<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


6月のレッスン

f0107364_7334463.gif

<今月のメニュー>
◆トート・マン・クン(えびのすり身揚げ)
◆ヤム・ヌア(牛肉のスパイシーサラダ)
◆ゲーン・キョワーン(グリーンカレー)
ナム・チム・ガイ(スウィートチリソース)
◆カオ・キアップ・クン(えびせんべい)
◆ビア・チャーン

さてさて、今月のメニューは、あっと驚くタイ料理。
通常月のレッスンで、洋料理以外のメニューをお出ししたのは、お教室始まって以来初めてでしたが、毎日すでに暑いのと、今年の夏の特別クラスは、昨年からメキシカンと決まっているので、タイ料理好きの皆様のために、今月サプライズで企画しました。

トート・マン・クン、ヤム・ヌアとも、タイ料理ではポピュラーなメニュー。
家庭で再現しやすい簡単レシピにしましたので、15分もあれば、余裕で二品作れてしまいます。
ナム・チム・ガイを手作りなんて~と驚かれた方がいらっしゃいますが、こちらも5分もあれば、簡単に作れてしまいます。
市販のものを使うより、無駄がなく、しかも安心ですから、ぜひ皆様も、手作りして下さいね~。

グリーンカレーは、市販のペーストを使いつつ、そのもとになる青唐辛子とパクチーなどのソースを手作りし、フレッシュな辛さと香りを加えました。
これが辛いのなんのって、全身から汗がぶわわわ~、目まで痛くなるくらいの辛さなのですが、これがまた、蒸し暑い夏には美味しいのです~。
ビア・チャンが、ガシガシ空きました!


f0107364_7464767.gif

辛さ(唐辛子)、甘さ(お砂糖)、酸っぱさ(レモン)、そしてしょっぱさ(ナンプラー)、この4つが見事に融合したタイ料理。
和食が引き算のお料理なら、こちらは足し算のお料理と言えるのではと思います。
ぜひご自宅でも再現されて、暑い夏のお楽しみにして下さいね~!

ではまた来月!
(来月は通常メニューに戻ります~の予定)

by mt_sophia | 2011-06-30 19:31 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

山の家オープン 2011

f0107364_8161777.gif

夫の激務&その他の事情で、全く行けていなかった我が家の小さな山の家ですが、ようやく今週末、都合がついて、行くことが出来ました。
遅ればせながら、2011年シーズンの開幕です。
金曜日のお天気予報では、週末の富士山麓は雨模様とのことでしたが、予想が見事に外れ、両日ともとても良いお天気。
土曜日は、ジョンくんのリクエストで、富士急ハイランドにあるトーマスランドに行きましたが、暑くてバテそうになりました。

上記画像は、日曜日に鳴沢の道の駅から撮ったもの。
富士山の雪は、もうだいぶ少なくなって来ています。
(2ヶ月前は、こんな感じでした)
富士山麓の短い夏の始まりです。


f0107364_826895.giff0107364_82623100.gif


日曜日のお昼は、あり合わせの食材で、急遽バーベキュー。
お肉類は、冷凍庫から、お野菜は、鳴沢の道の駅で調達しました。
ビールが美味しい~。
トーマスランドは暑かったけれど、ここはやはり涼しいです。
樹々を吹き抜ける風の心地良いこと!


f0107364_9125636.gif

道の駅で見つけた地元産のわらび、あく抜き中。
朝採ったものが並んでいます。
半日あく抜きをしてから、出汁、おしょうゆで煮ました。
香りと苦味が美味しい~。


f0107364_9144448.gif

シーズン初なので、今日は念入りにお掃除しました。
ジョンくんもお手伝いです。

by mt_sophia | 2011-06-26 20:13 | 山の家だより | Trackback | Comments(8)

Stag's Leap Wine Cellars S.L.V. 2003

f0107364_8122669.gif

と、このタイトルならば、どこでもよく見かけるワイン。
カリフォルニア、ナパヴァレーではおなじみのワインです。
しかしエチケットをよく見ると、「S.L.V.」の文字の下に、「BLOCK 1A」と入っています。
これは、同じS.L.V.でも、「1A」という特に条件に恵まれた区画で取れたぶどうのみを使って作ったもの。
ごく少量の生産なので、一般には流通しておらず、何年か前に現地ワイナリーで購入しました。
その際、普通のS.L.V.とも飲み比べたのですが、明らかにこのBLOCK 1Aの方が数段上の味わい。
同じ年の同じ畑でも、区画によってぶどうの出来がこれほどまで違うって、ワインって本当に面白いなあ、大地の恵みなんだなあと、改めて思ったことを覚えています。

