<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


10月のレッスン

f0107364_15435454.gif

<今月のメニュー>
 ・秋刀魚の軽いマリネ
 ・かぼちゃとリコッタチーズのカヴァタッピ
 ・豚肉のインヴォルティーニ
 ・赤ワイン2種
 ・ハロウィンのお菓子
 ・ソ印りんごジャム

台風騒動などもありましたが、全体的には安定した秋らしい爽やかな陽気が続いた10月。
お料理のメニューも、秋の食材満載でお送りしました。

まず前菜は、秋を代表する食材「秋刀魚」を使った軽いマリネ。
脂がたっぷり乗ったお刺身用の秋刀魚を、白ワインビネガーでささっとマリネし、グリーンオリーブとバジルのソースでさっぱりといただきます。
お恥ずかしいことに、私はこの手のものは苦手なのでパスでしたが、皆様にはとっても好評。
今年は秋刀魚が美味しくて安いので、ぜひぜひ復習してみて下さい。

*骨なしクラスの皆様へ業務連絡
 骨ありクラスの方々によると、骨は取らなくても全く気にならないとのことです

続いては、かぼちゃとリコッタチーズのカヴァタッピ。
ハロウィンにちなんで、かぼちゃのメニューをひとつ入れました。
かぼちゃの優しい甘味と、リコッタチーズの爽やかな風味が良く合って、カヴァタッピとの相性もばっちり。
かぼちゃは、このあたりのかぼちゃで色々試してみましたが、なにわやで売っている北海道産のかぼちゃが、一番ほくほくしていて、甘味が強く、美味しかったです。

ところで、先日のクイズの正解。
カヴァタッピとは…


f0107364_9234037.gif

そうです!
「ワインオープナー」のことでした!
言われてみると、確かに納得~ですね。

メインは、豚肉のインヴォルティーニ。
「インヴォルティーニ」とは、何かを巻いたお料理のことを指します。
今回は、とろとろに炒めたなす、イタリアの「プロボローネ」というチーズを生ハムで巻き、それを更に豚肉で巻いたというインヴォルティーニのインヴォルティーニ。
それを更に一度焼き付けてから、最後にトマトソースで軽く煮込みました。
煮込む際には、秋らしさを出すためにきのこも一緒に。
こちらは、トランペット、ポルチーニ、ピエ・ド・ムートン、ジロール、プルロットなどなど、その時に手に入るフレッシュなきのこを使いました。
ナイフを入れると、生ハムの香りがふわ~んと漂い、中からなすとチーズがとろ~り。
美味しくないわけありませんね~。
パンにもご飯にも良く合う「おかず」風の一品でした。


f0107364_1081842.gif

今月から、新しくお入りなった方が数名。
クラスも1クラス増設し、ますます賑やかになりつつあるお食事お料理教室です。
一緒に食べること、飲むこと、作ることを楽しめる仲間が増えるのは、私にとって日々を過ごす何よりものエナジーになります。
今後ともよろしくお願いいたします。

by mt_sophia | 2009-10-27 21:42 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

何の形?

f0107364_15105375.gif

台風一過で、今日の東京地方は、きれいな青空が広がっています。
気温も、まもなく11月とは思えないくらいの暖かさで、私は今日はTシャツで出かけていました。

さて、今月のレッスンでは、ハロウィンにちなんで、かぼちゃを使ったパスタを1品ご用意しております。
かぼちゃとリコッタチーズでソースを作り、それにパスタを合わせるのですが、ロングパスタ、ショートパスタ、何種類かで試してみたところ、一番相性が良かったのがこのパスタ。


f0107364_15402834.gif

「Cavatappi(カヴァタッピ)」といいます。
表面に筋がついていて、くるんくるんとカールしていて、マカロニとフジッリとペンネを足して3で割ったような、なんともユーモラスな形をしています。
見たことありそうな、でも初めて聞く名前のような?
誰もがそんな印象を受けるパスタです。


f0107364_1516693.gif

さてこのカヴァタッピ、カヴァタッピとはイタリア語であるもののことを指します。
この形から、答えを言われると「なるほど~」と誰もが納得なんですが、一発で正解をおっしゃった方は、今のところいらっしゃいません。
さて、カヴァタッピとは何のことでしょう?
答えはまた後日~。

