ブログトップ | ログイン

美味しいテーブル

2月のレッスン

f0107364_7141695.gif

<今月のメニュー>
 ・チコリのグラタン
 ・ほたるいかの冷製パスタ
 ・豚ばら肉と野菜の煮込み
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(ピカンドゥ)

2月までは、冬の食材でメニューを考える予定でしたが、なんだか今月は妙に暖かい日が続いたので、急遽メニューを一部変更し、春の食材も取り入れて、レシピを作りました。
冷製パスタはやっぱりちょっと早かったかも?と思うくらい2月らしく寒い日もあれば、グラタンを作りながらクーラーを入れる日もあって、今月は、冬と春を行ったり来たりの陽気でしたね。
画像は、春の訪れを告げる「ミモザ」のお花です。

さて、まずその冬メニューでご用意したのは、チコリのグラタン。
丸々太ったチコリ(アンディーヴ)に、ベシャメルソースとチーズを乗せて、オーブンでじっくりと焼いたアツアツの一品です。
ヨーロッパでは、冬の定番家庭料理ですね。


f0107364_23472937.gif

チコリは、ナショナル麻布で調達。
私がいつも利用しているスーパー(ピーコック、Nisshin、ナショナル麻布、明治屋)の中では、ここのチコリが一番質が良く、サイズも手頃です。
(Nisshinのも美味しいのですが、グラタンにするには大きすぎ)
とろとろのチコリと、優しいお味のベシャメルソースで、身も心もほかほかになる幸せメニューです。

続いて、春メニューでご用意したのは、早春の海の幸ほたるいかを使った冷製パスタ。
以前、お客様の時に何となく思いつきで作ってみたところ、食べて下さった方々にとても評判が良かったので、今月お教室でも登場させました。
ほたるいかを丁寧に下処理し、レモンと塩、こしょうでさっぱり仕上げます。
今年は、ほたるいかが豊漁のようで、例年に比べるとお安く出回っているような?
この季節ならではの食材ですから、ぜひ皆様も、ほたるいかがあるうちに、復習してみて下さい。
(※業務連絡:軟骨は絶対にどのほたるいかにもあります)

メインは、豚肉とお野菜の煮込み料理。
「煮込み料理」というと、冬っぽいイメージになりがちですが、そこは奥の手を使って(?)、彩り豊かなの春らしい一品に仕上げました。
ほろほろに柔らかい豚肉と、芽キャベツと金美人(にんじん)の甘味は、白いご飯にも合いそうな家庭的なお味。
これに、先日ご紹介した唐辛子ペーストをつけていただくと、これまた良いアクセントになり、一味違ったテイストが楽しめて、皆様にも好評でした。

そんなこんなで、今月は、(冬+春+冬春)÷3メニューといった感じでした。
来月は、(春+春+春)÷3になるでしょうか!?
お楽しみに。
季節の変わり目ですので、皆様、くれぐれも体調管理にはお気をつけ下さいませね。
by mt_sophia | 2009-02-28 23:43 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

お雛様のお寿司

f0107364_16384791.gif

といってもこれ、天ぷらを作った翌日、ちょっとずつ残っていた溶き卵と菜の花とえびで、何を作ろうかな~と考えて、ふと思いついた即席バージョン。
一歩違えば、玉子焼きか炒め物になっていたところでしたが、菜の花の緑とえびの赤が、ちょうどひし餅の色合いなので(やや強引)、ひし形のお寿司にしてみました。
ひし形は、牛乳パックで簡単に作れます。
が、ちょっと厚くなりすぎました。
来週もう一度、ちゃんと作ってみようっと。