我が家の小さなセラーに眠るワインたち。
自分なりに想い出や思い入れがあるワインって、いつ、誰と、どんなシチュエーションで開けるか、あえて考えると、これって結構難しい。
なので、私の場合、たいていは酔っ払った勢いで、「じゃ、今日はこれ飲んじゃおう~!」で、開けてしまうことが多いです。
でも楽しい時も、そうでない時も、自分の中にその理由を見つけられれば、それがそのワインを開けるべき正しいタイミングだったということなんですよね。

「1A」という文字の並びが、なんだか縁起の良さを感じさせてくれるような気がして、今日はこのワインを開けました。
貴女のGood Luckを祈ります。

by mt_sophia | 2011-06-23 12:31 | 美味しいワイン | Trackback | Comments(14)

秘伝豆

f0107364_8321598.gif

山形の方からいただいた秘伝(ひでん)豆。
秘伝豆とは、大豆の一種で、山形県内陸の特産品だそうです。
今回いただいたのは、早い時期に収穫した秘伝豆(つまり枝豆=青豆)の乾燥品。
枝豆というのは、未成熟の大豆(大豆になる前の大豆)のことですが、最初から大豆として収穫するつもりのものを、緑のうちに取ってしまっても、あまり美味しくなく、またその逆も同じなんだそう。
でもこの秘伝豆だけは、枝豆で食べても、大豆で食べても、いつ食べても美味しく、そのままはもちろんのこと、お豆腐にお味噌にと、万能に使える優秀なお豆さんなのだそうです。
それが「秘伝」と呼ばれる由縁でしょうか。


f0107364_8542615.gif

一晩お水につけてから、15分ほどアクを取りながら茹でます。
茹でたてにお塩をパラッと振って食べても美味しいし、ひたし豆にしても美味しい。
ポリポリ、ポリポリ、ポリポリ…
ぷっくり大粒のお豆は、お味が濃く、香ばしい!
やめられません、止まりませんの秘伝豆なのでした。

by mt_sophia | 2011-06-22 09:07 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

マヒマヒグリルのサンドウィッチ

f0107364_1650185.gif

なんだか無性にフィッシュサンドが食べたくなった今日のお昼。
マックのフィレ・オ・フィッシュでも良かったのですが、ちょうどそろそろ食べてしまいたいトーストが2枚残っていたので、めかじきの切り身を買ってきて、自分で作ることにしました。
で、早速ナショナルに行ったところ、なんと今日に限ってめかじきがない!
365日、めかじきだけはここに行けば買えると固く信じていた私は、かなりのがっくりモードだったのですが、ふと冷蔵ケースを覗くと、それはそれはとても美味しそうな「しいら」のフィレが入荷されているのを発見!
救いの神現るとばかりに、早速カートに放り込みました。
「しいら」とは、別名「マヒマヒ」と呼ばれるハワイでおなじみのお魚。
ハワイのイメージが強いですが、実は日本でも普通に釣れます。
淡白で上品な味わいのお魚です。


f0107364_17294632.giff0107364_1730947.gif


マヒマヒは、塩、こしょうしてから、レモン、オレガノ、カイエンペッパーなどでマリネしてからグリル。
(めかじきだったら、フライにしようと思ってました)
タルタルまで作る余裕がなく、今日は市販品を使いました。
マヨネーズでおなじみのBest Foodsのタルタル、美味しいです。
マヒマヒの焼き加減も良く、お昼からがっつりいただきました。
満足~!


f0107364_17501441.gif

ちなみに、こちらはジョンくんのランチ。
ジョンくんサイズのミニチーズバーガーです。

by mt_sophia | 2011-06-20 17:52 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(6)

スウィートチリソース

f0107364_941259.gif

タイ、ヴェトナム、マレーシアと、アジアン料理には欠かせないスウィートチリソース。
今ではスーパーでも簡単に手に入りますが、いかんせん甘すぎるのと、そこまでそうしょっちゅう使うものではないので、結局使い切らないまま、冷蔵庫の奥底に…なんてことが、往々にして起こります。
そんなわけで、我が家では、もっぱら使う分だけを、その都度自分で作っています。
これだと、甘さも辛さも自分好みに調整できるし、無駄がなくて良し。
そして何より必要以上の添加物もなく、瓶詰めの市販品より、安心、安全です。


f0107364_10293531.gif

作ってすぐも美味しいですが、時間が経つと、更に味が馴染みます。
今月のお料理教室でも、なぜか登場予定。
さて、今月のメニューは!?
ふふ…お楽しみに!

