<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


メキシカンナイト

f0107364_16412720.gif

今週末は、東京にいたので、友人夫妻と我が家にてディナー。
なんだか朝から妙にメキシカンが食べたい気分だったので、夜はどこかメキシカンレストランにでも♪と考えていたのですが、台風直撃&ベビーシッターの手配がつかず、外食はあきらめて、自分で作ることにしました。


f0107364_1643542.gifメキシカンといえば、まずはこれですね。
トマトのサルサ、グアカモレ(アヴォカドのディップ)、ハラペーニョの酢漬け、チーズ。
グアカモレは、刻んだたまねぎ、コリアンダー(パクチー)を、ライムの絞り汁と共に、アヴォカドに混ぜました。
ナチョス、ファヒータ、何にでもよく合います。

この日、アヴォカドは、どこのスーパーも品薄で、不思議に思っていたのですが、きっと今週末は、ハロウィンのパーティをなさる方が多かったのでしょう。
(グアカモレとチップスは、パーティの定番ですものね)

あ、それと画像には映っていませんが、もちろんたっぷりのサワークリームも!


f0107364_16502830.gifコロナで乾杯の後は、友人お手製のセミフローズンマルガリータ。
我が家にはミキサーがなく、小さなフードカッターで作ったので、完璧なフローズンマルガリータにはなりませんでしたが、これでも充分に素晴らしく美味しかった!
マルガリータは、テキーラ2:ホワイトキュラソー1:ライムジュース1で作るのだそうです。
テキーラは、40度もある強いお酒ですが、これがマルガリータになると、口当たりが良く、ついつい2杯、3杯、4杯、5杯と…。

あっという間にテキーラ1本が空きました。
テキーラを飲みすぎるとどうなるかは、テキーラを飲みすぎた人にしかわからない世界です。

…チーン。


f0107364_16543436.gif

ベジタリアンナチョス。
この夏、カハラでのお気に入り。
行くたびに食べていました。
揚げたトルティーヤの上に、オリーブ、アヴォカド、ハラペーニョ、レンズ豆、パセリなどを刻んで散らし、上からチーズとサワークリームをたっぷりかけます。
雰囲気は出ていたと思うのですが、カハラで食べたものの方が、迫力があったような?
今度はもっと、どっさりトッピングして作ってみようっと。


f0107364_1725227.gif

ビーフとチキンのファヒータ。
Nisshinには、メキシコ産ビーフが売っているので、今日はあえてそれを選んでみました。
お野菜は、たまねぎ、ピーマン、パプリカ、マッシュルーム。
ファヒータミックスや、メキシカンソースなど、市販の調味料もたくさん出ていますが、それを使ってしまってはつまらないので、自分でそれっぽいソースを作り、お肉類を漬け込んでから、パエリアパンで焼きました。


f0107364_1761351.gif

こんな感じ。
小麦粉のトルティーヤに、レタス、トマト、グアカモレ、ハラペーニョ、チーズ、サワークリーム、そしてビーフとチキン。
くるくる巻いてがっつりといただきます。
ジューシーなお肉、アヴォカド、チーズ、辛味に酸味に旨味に、色々なお味が、お口の中で大爆発。
ん~これぞメキシカン!!
マルガリータがすすみます!!(そして飲み過ぎ…チーン)


f0107364_17101878.gif

〆はジャンバラヤ。
って、ジャンバラヤって、メキシコ料理ではないようですが(ケイジャン料理ですね)、ま、何となく似た雰囲気のお料理ってことで、良しとして。
たまたま前日に魚介のトマト煮を作っていたので、その残りのトマトソース(魚介エキスたっぷり!)に、えび、いか、チョリソ、ズッキーニなどを加え、炊き込みました。
スパイシーで美味しかったです。

宴の終盤、酔っ払った夫が、「(映画)ゴッドファザーに、マイケル(アル・パチーノ)が、兄フレドと二人で、マルガリータを飲む印象的なシーンがある!!」と言い出し、DVDを引っ張り出してきて、(半強制的に)皆で鑑賞。
が、いざそのシーンが出てきたら、フレドがオーダーしていたのは、マルガリータではなく、「バナナダイキリ」でした…。(おい!)