(ヒント:虫系ではありません!毎月のレッスンで欠かせないものです)

by mt_sophia | 2009-10-27 09:59 | 食材・ツール | Trackback | Comments(4)

ストウブ・オン・ストーブ

f0107364_22105063.gif

2週間ぶりに山の家にやって来ました。
毎年思うのですが、富士山麓の10月は、東京の何倍もの速さで、季節が進んで行く気がします。
夏の間には、これでもかと現れる怪しい虫たちも、もうすっかり姿を消し、代わりにえさを求めて下りてくる野性の動物を頻繁に見かけるようになります。
昨夜は、山の家近くの道路で立派な角を持った牡鹿に遭遇。
その迫力に、車の中にいたとはいえ、一瞬緊張しました。


f0107364_22353870.gif

今年も登場、ストウブ・オン・ストーブ。
今週末作っているのは、ポークのリエットです。
お肉の塊が、2時間ほどで、とろとろになりました。
この山の家には、この秋からFF暖房機を設置したので、灯油ストーブの出番が少なくなりつつあるのですが、ストウブを使う時は、やっぱりこれが一番です。


f0107364_22504854.gif

今週のパスタ。
土曜日に夫が、ツナとエリンギのトマトソースのパスタを作ってくれたのですが、ソースだけちょっと残ったので、翌日私が、それにパンツェッタと緑のお野菜を加え、アレンジしました。
前日の夫パスタは、ややお味がぼやけ気味だったのですが、パンツェッタを加えたら、味がしまりました。
ということで、今回は、私の勝ちだったかな?


f0107364_22543860.gif

土曜日の午前中は富士山がきれいに見えましたが、その後お天気は下り坂。
今日は、雨が降る寒い日曜日となりました。
周囲の樹々の葉ももうだいぶ落ち始め、冬の気配漂う富士山麓です。

by mt_sophia | 2009-10-25 23:16 | 山の家だより | Trackback | Comments(0)

親子で親子丼

f0107364_23333410.gif

この季節の我が家の定番、いくらの醤油漬け。
何を隠そう、作っている本人である私は、このいくらという食べ物は苦手で、一切食べられないのでありますが(お恥ずかしい限り)、作るのは好きなので、生の筋子が手に入るうちは、結構まめに作っています。
(味付けは想像で適当に)
今日は、昨日仕込んだ分が良い感じにぷくぷくしてきたので、サーモンのお刺身と海の親子丼にして、夫のお弁当にしました。
このところ、夫も私も忙しく、なかなかお弁当を作るにまで至らなかったので、今日は実に久しぶりの配達です。


f0107364_23491386.gif

本日のいくらのドアップ。
艶々で、今にもはちきれそうにぷくぷくしています。
いくらの醤油漬けは、結婚直後に住んだ青森で作ったのが最初。
生の筋子は、ぬるま湯の中でほぐすのが一般的のようですが、青森では、「いくらをほぐす網」というのが売られていて、その網を使うと、面白いくらいぽろぽろと卵がほぐれます。
私も、最初からその網を使って作ったので、14年経った今も、網を使ってほぐしています。
(その当時は、その網に特別な仕掛けがしてあるのかと思っていましたが、実は100円ショップでもどこでも売っている普通の魚焼き用の網で充分でした)
ほぐれた卵は、塩水で数回洗って汚れを取り、お醤油、日本酒、みりん、出汁などで作った漬け汁に漬けます。
一晩置くと、漬け汁を吸って、ぷっくり艶々のいくらの出来上がり~。


f0107364_012115.gif

ジョンくんにも、ちび親子丼。(丼じゃないですけど)
これまで、生ものを食べさせたことはなかったのですが、そろそろその手のものも解禁かなと思い、先日初めて食べさせてみたところ、相当気に入った模様。
今日は、夫のお弁当に使ったサーモンが一切れ残ったので、こちらは軽く湯通しして、いくらと共に親子軍艦にしました。
いくらは、お味薄目にしてあります。
いくらとか、野菜ジュースとか、私が苦手なものを、好んで口にしている姿を見ると、なんだか不思議な気分です。


f0107364_061171.gif

案の定、まずはいくらだけ指でほじって食べてました。
力加減がわからないのか、時折、いくらを指で潰してしまって、がっかりしていました。

by mt_sophia | 2009-10-21 19:31 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(10)