お雛様に桜の絵の器は本当はおかしいのでしょうが、何となく色目が合ったので、そこはご愛嬌ということで。
by mt_sophia | 2009-02-26 12:02 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(0)

f0107364_18181982.gif

お昼は何にしようかなと冷蔵庫を覗くと、もうだいぶ前にお土産にいただいたお蕎麦(生麺)を発見。
ちょうど今日は何か温かいものを食べたい気分だったので、賞味期限は見なかったことにし、お昼はこのお蕎麦をいただくことにしました。
家でお蕎麦を食べることは、ほとんど大晦日以外にないのですが、ここのところ洋食が続いていたので、体が和のテイストを欲していたのかも知れません。


f0107364_23234144.gif

ちょうど、先日のフリットに使った油が残っていたので、冷凍してあったえびと、冷蔵庫の菜の花を、天ぷらにしました。
これでおとなしくお蕎麦だけをちゅるちゅると食べていればこうも太らないのでしょうけれど、これが揚げ物好きの悲しい性で、お蕎麦といえば、天ぷら蕎麦じゃないと気が済まないのです。

しかも、菜の花が、思いのほか美味しかったので、お蕎麦で食べた後、更に3本追加。
こちらはお塩を振っていただきました。
ほのかな苦味が美味しい~。
揚げ物は、何でもやる我が家も、天ぷらだけは外で食すのが常でしたが、意外と自分でもうまく揚がったのでびっくり。
しかしながら、えびは、相当切り目を入れたのに、やっぱり丸まってしまいました。


f0107364_10202539.gif

ちょっと早いのですが、2月吉日、初節句のお人形が届きました。
by mt_sophia | 2009-02-23 13:15 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

f0107364_0234122.gif

この週末は、学生時代の友人ご夫妻が遊びに来てくれたので、我が家にてワイン&ディナー。
毎年5月から11月までの間は、基本的に週末は東京にいないので、今の時期は、日頃ご無沙汰の友人達との再会が続きます。
彼女とは、時折会っても、ご主人様の方とは、結婚式の時にちょこっとお会いしただけだったので、今回、初めてゆっくりお話できるのが、とても楽しみでした。
念のため、事前に食べ物の好き嫌いをお伺いしたところ、「私達は、この世に食べられないものはないわ」との頼もしいお返事。
何でも良く食べてくれるゲストは、こちらもとても楽しいので、大歓迎です。


f0107364_0251124.gif

さて、まず前菜は、先日に続きシーフードプラター。
今回は、生牡蠣と一緒に、えびも加えました。
えびは、朝、築地で仕入れたメキシコえび。
ブラックタイガーや大正えびより、甘味が強く、火を通すと色がきれいに出ます。
牡蠣も築地ではたくさん売られていますが、こちらは殻を剥くのが手間なので、ナショナル麻布にて調達しました。


f0107364_033865.gif

ホワイトアスパラガスのグリル。
こちらも築地で仕入れました。
軽く下茹でしてから、グリルパンで焼き、シンプルに塩とオリーブオイルのみで味付けしています。
豊かな土の香りが、春を感じさせますね。


f0107364_027152.gif

こちらは、花ズッキーニ。
本来の旬は初夏なのでしょうけれど、築地には今くらいから出回り始めます。
(もしかしたら1年中あるのかも?)
今日は、このお花の部分に、モッツァレラチーズ、アンチョビ、ドライトマトを入れて、衣をつけてフリットにしました。
もうだいぶ前になりますが、お教室でも作りましたね。


f0107364_1381810.gif

花ズッキーニは、このように、1本1本丁寧にパッキングされ、お花の部分には、スポンジが入って売られています。
「花」というだけあって、香りが結構あります。
肝心のフリットは、バタバタしていて画像を撮り損ねたのですが、衣はきれいにつき、チーズも爆発することなく、さっくり揚がりました。
茎の部分が、これまた柔らかくて美味しい…。(赤ちゃんですから…)


f0107364_0104124.giff0107364_0105528.gif


こちらは、夫が担当したアヴォカドのディップとゴルゴンゾーラのペンネ。
どちらもなかなか美味しくて、ゲストにも好評でした。
特に、彼のアヴォカドのディップは、レモンとタバスコが利いていて、かなりいけます。
数年前までは、お料理などしたこともなかった彼が、今ではお客様というと、2品くらいパパッと作ってくれるので、大変助かります。