テキーラの後は、シャンパンまで空け、久々に全員が壊れて、おひらきとなりました。
楽しくも、翌日辛いメキシカンナイトでした!(笑)

by mt_sophia | 2010-10-31 16:40 | お客様備忘録 | Trackback | Comments(4)

10月のレッスン

f0107364_23213962.jpg

<今月のメニュー>
 ・バカリャウのコロッケ
 ・きのこのラグーのパスタ
 ・サルティンボッカ
 ・トレビスとアンディーヴのサラダ
 ・赤ワイン
 ・りんごジャムとヨーグルト

あの猛暑の日々が嘘のように、すっかり秋模様の10月。
実りの秋、食欲の秋、食いしん坊のための季節の到来ということで、今月は、家族や友人と、わいわいがやがや賑やかに囲む食卓のイメージでメニューを作りました。

前菜のバカリャウのコロッケは、ポルトガル料理では定番の一品。
ポルトガルから買ってきてもらったバカリャウを使い、コロコロと可愛らしいコロッケに仕上げました。
基本的には簡単レシピですが、ちょっとしたひと手間で、ふわふわのコロッケが出来上がります。
鱈ならではの旨味と風味、じゃがいもとの相性もばっちりで、いくつでも食べられる美味しさです。
素揚げなので、衣をつける手間がかからないのも、ポイント高し。
皆様に好評の一品でした。

パスタは、季節のきのこを使ったラグーソースにて。
これまた簡単レシピですが、仕上げにトリュフバターを加えて、香りとコクのダブルアクセント!


f0107364_23465269.gif

使用したのは、「ブシャータ」というシチリアの郷土パスタ。
シチリアを旅行された方からお土産でどっさりいただいたのですが、日本ではほとんどお目にかかれないマニアックなパスタということで、せっかくなので、今月のレッスンで皆様にも召し上がっていただくことにしました。
もちもち、つるつるの食感は、パスタというよりは、おうどん寄りのテイストかな。
存在感があるパスタなので、濃厚なソースと相性が良いと思い、仕上げにたっぷりとトリュフバターを加えました。

メインは、イタリアンの定番、「サルティンボッカ」。
これまた簡単なのに、安定した美味しさの一品です。
国産の「仔牛肉」は、なかなか見かけませんが、ナショナル麻布には売ってます。
復習される時は、お肉をしっかり叩いて下さいね~。

今月は、3品とも、大皿に盛り付け、皆で取り分けながらいただきました。
いつにも増して、おしゃべりも盛り上がったような?
やっぱり秋は、「食」ですね~。
皆様どうぞお体に気をつけて、引き続き、秋の味覚をお楽しみ下さい!


f0107364_0422824.gif

毎年、10月はハロウィンを意識したメニューだったりテーブルだったり家の中だったりするのですが、毎年コテコテもちょっと飽き気味なので、今年はお休み。
エプロンとスパチュラだけが、かろうじて登場しました。

by mt_sophia | 2010-10-30 23:20 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

五目ひじき

f0107364_2014456.gif

海草続きで、今日は五目ひじき。
長崎産の芽ひじきに、にんじん、竹輪、大豆、れんこん、油揚げ。(あれ?六目?)
みりんは使わず、香川産の白下糖で甘味をつけました。
いただく時は、いつもこれに小松菜を刻んで彩りを加えます。
甘辛のひじきと炊きたての新米、黄金コンビです。

by mt_sophia | 2010-10-29 20:00 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

切り昆布と豚肉の炒め煮

f0107364_1035982.gif

このところ凝っている「切り昆布」。
今まで特に自分でお料理をすることはなかったのですが、先日スーパーをうろうろしていたら、ふとこの食材が目に止まり、なぜか無性に食べたくなって、早速買って帰り、自宅でささっとごま油で炒めていただいたところ、これがとても美味しくて、すっかりハマってしまいました。
以来ここ10日ほど、毎日のようにこの「切り昆布」が我が家の食卓に登場しております。


f0107364_10103546.gif

緑が濃く、艶やかな切り昆布。
どどんと、毎回2パック分です。
わかめより歯ごたえがあって、他の食材とも合わせやすいです。
今日は、薄切りの豚肉、にんじんと共に、さっと炒め煮にしました。
たかのつめも入れて、ピリ辛風味。
ご飯にも合いますが、これだけでもりもりいけちゃいます。

by mt_sophia | 2010-10-28 10:22 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