りんごジャム 2009

f0107364_0394929.gif

25人分のお食事作りの日、夜の部はりんごのジャム作り。
りんごは、青森在住の友人が、自家農園で栽培している紅玉で、甘くて酸っぱくて、ジャムにするととても美味しいのです。
しかしながら、このハードスケジュールの中、段ボールにぎっしり詰まったりんご(約20キロ分)を私ひとりで捌くのは、ちと無理ってことで、ボランティアで皮むきのお手伝いを募集したところ、急なお願いだったにも関わらず、3名の方が参加して下さることに。(感謝!)

私が、お食事作りから急いで帰宅すると、すでに腕まくりした男女が、黙々と皮むきに取りかかっていました。


f0107364_2264281.jpg

むく、むく、むく…。
ひたすら、ひたすら、むいていきます。
一心不乱に皮をむき続ける大人たちにただならぬ気配でも感じたのか、ジョンくんも、せっせと箱からりんごを運び出すお手伝い。
始める前は、一体全部のりんごの皮をむき終わるのにどのくらいの時間がかかるのか、さっぱり見当もつきませんでしたけど、皆様の熟練した技のおかげで、あっという間に(といっても、ノンストップで約2時間)作業終了~。
皆様、お疲れ様でした!!


f0107364_2272058.gif

むいたりんごは、芯を取り、適当な大きさに切って、グラニュー糖をまぶし、お鍋に入れて火にかけます。
お鍋は、我が家で一番大きいもので、直径40センチ。
りんごをぐつぐつ煮ている間に、お隣のコンロでせっせと瓶の煮沸消毒し、出来上がったジャムを瓶詰め→閉栓→そしてお鍋2杯目に取りかかり→瓶の煮沸→瓶詰め→閉栓。
で、ようやく夜中の3時過ぎに、全ての作業が無事終了!
ふ~。

そして出来上がったのはこちら!!


f0107364_15046.gif

じゃーん!
200CC入りの瓶が、全部で70個!!
いやこれ、たまたまインターネットで見つけた業務用の商品が、1ケース70個入りで、一体どのくらいのジャムが出来上がるのか、全く見当がつかないまま何となく注文しただけだったのに、なんと2杯目のお鍋の最後のひとさじまでぴったり70個出来上がったというスーパーミラクル!!
これまでかなりのばくち人生を歩んできた私でしたが、ここまでの大当たりもなかなかないことでした。
と、こんなところでも大感動。


f0107364_2193284.gif

今回は、りんご本来のお味を尊重して、レモンは加えず、最低限のお砂糖のみ使用。
甘さ控えめのナチュラルテイストです。
爽やかな酸味と優しい甘さが、とっても美味しい!

お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました!
ご協力に心より感謝いたします。
(特にMr.Yの包丁さばきには、惚れました~)


f0107364_21104247.gif

ってことで、さすがの私も疲れ果て、今週末は山の家はお休み。
自宅近くの公園でピクニックなぞしてのんびり過ごしました。
爽やかな秋晴れの良い週末でした。

by mt_sophia | 2009-10-19 21:18 | りんごジャム | Trackback | Comments(6)

