f0107364_1011986.gif

この日から始まった自家製アンチョビ作り。
ちょうど2ヶ月が過ぎました。
インターネットで見つけたある教授の研究発表によると、「塩漬けのかたくち(ひしこ)いわしが熟成するには、15度で12ヶ月、20度で5ヶ月を要する」とのことなので、先月から、ほぼそれに近い温度である我が家の玄関横クローゼットにて室温保存しておりました。

今日恐る恐る開けてみたら、いわしから出た水分(これがのちにナンプラーになります)は、きれいに澄んでいて、お魚たちも艶やか。
変わらず順調な様子でホッとしました。
香りは、前回よりもこなれた感じで、薄っすらと魚の匂いがする程度。

今回は、小さなタッパーに、いわしを積み重ねているので、一度上下をひっくり返した方が良いかなと思い、今日は、初めて全てのいわしをタッパーから取り出してみました。
すると、下の方のいわしは、まだ塩に埋もれた状態。
きっとお塩が多過ぎたのでしょう。
このままだと恐ろしく塩辛くなりそうなので、全てのいわしを、一度軽く水ですすぎ、水気をよく拭き取ってから、別のタッパーに移し替えてみました。
そしてその上から、先ほどのナンプラーの部分だけを注ぎました。
この状態で、あとしばらく、室温にて保存してみます。
さて、この作業が、吉と出るか、凶と出るか?
引き続き、このアンチョビ予備軍たちを温かく見守りたいと思います。
by mt_sophia | 2011-03-31 11:08 | 自家製アンチョビ | Trackback | Comments(0)

3月のレッスン

f0107364_18371496.gif

<今月のメニュー>
・ほたるいかのアヒージョ
・春野菜のミネストラ
・ラムのグリル ハーブペッパー風味
赤ワイン

未曾有の悲しみに包まれた日本列島、3月。
発生当初は、私もかなり動揺し、レッスンもお休みにしようかと考えたりもしましたが、こういう時こそ平常心で、自分が出来ることをするべきと思い、自由参加という形にして、可能な範囲で、レッスンを行いました。
正直なところ、レッスンは成り立たないくらいにお休みされる方が多いかと思っていたのですが、想像以上に多くの方がご参加下さり、特に、ご実家が被災され、長くお母様とご連絡が取れなかったミホさんが、元気な姿を見せて下さったのは、本当に嬉しい限りでした。(ミホさんは、発生後6日経ってようやくお母様のご無事が確認できたそうです)

こういう時ですから、皆が顔を合わせ、お互いの無事を確認し、状況や情報をシェアすることが出来たのは、お料理のレッスン以上に意義があったことと思います。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
それぞれのご事情でお休みされた方々とは、来月お会いできますように。

通常、私のレッスンは、ワインは飲み放題(笑)なのですが、今月は、ワインをグラスワインでのご提供とし、レッスン代の一部を、災害募金に充当させていただくことにいたしました。
皆様の温かいお気持ちは、日本赤十字を通じて、被災者の方へお届けしたいと思います。
ご協力、ご理解に感謝いたしますと共に、来月以降も、私たちで出来ることを、続けてやって行きましょう!
来月もまた、元気に皆様と美味しいテーブルを囲むことが出来ますことを、心より願っております。
by mt_sophia | 2011-03-27 19:54 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

煮魚2種

f0107364_1144924.gif

ありがたいことに、我が家の近くのスーパーでは、ほぼ普段通りに食材が並んでいます。
今日は、鯛のかぶとと、型の良いさばを発見。
両方とも夫の大好物なので、買って帰り、煮魚にしました。

鯛は、新ごぼうと共に甘辛く煮付けに。
お醤油、お出汁、みりん、お酒、生姜、そして白下糖を使いました。
お魚は、焼いたり、蒸したり、揚げたり、そのまま食べたり、色々食べ方がありますが、私は煮魚が一番好き。
しかも甘辛く煮るのが、一番好きです。


f0107364_84599.gif

さばは、味噌煮にしました。
私は、青魚はあまり食べないので、こちらは夫専用。
生姜をたっぷり乗せました。
さばは煮込みすぎると、パサパサになりますが、ストウブを使うと、それがないのです。
素晴らしいです。
by mt_sophia | 2011-03-25 11:38 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(0)

フルーツプレート

f0107364_1020572.gif

地震発生から10日あまりが過ぎました。
被害に遭われた全ての皆様に、心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。
そして被災地、そして原発の現場で死力を尽くし、事態の改善に努めて下さっている方々には、感謝の言葉もなく、ただただ頭が下がります。
東京に住む私たちが今出来ることは、節電、募金、そして平常心にて日々の生活を送ること。
お料理のレッスンも、今週は予定通り行います。
「自分たちの出来ることをする」、これが一番大切かなと。


f0107364_10313199.gif

ジョンくんが通うプリスクールも、スクール側の冷静な判断で、今週から再開。
けれど、外国人のお友達、そして先生方も、99%は離日または帰国してしまいました。
今日はジョンくんを含めてわずか数人のみが参加。
いつもは子供たちのはしゃぐ声や笑い声が飛び交ってとても賑やかなのに、今日はさすがに静かでした。
ちょっと淋しかったので、あり合わせのフルーツでフルーツサラダを作り、差し入れて来ました。
子供たちも、何もわかっていないようで、ちゃんと色々感じているんですよね。
1日も早く、たくさんの笑顔がスクールに戻ってきますように!
by mt_sophia | 2011-03-23 10:56 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