f0107364_0173989.giff0107364_0175241.gif


メインのラムのグリル。
Nisshinで仕入れた生ラムを、ハーブなどと共に一晩マリネして、オーブンで焼きました。
Nisshinのラムは、柔らかくて本当に美味しい。
(このあたりでは、もう私も相当酔っ払っていて、盛り付けなどもほとんど適当です)


f0107364_0343193.gif

妊娠をきっかけに、めっきり飲めなくなったワインでしたが、最近徐々に復活して来ました。
シャンパン→安シャブリ→オーヴァチュア→オーパスワン→食後にシェリーと、この日は、久しぶりにひとり1本+αペース。
オーパスワンは、ゲストが持ってきて下さったのですが、彼女達が持ってきてくれたのは、2004年だったので、開けるにはちょっと早いかも?ということになり、代わりに我が家のセラーに眠っていた2002年を開けました。
2002年のカリフォルニアは、かなりの当たり年とのことですが、タンニンはほど良くこなれ、香りも甘味も豊かで、圧倒的な凝縮感。
はぁ美味しい…。
いつも思うのですが、カリフォルニアのカベルネって、ボルドーのような「気難しさ」がなく、底抜けに明るく、単純明快な美味しさがあります。

作って、食べて、飲んで、しゃべって、気がつけばあっという間に6時間。
初対面のご主人様とも、すっかり盛り上がり、なんだかもう何年来もの友人ってくらいな勢いでした(笑)。
こういうひと時は、本当に人生を豊かにしてくれますね。
素敵な友人夫妻に、心より感謝です。
(この日は、この他、「白子の香草バター焼き」も作りましたが、こちらは画像撮り忘れました)
by mt_sophia | 2009-02-21 19:50 | お客様備忘録 | Trackback | Comments(4)

葉付きペコロスのグリル

f0107364_15414675.gif

スーパーで見つけた「葉付きペコロス」。
艶々してなんとも美味しそうなので、早速買って帰り、シンプルにグリルにしました。
最近行ったイタリアンやフレンチで、立て続けにこの葉付きペコロスが付け合せとして出て来たばかりだったのですが、スーパーでも売られているところを見ると、やはり今、お野菜業界では流行りの食材なのでしょうか?


f0107364_15584557.gif

買って来た時のペコロス。
この通り、皮はむかれた状態で売られていました。
なので、洗って、おしりを落とし、後はじっくりグリルパンで焼くだけで出来上がり。
お料理と呼ぶのもはばかれるくらいの、超簡単お手軽メニューです。


f0107364_1642651.gif

お味は、塩、こしょう、そして最後にバルサミコとオリーブオイル。
たまねぎの臭みはなく、お口いっぱいに柔らかい甘味が広がります。
葉付きを買ったからには、葉っぱも食べないとと、合わせていただきましたが、こちらもクセがなく、柔らかくてとても美味。
むふふ、やっぱり何でも、赤ちゃんというのは、柔らかくてクセがなく、美味しいものなのですね~。(怖)

これからの季節、こういう「一期一会」的なお野菜(たまたま見かけ、食べてみたら美味しかったので、また買ってみようと、次行ったら、もう姿が消えていた…みたいな)が、数多く出回りますね。
こまめにスーパーをチェックして、その場限りのレアなお野菜との出会いを楽しみましょう。
by mt_sophia | 2009-02-17 23:41 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(4)

f0107364_16141822.gif

ナショナル麻布で見つけたカラブリアの唐辛子ペースト。
カラブリアというのは、イタリアのつま先にあたる部分にある州で、イタリアでは珍しく、お料理に唐辛子を多用する地域として知られています。
同じブランドのものが何種類か置いてあったのですが、私は、唐辛子をベースに、お野菜のペーストが入っているものを選びました。
なぜかハートの柄のパッケージで、その名も「Burning Passion」。
おそらくヴァレンタインに合わせて入荷したのだと思うのですが、スウィーツ一辺倒のヴァレンタインに、こんなシャレの利いたプレゼントも、楽しいですよね~。
(個人的には、夫がこういうのをいただいてきたら、かなり嬉しい)


f0107364_16584258.gif

使われているお野菜が、ポルチーニ、アーティチョーク、オリーブ、ドライトマト、パプリカ、ケイパーなんてあたりが、なんともイタリアらしい。
唐辛子の辛さの中にも、お野菜の甘味が生きています。