大量仕込みDay

f0107364_1955713.gif

高松から帰った後、待ち受けていたのは、25人分のお食事作りと、段ボールひと箱分のりんごジャム作り。
25人分のお食事は、とあるところでのお勉強会に軽食としてお出しするもので、簡単に食べられる主菜と副菜の2品という指定。
一度にたくさん作れて、自宅で作って持って行けて…となると、煮込み料理くらいしか思いつかず、今回は、バスク風チキンの煮込みと、スペインオムレツの2品にしました。
(前回はひき肉のカレーとグリーンピースのクリームスープ)


f0107364_20491639.giff0107364_20493899.gif


用意した材料は、鶏肉5キロ、卵30個、じゃがいも9個、パプリカ10個、たまねぎ3個、トマトの水煮5缶。
量が多い分、切ったり剥いたりの作業も当然多くなりますけれど、後は炒めて煮込むだけなので、案外楽チンです。
バスク風チキンは、レッスンでは骨付き肉を使いましたが、今回は状況を鑑みると骨が残らない方が良さそうだったので、骨なしのもも肉を使用しました。


f0107364_2174277.gif

スペインオムレツも、1台で10人前後分取れるので、大人数の時には重宝なメニューです。
今回は、17センチのフライパン2枚をフル回転させて、30分ちょっとで3台焼きました。
こちらは、現地で切り分けて、ベビーリーフを添えてお出ししました。


f0107364_21133366.gif

続いてのジャム作りについては、また次回ご報告。
強力な助っ人登場で、あっという間に終了しました。

by mt_sophia | 2009-10-16 21:51 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(6)

讃岐②

f0107364_22352667.jpg

本場の讃岐うどん初体験。
美味しいのはもちろん、そのお安さにもびっくりしました。
お店のあの独特なシステムも、讃岐うどんビギナーの私にはとても新鮮でした。
色々食べ比べたら面白そうなので、次回はもっとゆっくりと、夫と一緒に来訪したいなと思います。


f0107364_22445043.gif

今年6月に誕生したbambiさんの赤ちゃん。
ジョンくんは、ハグしたり、チュウしたり、彼なりのご挨拶を交わしていました。
(しかし赤ちゃんの方はちょっと迷惑そうでしたが…笑)

by mt_sophia | 2009-10-14 21:41 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(6)

讃岐

f0107364_917859.gif

ってことで、四国は高松にやって来ました。
高松には、15年前に一度金比羅歌舞伎を観にやってきたことがありますが、ほとんど記憶に残っておらず、気分は初上陸。
ジョンくんももちろん初めての四国です。


f0107364_9213210.gif

到着してすぐ、bambiさんに連れて行ってもらった高松名物「骨付き鳥」。
お味といい、お店の雰囲気といい、日本じゃないアジアのどこかの国にいるような錯覚に陥りました。

明日は、讃岐うどんを食べます。

by mt_sophia | 2009-10-13 19:16 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(6)

10月の三連休

f0107364_0173984.gif

列島を横断した大型台風も過ぎ去り、全国的にお天気に恵まれたこの3連休。
富士山麓も、連日清々しいお天気が続きましたが、ご覧の通り、富士山頂は、もうすっかり雪化粧です。
こちらには、金曜日の深夜に到着したのですが、外の気温はなんと摂氏4度!
秋というよりは、もはや冬の足音が聞こえてきそうな富士山麓です。

さてこの連休は、今年、私の両親がこの界隈に山荘を新築したので、お披露目かたがた家族、親族で集まったり、東京から友人ご夫妻が遊びに来てくれたりと、またまた盛りだくさんの週末となりました。
(合間で御殿場のアウトレットにも行ったりして)
バタバタしながらも、色々お料理は作ったのですが、カメラを取り出す余裕まではなく、ほとんど画像がありません。
(ま、毎回同じようなものばかりってこともあるんですけどね)


f0107364_041565.gif

鳴沢にある有機野菜のお店(看板は「勇気野菜」となっています)「たまな」で見つけた、ちょっと小ぶな薄紫色の蕪(正式な名前は失念)。
生食用とのことだったので、ただ切って、皮付きのまま、極上オリーブオイルと、岩塩でいただきました。
皮には辛さがあるものの、実はとても甘くて、目をつむって食べたら、柿と間違えるかも?
奥に見えるのは、ふかしたとうもろこしです。
とうもろこしも、もうこれで今年最後でしょう。


f0107364_0471272.gif

東京からの友人が、「松茸があったら買いたい」とのことだったので、先週のきのこ屋さんに寄ってみました。
が、今年はもう松茸はおしまいとのことで残念ながら見当たらず、代わりに、お掃除をした後のきのこの盛り合わせを買ってみました。
色々な天然きのこが入って、これひと盛り1,500円。
自分でお掃除する手間を考えたら、これはお得かなと。
(でも先週はなかったので、もしかしたら売り物ではなかったのかも?)