寒くなってきました

f0107364_14235957.gif

金曜日の夜のレッスンを終え、それから山の家に向けて出発。
到着した時の外の気温は、なんと摂氏6度!
ストーブがんがんに炊いて、暖を取りました。

こちらに来たのは、3週間ぶりでしたが、すでに紅葉も始まり、すっかり秋の装いです。
それでも例年に比べると、まだ緑の葉が多い気がします。
やっぱり今年は、夏が長かったのですね。


f0107364_14284135.gif

富士山は、頂上がところどころ白くなっていましたが、まだまだ本格的な冠雪という感じではなさそう。
この週末は、友人が遊びに来てくれて、BBQとワインを楽しみました。
涼しい夏も良いけれど、静かな秋の山の家もまたオツなものです。

by mt_sophia | 2010-10-24 14:22 | 山の家だより | Trackback | Comments(2)

牛もつ煮

f0107364_1692589.gif

なんだかめっきり寒くなりましたね~。
何気に風邪も流行っているようですし、そろそろ身体が温まる食べ物が恋しくなる季節です。
そんなことを考えながら、スーパーをうろうろしていたら、ふと目に止まったのが、牛の白モツ(腸)。
今年、お料理のレッスンでも一度使いましたが、なにわやの内臓類は新鮮でとても美味しい。
小雨が降って肌寒い今日は、このモツで、煮込みを作ることにし、早速、お大根、にんじん、こんにゃくと共にお買い物かごに放り込みました。


f0107364_16102527.gif

モツは、一度軽く下茹でし、よく洗って、一口大に切りました。
にんじん、お大根も、それぞれ下茹で。
それと、この画像には映っていませんが、こんにゃくも、下茹でしてから加えました。
外で食べるもつ煮は、お味噌のお味付けが主流のように思うのですが、私は、あっさりとしたお醤油味の方がお好みなので、今日も、その味付けで。
ストウブでことことと、1時間ほど煮込むと、モツが柔らかく出来上がります。


f0107364_16131065.gif

早速お味見。
刻んだおねぎを散らし、その上から七味をかけました。
スープにお野菜から出た甘味と、モツの旨味が溶け込んで、んん~うまい~。
身体もほかほかになりました。
臭みも全くなくて、モツ苦手な方でも、これならきっと美味しく食べられます。
今度はもっと根菜入れて作ってみようっと。

by mt_sophia | 2010-10-21 16:23 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

りんごジャム 2010

f0107364_1043847.jpg

昨年に引き続き、今年も青森産の紅玉でジャム作り。
この紅玉、青森でりんご農園を営む友人が作っているもので、「フジ」がメインの彼の農園では、今はもう紅玉はこの1本のみなのだそう。
つまり我が家のためだけに、毎年この紅玉を育て、収穫し、送ってくれているというわけなのです。


f0107364_10515035.jpg

今年は、まかない目当て有志の皆様が6名も集まって下さり、ビール、シャンパン、ワインなどを飲みながら、ワイワイがやがやと。
昨年より1.5倍の量(約30キロ)のりんごでしたが、皆様の熟練した包丁さばきにより、あっという間に剥き上がりました。
ジョンくんも、つまみ食いしつつ、りんご運びのお手伝い?


f0107364_10545995.jpg

りんごに加えるのは、お砂糖のみ。
これをぐつぐつと、1時間半ほど煮詰めます。
お砂糖以外は、一切添加物なしの超ナチュラルテイスト!
それでもこの美味しさ、食材の質の大切さを、こんなところでも改めて感じます。


f0107364_1171176.jpg

そして出来上がった2010年のりんごジャム。
なんと25キロ強!
瓶にすると114本です!ひゃ~!
ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました!