今できること

日本赤十字 募金

Yahoo 募金

nifty 募金

その他の募金に関する情報は、こちらとか、こちらとか。

それと節電。

小さなことでも、自分ができることを。
by mt_sophia | 2011-03-14 17:13 | Trackback | Comments(2)

釜飯弁当

f0107364_2028046.gif

思いがけない使い勝手の良さに、ここのところ大活躍のこのお釜
1合分のお米は、炊飯器より早く、しかも美味しく炊けるので、すっかりお気に入りです。
今日は、お昼に夫のオフィスの近くまで行く用事があったので、お弁当も釜飯風にして、届けました。
山菜、鶏肉、しいたけ、にんじん、そしてごぼうの五目釜飯です。
各具は、「峠の釜飯」をまねて、やや甘辛の味付けで煮てみました。
さすが陶器だけあって、木製のお弁当箱より保温性も良く、届けた時にもまだ充分に温かかったです。
釜飯好きの夫も、喜んで食べた模様。

そういえば、峠の釜飯には、「あんず」が乗ってます。
崎陽軒のシウマイ弁当にも入ってますね。
私は、この駅弁系の「あんず」の存在に、特に必要性も関連性も感じないので、いつも口をつけないのですが、そんなことを以前ふと友人にもらしましたところ、「あんずの入っていないシウマイ弁当は、シウマイ弁当じゃないのよ!」と即座に反論されました。
彼女によると、最後にこのあんずを口に放り込んだ瞬間に、彼女の中でシウマイ弁当が完結するのだそうです。
何事も人それぞれですね。
by mt_sophia | 2011-03-10 22:09 | 今日のお弁当 | Trackback | Comments(6)

f0107364_11435640.gif

美しい桜の柄のエチケット。
オーストラリアのシラーズ100%ワインです。
昨年お店で見かけて、今年の春には、ぜひレッスンで皆様にお出ししようと思っていました。
エレガントで果実味豊か、口当たりが柔らかくて、とても飲みやすいワインです。

このワインには、第二次世界大戦中に、オーストラリアの「カウラ」という街で起こったある事件が関わっているそうで、そのエピソードを知ると、単純に「美味しい~♪」と浮かれていられない気分になったりもするのですが、それと同時に、日本人と桜の切っても切り離せない深い関係を、改めて感じたりもします。
「美しく咲き、潔く散る」、桜のこのイメージが、まさにかつての日本人の精神性そのものだったのでしょうね。
(ワインコミック「ソムリエール」でも紹介されているそうです)


f0107364_1201714.gif

このところ、日ごと日差しに暖かみが増し、春ももうそこまで。
今月は、この美しいサクラ・シラーズと共に、春のテーブルを囲みたいと思います。
お楽しみに!
by mt_sophia | 2011-03-09 12:12 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

おひとり様炊き込みご飯

f0107364_12222419.gif

先月スキーで軽井沢に行った折、駅で買った「峠の釜飯」。
おなじみのこの容器(釜?)は持ち帰って、ランチ用に、おひとり様炊き込みご飯を作ってみました。
私が子供の頃、毎年の夏休みは、前半が軽井沢、後半が京都というのが、なぜか我が家の恒例で、軽井沢へ行くたびに、横川の駅でこの釜飯を買い、容器は持ち帰って、翌年のお正月のお書き初め(墨汁を入れる)に使うというのが、これまたお決まりのパターンでした。
大人になった今、お書き初めはしないので、今回はお料理に再利用です。


f0107364_11572395.gif

前日は、友人一家と我が家でディナー。
その際、ストウブではまぐりとかにの炊き込みご飯を作ったのですが、はまぐりで取った出汁とかにの身がちょこっとずつ残っていたので、今日は、これを使いまわし。
本当にぴったり1合サイズ。
炊飯器より手早く、しかも美味しく炊けます。


f0107364_12121912.gif

おこげもこの通り。
香ばしくて美味しい~。
一合なんてペロリでした。
次回は本家の釜飯をまねて、具沢山で作ってみようっと。
by mt_sophia | 2011-03-07 12:38 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(4)

f0107364_1263956.gif

1月29日から始まったアンチョビ作り
2週間をワインセラーで過ごした後、キッチンの床下収納庫に移しました
それから更に2週間。
すっかり忘れておりました。(汗)
で、昨日コメントでご指摘いただき、そういえばそうだった~!!と、今日久しぶりに取り出して、恐る恐る蓋を開けてみましたところ…

ほわ~んと漂うのは、芳しきナンプラーの香り!
異臭、悪臭は全くなし!!
いわしも、艶々してきれいなままだし、順調に熟成を続けている模様です。
きゃ~素敵!!

温度計で測ってみたところ、床下収納庫の温度は、約22度。
ここのところ少し暖かくなってきたのと、オーブンなどを使うと、影響がありそうなので、今日から玄関横のクローゼット(ここの方が気温が安定してそう)にて保存することにしました。

あともう少しこの状態を続け、更に熟成が進んだら、次はオイル漬けでしょうか。
ビギナーズラックを信じて、がんばります。(って別に何もしてないんですけど)
by mt_sophia | 2011-03-02 12:30 | 自家製アンチョビ | Trackback | Comments(2)