f0107364_0574187.gif
そのきのこは、卵と一緒にお出汁、お醤油、みりんで煮てみました。
これは、きのこ屋さんの店先でも売っていたもので、私がきのこを吟味している間に、ちゃっかり夫が買って食べていました。
それがなかなか美味しそうだったので、早速私も真似っこ。
きのこから良いお出汁が出て、二日酔いの五臓六腑に染み渡りました。


f0107364_134596.gif
こちらは、きのこの炊き込みご飯。
上記の煮卵で、きのこがちょっと残ったので、それを使って炊いてみました。
煮汁が、なめこみたいな感じで、少しぬめりが出たのですが、特に影響なく美味しく炊き上がりました。
天然のきのこって、こんなにも香りが豊かなのねとびっくりするほどの芳しさ。
食いしん坊な夫は、これに金曜日に作ったいくらを乗せて食べてました。
新米、きのこ、いくら…秋の味覚満載です。


f0107364_113344.gif

夫のリクエストにより、先日作って好評だった秋刀魚の燻製も。
手前は、毎度おなじみ帆立の燻製です。
秋刀魚は、自宅のキッチンで中華鍋を使って何度か作ってみたのですが、やはりBBQコンロで作った方が、はるかに美味しく出来ますね。

この他、一夜干ししたししゃもを炭で焼いたり、お肉を焼いたり、鯛のお刺身でカルパッチョを作ったり、夫がパスタを作ったり、お蕎麦屋さんで新そばを食べたり、食欲の秋大満喫の週末となりました。


f0107364_1341941.gif

ジョンくんは、1年ぶりにプードルのななちゃんと再会。
吠えられてビビって泣いたかと思うと、なでたがったり、おやつをあげたがったりなので、基本的には動物好きのようです。

by mt_sophia | 2009-10-12 16:11 | 山の家だより | Trackback | Comments(5)

毎秋恒例

f0107364_14214147.gif

今朝は築地に用事があり、早起きして出かけてきました。
台風一過の翌日とあらば、さぞかし品薄だろうと思いきや、さすが世界の築地、素人目には全くいつもと変わらない種々様々な海の幸で溢れていました。
(もちろん、プロが見たら「今日は良い魚が全然なかったよ」ってことになるのでしょうけど)

あまり時間がなかったので、用事を済ませた後は、パパッと目に付いた秋の海の幸を何点か購入。
画像手前から、ぼらの卵巣、生の筋子、そして生のししゃもです。
毎年、この季節になると作り始める「からすみ」ですが、今年のぼらの卵巣は、ちょっと小ぶりなものを選んでみました。
昨年のものと比べると、お値段は2/3ほどでしたが、色艶は遜色ない気がします。
さて、今年も上手に出来るでしょうか…。


f0107364_14335018.gif

ししゃもは、軽く塩をして、2時間ほど陰干ししました。
後は冷蔵庫に一晩置いて出来上がり。
この連休に、山の家で七輪で炙っていただく予定です。
楽しみ~!


f0107364_1443828.gif

こちらはいくらのしょうゆ漬け。
いくらのしょうゆ漬けは、結婚以来毎年欠かさず続けている我が家の恒例行事です。
今年で14回目。
画像は、漬けたてのところなので、まだ泳いでいますが、明日の朝には、たっぷりと漬け汁を吸って、ぷっくりきらきら艶々のいくらに会えることでしょう。
ジョンくん分に、薄味で作ったものを少し取っておいたので、今年は彼にも食べさせてみようと思います。

皆様も、美味しい秋の味覚、お楽しみ下さいね。

by mt_sophia | 2009-10-09 10:21 | 食材・ツール | Trackback | Comments(4)
line

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31