今月のレッスンでは、豚肉を使った煮込み料理を作るのですが、その煮込み料理に、このペーストをちょこっと添えていただきます。
豚肉と唐辛子って合うんですよ~。
お楽しみに!
by mt_sophia | 2009-02-15 16:09 | 食材・ツール | Trackback | Comments(2)

雛人形プレート

f0107364_12305635.gif

朝晩の床暖房は欠かせませんが、日中の日差しには、少しずつ春の気配が感じられるようになりました。
今年は、例年に比べると、暖かくなるのが早いような気がします。
スーパーにも、お鍋用の葉野菜に変わり、お豆類や山菜など、春の食材がちらほら並び始めましたね。
海の幸は冬が一番、山の幸は春が一番。
大地の恵みを、今年も大いに楽しみたいものです。

さてさて、春の訪れを告げる日本の伝統行事といえば、桃のお節句ですが、狭いマンション暮らしでは、段飾りなど置けるスペースがあるわけなく、私のお雛様は、実家に置きっぱなし。
代わりに我が家には、小さな陶器のお雛様を飾っていたのですが、それは昨年、遊びに来てくれた外国人の友人に譲ってしまったので、今年また小さいのを買おうと思っていたところ、ロイヤル・コペンハーゲンでこの雛人形プレートを見かけました。
なんでも今年発売になったばかりなのだとか。
これなら古くならないし、スペースも取らないし、マンション暮らしでのささやかな桃のお節句には、このくらいでちょうど良しと、我が家のお雛様は、今年からこれに決定です。


f0107364_12485436.gif

柄は全て手描きなので、1枚1枚お顔も色目も違います。
それほど美男美女ではないんですが、お着物の柄が、コペンハーゲンのモチーフである「ブルーフルーテッド」になっているのが、なんかお茶目で可愛らしい。
女の子が誕生された方への、ちょっとしたプレゼントなどにも良いのでは?
ちなみに、ジョンくん用に、「かぶとバージョン」はないのかとおたずねしたところ、それはないようでした。
by mt_sophia | 2009-02-10 12:30 | 食材・ツール | Trackback | Comments(10)

生牡蠣など

f0107364_1754685.gif

MrsCさんが久しぶりに上京したので、我が家にてワイン&ディナー。
何を用意しようかと、前日ナショナル麻布をうろうろしていたら、鮮魚売り場のお兄さんに、「明日入荷の牡蠣は絶対美味しいですよ~」と強くすすめられたので、前菜はその生牡蠣に決め、その場で予約して帰って来ました。
ここは、お願いすれば殻を剥いてくれるので、あとは当日受け取りに行き、自宅でお皿に並べるだけで、お手軽に見目麗しいオイスタープレートが出来上がりなのです。


f0107364_21374086.gif

今日の牡蠣は、岩手産とのことで、(かなり)ぷっくりのおでぶちゃん。
エシャロットと赤ワインビネガー、チリソース、レモンの3種類でいただいたのですが、身の厚みのわりには、食べてみると意外と淡白で、さっぱりした味わい。
この大きさで、濃厚ミルキーだとちょっとしつこそうですが、このくらいのあっさりさなら、3つくらいぺろりといけてしまいます。

f0107364_2040333.giff0107364_17591714.gif


今でこそ生牡蠣ラヴの私ですが、実は、牡蠣が食べられるようになったのは、わずか数年前のこと。
それもお店以外では食べたことはなく、自宅で生牡蠣を食すのは、この日が初めてでした。
もう何年も前に、確かウィリアムズ・ソノマで買った「レモンラップ」が、ようやく日の目を見ました。

