ブログトップ | ログイン

美味しいテーブル

f0107364_7484542.gif

さてさて、こちらに来て、あっという間に10日が経ちました。
10日しか経っていないのに、早くもハワイアン化してしまったのか、昨日ワイケレのアウトレットの某店でお買い物をした折、レジのお姉さん(日本人)が、私が出したクレジットカードを見て、「に、日本人の方だったんですかっ!」と、やけに驚いてました。
私、そんなに黒いのかしらん…(汗)。

こちらでは、変わらず1日2食は、滞在先のコンドミニアムでご飯を作るようにしています。
この日は、コスコ(コストコ)で買ったロブスターを、日本から持ってきた豆鼓醤で作ったソースで炒めてみました。
イメージ的には、アスパラガスと合わせたかったのですが、良いアスパラガスがなかったので、代わりにブロッコリーとグリーンのパプリカを使用。
豆鼓醤は、お野菜、魚介類、お肉類、何でも良く合う万能調味料です。
ハワイに来る時は、小瓶に詰めて、いつも必ずもって来ます。
(いや、ハワイでも普通に売ってますけどね)


f0107364_862759.gif

これが、本日のロブスターテール。
2本で20ドルでした。激安!
ぷりぷりしていて、甘くて美味しかったです~。
機会があれば、炭火で焼いて食べてみたい~。

ところで、さっき気がついたんですが、このカメラ、どうも壊れた模様です。
なんか画像が、全体的にボケてますよね。
撮った写真、全てそうなので、手ぶれや光不足ではないと思うのですが、それ以上の知識が全くないため、原因が何だかわかりません。
でも壊れたことには間違いなさそうです。
そんなわけで、しばらくお見苦しい画像が続くと思いますが、海を越えたがゆえの映像の乱れと思って下さい。(やや意味不明)

日本列島は、大猛暑続きのようですね。
皆様、くれぐれもお体大切になさって下さいませ。
by mt_sophia | 2010-07-29 11:47 | 2010 Hawaii | Trackback | Comments(6)

ワイキキ

f0107364_16285998.gif

ってことで、ただいまワイキキに滞在中。
ジョンくんがお腹の中にいた時に1回、誕生してから4回と、ここのところすっかりオアフ島づいています。

今回は、少し長めに滞在予定なので、個人所有のコンドミニアムを借りて暮らしています。
夫は後から合流予定なので、今のところはジョンくんと二人暮らし。
なのでほとんど自炊です。
日の出と共に目覚め、日が暮れると共に眠るという、健康的な生活を送っています。


f0107364_16375213.gif

一度だけ、こちらに住んでいるお友達とディナーに行きました。
日本でいう「おそば居酒屋」みたいな感じのお店かな。
結構こちらに住んでいる方には人気のようで、私も一度行ってみたいなと思っていました。
割り箸の奥に見えるのは、このお店の人気の一品、「ごぼうチップス」です。
メニューは、そのまま日本の居酒屋メニューで、値段のところがドルになっているのを除けば、日本にいるのとなんら変わりがありません。
長くハワイに住んでいらっしゃる日本人の方には、こういうお店は、ありがたいでしょうね。


f0107364_16483063.gif

ビーチにプールに水族館に動物園と、私もジョンくんも、早くも真っ黒です。
シーライフパークの海がめの赤ちゃん、可愛かったです。
by mt_sophia | 2010-07-27 13:56 | 2010 Hawaii | Trackback | Comments(8)

2010年夏休み

f0107364_10344312.gif

ということで、梅雨明け早々、激暑に見舞われている日本列島を抜け出し、ハワイにやって来ました。
同じ夏でも、ここは湿気がなく、風が爽やかなので、相変わらず過ごしやすいです。
朝晩は、グッと涼しくなるので、「寝苦しい」ということがないのも素晴らしい。
しかしながら、日中の日差しは半端じゃないので、今回の滞在中に、この年齢にして一体どれだけ黒くなってしまうのか、底知れぬ恐怖でもあります。
何しろお水遊び大好きな2歳男児が一緒ですから…。

ところで、前回ハワイに来たのは4ヶ月前でしたが、今回は驚いたことに、機内で書かされる「ようこそ合衆国へ」という入国の書類がなくなっていました。
インターネットで申請できるようになったからでしょうかね。
あれ、結構面倒臭かったので、なくなったのは嬉しい限りです。

と、そんなこんなで、またこちらより、ぼちぼちとレポート送ります。
皆様も、お体に気をつけて、楽しい夏休みをお過ごし下さいませ。
by mt_sophia | 2010-07-24 10:42 | 2010 Hawaii | Trackback | Comments(16)