by mt_sophia | 2011-06-17 09:57 | 美味しいテーブル(Asian) | Trackback | Comments(0)

高山

f0107364_14311849.gif

ホテルをチェックアウトした後は、岐阜県の高山へ。
ここには母の学生時代のお友達が住んでいるのですが、上高地に来る数日前に、その方が体調を崩され入院中ということを知り、調べたら、上高地から高山はそう遠くないことがわかったので、母の希望で、帰路に立ち寄ることにしたのです。
上高地から高山は、車でちょうど1時間ほど。
私も父も、高山は初めてだったので、母がその方を見舞っている間、私達は街の散策へと出かけました。


f0107364_14403544.gif

といっても、御年84歳の我が父、長距離移動の上に、ハイキング、そしてちょこちょこ動き回るコブ付きとの旅行とあって、ややお疲れ気味。
高山の名所「古い町並み」へ行ったら、ちょうど観光用の人力車があったので、人力車で観光することにしました。
これなら、父も楽チン、乗り物好きのジョンくんも大喜び。
ガイドさん(運転手さん?)のお話も色々聞けて、とても良かったです。


f0107364_1773849.jpg

「北陸の小京都」と呼ばれる高山。
400年前の街並みだそうです。
京都と同じく、当時は、間口の広さに対して課税されたそうで、どこも間口は狭く作ってあります。
その分、奥行きが広く、間口の裏側には、お庭があったりします。
今は、ほとんどが観光客向けのお店ですが、中には普通に産婦人科などもあってびっくり。

右下の小さな輪は、何だかわかりますか?
その昔、馬をつなぐのに使った名残だそうです。


f0107364_17161273.jpg

高山名物、飛騨牛とみだらし(注:みたらしではない)団子。
牛のお寿司やコロッケ、牛肉まんなど、散策しながら手軽に食べられるお店がたくさんあります。
お団子は、甘辛いタレが乗っているものではなく、お醤油を塗っただけのシンプルなものが主流の模様。


f0107364_17215439.jpg

お見舞いを終えた母と合流し、ランチ。
ここに来たからにはこれでしょー!ということで、迷わず飛騨牛のお店へ行きました。
ここは、お肉屋さん直営の飛騨牛専門店です。
私はフィレ、年甲斐もなく脂身をこよなく愛する両親はロース。
どちらも最高級のA5等級です。
ウマウマでした~。


f0107364_17422678.gif

高山の一番の見所「古い町並み」の入り口にお店を構える春慶塗りの福田屋。
母が今回見舞ったお友達のご生家です。
茶人であった私の祖母も、こちらにはよくお世話になったそうで、私が結婚した時には、ここで色々揃えてくれました。
今回は、少し赤みがかかった素敵な春慶のお弁当箱をひとつ買いました。
お弁当箱が良いと、(中身問わず)お弁当が立派に見えますもんね~。
素敵なお品がたくさんありますので、高山にいらっしゃる方には、おすすめです。

高山には、数時間の滞在でしたが、しばし「小京都」の気分に浸れて、楽しいひと時でした。
次回はぜひ白川郷にも足を伸ばしたいです。

by mt_sophia | 2011-06-10 14:30 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(12)

上高地

f0107364_21251983.gif

というわけで、上高地。
当初は、両親だけで来る予定が、色々な事情が重なり、急遽私とジョンくんもお供することになりました。
私は、初めての上高地です。
もちろんその存在は知っていましたが、なぜか今まで縁がなく、また梅雨ということもあって、正直なところ、それほど期待もしておらず、よってほとんど下調べをすることなくやって来たのですが、こちらに到着するなり目に飛び込んできたこの景色に、ただただ圧倒され、いっぺんに魅了されてしまいました。
ほとんどテレビを見ない私は全く知らなかったのですが、このあたりを舞台にした小栗旬くん主演の「岳」という映画が現在上映中だそうで、この画像の山々でも、実際にロケが行われたそうです。


f0107364_21521691.gif

上高地は、標高1,500メートル。
現在はマイカー規制されているので、手前の駐車場で車を停めて、そこからバスかタクシーで20分ほどのアクセスとなります。
行く前は、それがちょっと面倒だなと思っていたのですが、実際にこの大自然を目にしたら、この手間があってこそということが実感できました。


f0107364_2255989.gif

先月3歳になったばかりのジョンくんですが、予想以上に大健闘。
大正池~帝国ホテル~河童橋~明神池~河童橋~帝国ホテルと、トータル約10キロ強を、5時間以上かけてほぼ自力で歩きました。
(というか、画像のような木の歩道が出てくると、トーマスになりきって、必要以上に走ってました)
おかげで、夜はあっという間に寝てくれて、両親とゆっくりお夕食をいただけました。