f0107364_1111623.jpg

ちなみに、今年のまかないは、スモークサーモンのサラダと、ビーフストロガノフ。
実はこの日、日中に急な所用が入ってしまい、超バタバタで、そのまままかないもバタバタになってしまいました。
来年はもうちょっとちゃんとしたものをお出ししますので、ぜひまたお手伝いよろしくお願いいたします。
皆様、本当にありがとうございました。

by mt_sophia | 2010-10-15 23:34 | りんごジャム | Trackback | Comments(0)

おめでとう

f0107364_1233514.jpg

甥っ子10歳のハッピーバースデー。
ここのところ背もぐんぐんと伸び、中学3年生の時の私の身長をすでに追い抜く成長ぶり。
時々びっくりするような大人発言が飛び出したりもするのですが、今日、中身はまだまだ純粋な可愛い男の子なのだとよ~くわかりました。
サプライズ大成功!


f0107364_1225810.jpg

彼のこれからの未来に、いつもたくさんの笑いと喜びがありますように。

by mt_sophia | 2010-10-14 22:04 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

プロヴァンス in 福島

f0107364_17505988.gif

ソ印パテとコンフィを持って出かけた先は、フランスはプロヴァンス…ではなく、福島県の福島市。
25年近く前に、我が家(実家)にカナダ人の青年(当時)がホームステイしていたのですが、その彼が、一度カナダに戻り、その後再来日した先が、なぜかこの福島で、この土地を気に入った彼は、そのままそこに住み着いてしまいました。
それから、かれこれ20年近く。
彼の両親とは昨年フランスで再会したり、家族や親族とは、東京やカナダで会ったりしているのに、同じ日本に住んでいると、「いつでも会える」と思うからか、新幹線で1時間半のところに住む彼とは、もう長いこと会っていませんでした。
で、ついにこの連休に、彼とその家族を訪ねることに。
彼と会うのは、なんと10年ぶりです。
出会った頃は、日本語はほとんど話せなかった彼ですが、今では普通に福島弁を話す立派な東北県人です。


f0107364_1754758.gif

おうちは、駅から車で30分ほど行った山の中にありました。
彼がこよなく愛するプロヴァンスのテイストが、至るところに見受けらる素敵なお宅です。
広いお庭には、果樹がたくさんあって、時々は野生の猿も出現するのだそう。
狭い都会のマンション暮らしの私たちには、ここにいるだけで、かなり脱日常。
どっぷりとプロヴァンスの休日気分です。


f0107364_1831137.jpg

福島弁、東京弁、英語、フランス語が飛び交う中、食べて、飲んで、おしゃべりして…の休日。
フランス人のパパよりフランス人な彼は、私が持参したパテとコンフィをとても喜んでくれました。
お互い驚いたのが、「こんなにお酒飲めたっけ?」。
あはは…お互い大人になったんですね~。
ジョンくんも、彼の二人の子供と一緒に遊べて、とても楽しそうでした。

異国の地で、家族を持ち、人と付き合い、ビジネスをするというのは、決して簡単なことではないでしょう。
彼を見ていると、何よりも「ぶれない価値観」が人間を強くするなと、いつも思います。
25年前にひょんなことから始まったこのご縁、お互いの子供、そしてその子供…と、末永く続くと良いなと思います。

by mt_sophia | 2010-10-11 20:22 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

チキンのコンフィ仕込み中

f0107364_11193051.gif

昨日のパテ・ド・カンパーニュに続き、本日はチキンのコンフィを。
一晩塩漬けしたチキンのもも肉を、グレイズ・ド・カナール(鴨の脂)で、じっくりじっくり煮ていきます。
焼くのでも揚げるのでも炒めるのでもないこのコンフィ。
出来上がったコンフィは、オーブンで表面がパリパリになるまで焼き、フレンチマスタードをたっぷりつけていただきます。
口に含んだ時の、あの何ともいえないグレイズ・ド・カナールのふくよかな香りと、お肉のしっとり感…。

想像するだけでよだれものです。
楽しみ~。

by mt_sophia | 2010-10-06 11:37 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(6)
line

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia
line
カレンダー