梅雨明け

f0107364_17525167.jpg

関東地方は、梅雨明けしたようですね。
この3連休、富士山麓も、美しい青空が広がっています。
我が家は、標高1,100メートルほどのところにあるので、家の中にいる分には、真夏でも長袖を着るほど涼しいのですが、町まで降りるとさすがに暑く、今日などは遊園地なんぞに行ったものですから、ずいぶんと日に焼け、汗をかきました。


f0107364_1815374.jpg

この連休は、弟一家もこちらに滞在しているので、昨夜は一緒にバーベキュー。
まったく、こちらに来ると、アメリカ人並みにバーベキューばかりしています。
が、戸外にテーブルを出して、緑の中で食べるのは、本当に気持ち良いものなのです。
やめられません~。


f0107364_18162654.jpg

「道の駅」で購入したお野菜と果物。
ブルーベリー、いちご、とうもろこし、ズッキーニ、ブロッコリー、ラディッシュ、いんげん、サンチュなどなど。
全てこのあたりの農家で作っているお野菜です。
いちごとブルーベリー以外は、ほとんどが1本(束)が100円。
新鮮で美味しい~。


f0107364_1822196.jpg

こちらはお肉類。
ラムとソーセージは、東京から持って行きました。
ソーセージは、ナショナル麻布で見つけた「カレー風味」のソーセージ。
ほど良いカレー風味が、なかなか美味しかったです。


f0107364_18274435.jpg

札幌出身の義妹(弟嫁)作、「ちゃんちゃん焼き」。
じゃがいも、鮭、アスパラガス、コーン、もやしなど、北海道の味覚がたっぷり詰まった北海道の名物料理(?)です。
ずっと前に、北海道でキャンプ旅行をした時、あちらこちらで、この「ちゃんちゃん焼き」を作っている方々に遭遇しました。
お味噌ベースの味でとても美味しいのです。
今度私もまねしてみようっと。


f0107364_18323218.jpg

おっと、つまみ食いしている人が約1名。


f0107364_18293737.jpg

この連休を機に、この界隈は、一気に人出が多くなり、賑やかになります。
この空の色からして、いよいよ夏本番といった感じですね。
どなた様も、お体を大切に、楽しい夏をお過ごし下さい。


f0107364_2337551.gif

夏の富士山。
雪があった方が、やっぱり良いですね。
by mt_sophia | 2010-07-18 18:37 | 山の家だより | Trackback | Comments(2)

7月のレッスン

f0107364_12145289.gif

<今月のメニュー>
 ・パプリカの香草パン粉焼き
 ・冷製レモン風味のパスタ・ジェノヴェーゼ
 ・白身魚のソテー クミンシードと白ごまの衣焼き
 ・ズッキーニの炒め煮 カレー風味
 ・スプマンテと白ワイン

鬱陶しいお天気が続くこの季節には、さっぱり、爽やかなお料理でしょうと、今月は、「スパイス&ハーブ」をテーマにメニューを考えました。

まず前菜は、今が美味しいパプリカを使った香草パン粉焼き。
アンチョビ、パンツェッタ、ケイパーなどを詰めたパプリカに、パセリをたっぷり使ったパン粉を乗せて、オーブンで焼きます。
じっくり焼いたパプリカの甘いこと!
冷えたスパークリングによく合う、夏向きの一品です。

続いては、冷製のパスタ・ジェノヴェーゼ。
定番のジェノヴェーゼソースに、レモンジュースを加え、冷たいパスタに仕上げます。
チーズもたっぷり入れているので、コクはありながら、フレッシュなバジルの香りと、レモンの酸味が、とても爽やかで、軽い口当たりのパスタです。
冷製パスタは、食欲のない時(そんな時ないですけど)でも、ペロリと食べられてしまいますね。
夏に活躍してくれそうな一品です。

そしてメインは、5月、6月と、お肉が続いたので、今月はお魚。
身の厚いすずきの切り身に、クミンシードと白ごまを貼り付け、フライパンでソテーするだけのお手軽な一品です。
簡単なわりには、クミンと白ごまが、淡白な白身魚に複雑なアクセントを加え、奥行きのあるお料理に仕上がります。


f0107364_13461772.gif

焼く前の図。
ちょっとしたひと手間で、クミンとごまがしっかりとお魚に貼りつきます。
こんがりと焼きあがったクミンと白ごまの香ばしい香りが、食欲をそそります。


f0107364_13552738.gif

こちらがクミンシード。
粉末にしたり、このまま使ったり、インド料理によく登場します。
今回使ったクミンは、ジョンくんのベビーシッターをしてくれているインド人のリーナに頼んで、インドから買ってきてもらった正真正銘のMade in Indiaです。
清涼感の後に、ほんのりと甘味が残ります。

ちなみに、リーナによると、インドではクミンもお魚も毎日食べるけど、こういう風な使い方はしたことがないとのこと。
ならばぜひと、レッスンの際、一切れおすそ分けしたら、結構気に入ったみたいで、「今度インドに帰った時、家族に作ってあげる」と言ってました。

そんなこんなで、今年も前半戦が無事終了。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
梅雨バテ、夏バテと、体調を崩しやすい季節ですので、健康管理にはくれぐれもお気をつけの上、楽しい夏をお過ごし下さい。
by mt_sophia | 2010-07-16 12:13 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