素晴らしい自然に囲まれた上高地、またぜひ来たいと思いつつ、その一方で、もうこれ以上のコンディションはないかなと思うと、これが最初で最後でも良いような気もしています。
そのくらい、大満足の旅でした。

by mt_sophia | 2011-06-09 22:35 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

梅雨の晴れ間

f0107364_17443069.gif

山と空と水と新緑の美しさに、感動。
お天気の神様に感謝です。

by mt_sophia | 2011-06-08 17:47 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

出産壮行タイディナー

f0107364_2475365.jpg

さてさて、その(らしくない)ラブリーなダイパーケーキの贈り先である友人が、いよいよ出産カウントダウンに入り(なんと明日!)、最後の最後に我が家にてディナー。
ディナーといっても、このメンバーでの集まりは、毎回16時半集合の19時半解散と、早めの時間での開催です。
出産前最後に食べておきたいものを聞いたら、「スパイシーなもの!!」とのお返事だったので、リクエストにお応えして、久々にタイ料理シリーズにしました。
小さな子供がいると、なかなか外でタイ料理って食べる機会がないようで、我が家でタイ料理をお出しすると、お好きな方は、皆さんとても喜んで下さいます。

<今夜のメニュー>
トートマンプラー(タイ風さつまあげ)
カノムパン・ナームー(シュリンプトースト)
カーオ・タン・ナータン(おこげのココナッツソース)
ヤムヌア(牛肉のスパイシーサラダ)
ゲーン・キョワーン・ガイ(チキンのグリーンカレー)

さつまあげは、お約束の「なまず」を使用。
このムチムチ感は、なまずじゃないとダメなんです~。(Nisshinに売ってます)

おこげのココナッツソースは、GWに滞在したホテルでいただき、とても美味しかったので、今回初挑戦。
しかしおこげというのは、今日思いついて作れるものではないんですね。
ご飯を、オーブンを使って乾燥させましたが、今ひとつさっくりと揚がりませんでした。
でもココナッツソースは美味しくできたので、ちょっとおこげを研究して、必ずや「もの」にしたいと思います。

牛肉のスパイシーサラダも、GWのタイ旅行でよく食べた一品。
ちょうど牛のたたきを作った残りがあったので、それを使って作りました。
本来は、アーリーレッド(紫たまねぎ)を使うのが定番のようですが、ゲストに約1名たまねぎ苦手な方がいらしたので、今回はみょうがで代用。
麻布十番のなにわやに、とても良いフレッシュな赤唐辛子があったので、それをたっぷり使いました。
これがめちゃくちゃ辛くて美味しかった!

そしてメインは、チキンのグリーンカレー。
さすがNisshin、タイカレーには欠かせないマクアポッ(丸い小さなナス)がちゃんと売ってます。
メインは、タイで買ってきた市販のグリーンカレーペーストを使いましたが、それだけでは芸がないので、自分でグリーンソースを作り(画像下の真ん中)、仕上げに加えました。
これがあるとないのとでは大違い!
目が覚めるようなフレッシュな香り、辛味、酸味が加わり、まるでしわしわのおばあちゃんが、お肌ピチピチの高校生になっちゃうくらいの激変ぶりなのです~。
何が入っているかは…、ふふ…次回エスニックレッスンのお楽しみ!

今日のメンバーは、皆、辛いもの大好き、パクチー大好きなので、今日は心おきなく、ハーブとチリとパクチーをがっつり使って作りました。
皆様に良い汗かいていただけたようで、良かったです。
やっぱりタイ料理はこのくらいパンチがないと~!

メインゲストも、何とか産気づかずにお帰りになり、あとは明日の健闘を祈るのみ。
元気なベビーにお会いできるのを、楽しみにしています。

by mt_sophia | 2011-06-02 20:42 | お客様備忘録 | Trackback | Comments(6)
line

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30