23 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)