ワインは、お約束のシャブリ。
夫によると、牡蠣には「安い」シャブリが良いんだそうな。


f0107364_1893287.gif

こちらは、やりいかのリゾット詰めの煮込み。
MrsCさんが興味ありそうだったので、もち米をイタリア米に代えて、トマト味で作ってみました。
いかだけではちと淋しいので、にんじんと芽キャベツも一緒に煮込んでいます。
やりいかから良いお出汁が出て、お味は大変に良かったのですが、でもやっぱり、やりいかには、もち米の方が相性良いかなというのが、素直な感想。


f0107364_18364289.giff0107364_18411378.gif


左は、レッスンで作った(というか残った)お豆のサラダのアレンジ版。
トレビスの葉っぱのカップに入れました。
トレビスって、きれいな色ですね。

右は、メインのラムのロースト。
肩ロースの塊肉の真ん中に穴を開け、ハーブとお塩を詰めて、オーヴンで焼きました。
思いつきで適当に作ったのですが、ハーブは、お肉の真ん中ではなく、横に広く入れた方が良かったかも。


f0107364_20115537.gif

白2本空けた後、ラムには、年末にナパから届いた「Overture」。
アタリのボトルだったようで、濃いベリー、チョコレート、甘味も香りも素晴らしく、久しぶりにカリフォルニアらしい赤を飲みました。
こういう赤ワインを飲むと、本当にナパに行きたくなります。

食べて、飲んで、しゃべり倒して、楽しい時間は本当にあっという間です。
今日もまた、最後にMrsCさんが美味しそうにバロットを食べて帰ったことは、内緒にしておきましょう。
by mt_sophia | 2009-02-06 14:06 | お客様備忘録 | Trackback | Comments(10)

f0107364_14265641.gif

先日実家に帰った際、ジョンくん用のお夕飯にお粥を作ろうと、お米を洗って、そのまま土鍋に入れて火にかけたところ、横で見ていた母から、「お米は洗ってから30分は水に浸さなきゃ、美味しいお粥はできないわよ」と、するどく突っ込まれました。
その時は急いでいたので、30分も置く余裕がなく、しかも相手はまだ、スプーンを差し出せばただ口を開けてもぐもぐするだけの乳幼児。
ちょっとばかりずるしたって許されそうなものなのに、「ママはあなたに、そんな(手抜きの)お粥を食べさせたことはなかったわよ」と、ぴしゃりと言われ、カチンときながらも、反論の余地なしのそのごもっともなご意見に、「ま、参りました~!!」とただただひれ伏すしかありませんでした。(うちのママ様は怖いんです~)

久々のお小言に閉口しつつも、つくづく私は、本当に生まれた時から、正しいものを食べさせてもらっていたんだなあと、(心の中で)改めて母に感謝した次第。
たとえ相手が赤ちゃんだろうと、いや、何もわからない赤ちゃんだからこそ、きちんとしたものを食べさせることは、本当に大切なことですね。
ちょっとばかり反省した私でございました。
いつかジョンくんがガールフレンドを連れて来たら、その彼女に、私も「ぴしゃり」と言ってあげよう。(笑)


f0107364_1446301.gif

ってことで、こちらは私の今日のランチ。
お粥のお米を30分浸している間に、冷蔵庫にあったパンツェッタとトレビスでちゃちゃっと作りました。
パンツェッタの旨味が効いているので、あとは塩、こしょう、たかのつめ、そしてにんにくとオリーブオイルです。
シンプル(質素ともいう)な味わいですが、トレビスの苦味と食感が良かった。
トレビスは、火を通すとちょっと色が落ちますが、生で食べるのとまた違った魅力が味わえるので、私は好きです。
by mt_sophia | 2009-02-04 14:26 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(8)