久しぶりの山の家

f0107364_2321096.gif

久々に山の家にやってきました。
6月は夫の入院騒動などがあり、ついに一度も来られなかったので、約2ヶ月ぶりになります。
富士山麓は、今が短い夏真っ盛り。
木々の葉が生い茂り、すっかりと一面が濃い緑に覆われています。
といっても、朝晩はセーターが欠かせないくらいの涼しさですので(今朝はストーブもつけました)、東京の湿気と暑さに比べると、格段に過ごしやすいです。
寝苦しい東京の夜から解放され、昨夜は家族3人、久しぶりに朝までぐっすりと眠りました。


f0107364_2312109.gif

この週末は、土曜日は良いお天気で、夜には富士山の斜面伝いに、登山者の灯りがきれいに見えましたが、今日はあいにくの雨模様。
1日中しとしとと降り続いていました。
でもまあ、この緑に降る雨も、なかなか悪くないです。

近くにある湧き水の汲み場にある説明によると、(嘘か本当か)今沸いている水は、40年前に降った雨なんだとか。
となると、今日の雨は、ジョンくんが、私たちの年齢になった頃に飲むってことですね。
なんかロマンを感じます。


f0107364_23233784.gif

今日は、実家の山荘に両親が来ていたので、そちらにお邪魔して、一緒にBBQ。
雨が強かったですが、あちらのお宅はベランダの屋根が広いので、雨でも大丈夫なのでした。
たっぷりのお野菜に、ビーフ、ラム、チキン、サルシッチャなど。
久々のBBQ、美味しかったです。
by mt_sophia | 2010-07-11 20:49 | 山の家だより | Trackback | Comments(4)

f0107364_22334333.gif

ということで、早速作ってみたバカリャウ料理。
母が、コロッケを作るというので、私はトマト煮込みにしてみました。
コロッケもトマト煮込みも、バカリャウ料理の定番中の定番です。
じゃがいもとの相性が良いんですね。
フランス料理にも、「ブランダード」という、じゃがいもとバカリャウのお料理があります。

前の記事で、「塩抜きは6時間ほどで大丈夫そう」と書きましたが、途中お味見したらまだまだしょっぱいので、結局一晩(12時間)水に漬けました。
これで充分だろうと思い、トマト煮込みに取りかかったのですが、30分ほど煮込んだところで、お味見したら、んんん~しょっぱい!
まだまだ塩抜きの必要があったようです。

結局、もう一度別のお鍋でトマトの煮込みを作り直し、元のお鍋(しょっぱいやつ)の一部と合体させました。
これで何とかお味の方はまとまったので、ホッ。
バカリャウの他には、じゃがいもとオリーブを入れました。

今日は、母が都内に出てきていたので、某所で落ち合い、お互いの作品をトレード。
母のコロッケもとても美味しかったです。
彼女によると、「ポルトガルで食べたコロッケは、衣(パン粉)がついていなかった」ということで、素揚げになっていました。
トマト煮込みの感想はまだ届いていませんが、合格点は出るでしょうか。
バカリャウは、まだまだあるので、他にも色々作ってみたいと思います。
by mt_sophia | 2010-07-06 22:32 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

バカリャウ

f0107364_10144072.gif

ポルトガルに行っていた母から、お土産に「バカリャウ」をもらいました。
バカリャウとは、塩漬けした鱈(たら)の干物で、ポルトガル料理には欠かせないポルトガルの国民食。
スペイン語ではバカラオ、イタリア語ではバッカラとも言われ、あのあたりの地域では、色々な料理法で食べられるポピュラーな食材です。
うちの近くのスーパーにも、500グラム入りのものが売られているのですが、1パック2,500円ほどするので、うかつには手を出せず、ポルトガルに行くという母に、「もし簡単に持って帰って来られそうなら買ってきて」とリクエストしておきました。

そして、帰国した母から、「買ってきたわよ」との連絡。
早速取りに行くと、そこにあったのは、尻尾までついた、ほぼ一匹分の巨大なバカリャウ!
約5キロのものを、スーツケースぎりぎりいっぱいに詰め込んで持って帰ってきたのだそうです。
もちろん骨もついていて、お店ではこれを電動のこぎりでカットしていたとのこと。
実家にはそんなものないので、一体誰がどうやって小分けにするのかと心配しましたが、母が出刃包丁ととんかちを駆使して、あっという間にきれいに解体してくれました。
うちの母、普段はわりとエレガントな人なのですが、こういう時は、何というか、本当に大胆なのです。


f0107364_10281574.gif

約5キロで、68ユーロ。
1キロあたり、13.95ユーロ(約1,500円)ですから、日本で買うより約1/3のお値段。
安いです。
お店の人によると、余すところなく全ての部分を食べられるのだとか。
私は、半分ほどもらって帰ってきました。


f0107364_1043339.gif

帰宅後、早速水に漬けて塩抜き。
ちょこっと味見したら、それほど塩分はきつくないので、5、6時間で大丈夫そう?
トマトで煮込んだり、じゃがいもとコロッケにしたり、スープに入れたり、色々楽しめそうです。
ポルトガル料理は大好きなので、自分で作れるのが楽しみ!


f0107364_10524239.gif

そしてこちらはもうひとつのお土産。
ポルトガルといえばのポートワイン。
1963年物です。
こちらも楽しみ!
by mt_sophia | 2010-07-05 11:04 | 食材・ツール | Trackback | Comments(6)