<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


9月のレッスン

f0107364_1033315.jpg

<今月のメニュー>
 ・マッシュルームといちじくのサラダ
 ・ヴィシソワーズ
 ・帆立のポワレ ラタトゥユ添え
 ・ワイン2種(白・赤)
 ・チーズ(アペリフレ)

私事でしばしお休みしておりましたお料理のクラスですが、先月のエスニッククラスに続き、今月からレギュラーのクラスも無事再開の運びとなりました。
初めての出産、しかも(超)高齢ということで、お休みに入る前は、本当に再開できる日が来るのかしらと、一応これでも少なからず不安に思ってみたりもしたのですが、意外にも、いや案の定(?笑)、あっさりとその時はやってきて、強靭な肉体を授けてくれた私の両親、わがままなスケジュールにもフレキシブルに対応してくれるジョン君のベビーシッターのマピズ、そして何よりも、お教室の再開を楽しみにして下さっていた皆々様には、改めて心から感謝申し上げます。
(あ、時折気まぐれで差し入れなどしてくれる夫にも一応)

さて、毎年9月という月は、暑さも涼しさも中途半端で、メニューを決めるのにいつも悩むのですが、今年は、4月から7月がお休みだったので、その分の埋め合わせということで、やや夏テイスト寄りのメニューにいたしました。

まず、前菜は、先日ご紹介したマッシュルームと、今が旬のいちじくを使ったサラダ。
ルッコラ、ベビーリーフ、クレソンなど、苦味のある葉野菜と共に、ジンジャーバルサミコのドレッシングを合わせました。
いちじくの甘味、マッシュルームの芳しい香り、葉野菜の苦味、ジンジャーの辛味などなど、一皿に色々な味覚がてんこ盛りの賑やかなサラダです。

続いては、ヴィシソワーズ。
おなじみ、じゃがいもを使った冷たいスープです。
ヴィシソワーズといえば、夏のフレンチの定番ですが、実はこのスープ、アメリカ生まれだということをご存知の方は、意外と少ないのでは?
今回は、伝統的なレシピにのっとり、ポロねぎを使って仕上げました。
(そしてこっそり、じゃがいもをホクホクに仕上げるコツも…)

メインは、帆立のポワレを、夏野菜のラタトゥユと共に盛り付けた見た目も楽しい一皿。
ぷくぷくに太ったお刺身用の生帆立をミディアムレアに焼き上げて、バジルのおソースを添えました。
ラタトゥユとおソースは前もって作っておけるし、帆立は焼くだけですから、お客様をお迎えした時にも、重宝なメニューではないかと思います。


f0107364_119444.jpg

そして今月から新たにスタートした「ママ&キッズ」クラス。
基本的に、レギュラーのクラスにお子さんをお連れいただくのはご遠慮いただいているのですが、以前から通っていただいている方の中に、ご出産された方が増え始めたこともあり、お子さん連れでも気兼ねなくご参加いただけるように、全員がお子さん同伴のクラスを、今月より1クラス開設しました。
今回ご参加いただいたのは、4組の親子の方々でしたが、キッズはいずれも1歳前後、しかも全員が男の子ということで、共通の話題も多く、賑やかなレッスンのひと時となりました。


f0107364_142053.jpg

そんなこんなで、おかげさまで無事、全日程終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
今後も、このまま平和にレッスンが続けて行けるよう、皆様も祈っていて下さい。(笑)

by mt_sophia | 2008-09-30 21:32 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(6)

ラムのロースト

f0107364_0454342.jpg

今週末は、土曜日のお昼にお料理のレッスンがあったので、それが終わってから、山の家にやって来ました。
日が沈む頃こちらに着いたのですが、外の気温はなんと9.5度。
土曜日の東京は良いお天気で、夏の余韻さえ感じるほどの暑さだったのに、こちらは初秋どころか、もうすでに冬の気配すら感じます。
樹々の葉も落ち始め、夏には緑にさえぎられてほとんど見えない近隣の山荘が、ちらほらと姿を現し始めました。


f0107364_0501657.jpg

さて、今回は、金曜日にナショナル麻布に行ったところ、お手頃サイズのラムのブロックを発見したので、BBQグリルでローストにしようと思い、買って持ってきました。
あれほどラムは苦手だったのに、今年の夏だけで、一体何本のラムチョップを食べたことでしょうというくらい、すっかりラム好きの私。
いいかげん骨付きラムは飽きてきたので、今日は肩ロースのブロックにしました。
(ま、同じラムですから、お味にはそれほど違いはないでしょうけれど)


f0107364_0572911.jpg

ラムは、塩、こしょうをまぶしてから、ローズマリーとにんにく、そしてオリーブオイルでマリネしました。
BBQコンロでラムのブロック肉を焼くのは初めてですが、今年は夏にさんざん焼き豚を作ったので、それと同じ要領でやれば楽勝。


f0107364_1111523.jpg

で、焼き上がったのがこちら。
最初に表面に焼き色をつけてから、ホイルに包んでコンロのふたをし、約30分で焼き上がり。
そこから更に10分ほど置いて、お肉が落ち着いてから切り分けます。
炭火の効果か、ホイルの効果か、よくわかりませんが、とにかくお肉がふんわりジューシーに焼き上がって、大変に美味しい~。


f0107364_9175435.jpg

付け合せは、たくさんのモロッコいんげんとカリフラワー。
ラムには、たっぷりのフレンチマスタードでいただきました。
夫はずいぶんとお気に入りのようで、ラムチョップよりこっちの方が美味しい!と喜んでおりました。
最初は、外のあまりの寒さに、「オーヴンで焼く~?」なんて弱気な発言をしていた私達でしたが、やっぱりBBQコンロで焼いて良かった!


f0107364_923239.jpg

本日のワイン。
フランソワ・ラマルシュの「ブルゴーニュ」です。
フランソワ・ラマルシュといえば、あのロマネ・コンティとラ・ターシュに挟まれた小さな特級畑「ル・ドラン・リュ」を所有するドメーヌ。
(ワインクラスでも一度飲みましたね)
今日のワインは、ACブルゴーニュですが、繊細なピノ・ノワールのお味はさすがでした。
ここのところ、ワインからは少し遠ざかっておりましたけれど、今日のこのピノ・ノワールを飲んで、ふつふつとまた、ワイン欲が…。
やっぱりピノ・ノワールは美味しい~。


f0107364_940666.jpg

ここのところ毎週のようにお目見えしているきのこのホイル焼き。
定番のマッシュルームに加え、今日は舞茸、しめじなども入れて、ちょこっとバターを落とし、お醤油を垂らしてみました。


f0107364_9433610.jpg

夫は、どさくさにまぎれてこんなものも焼いていました。


f0107364_9444771.jpg

この週末から、本格的にストーブが登場です。
来月からは、ストウヴ・オン・ストーブで、お料理を楽しみたいと思います。

by mt_sophia | 2008-09-28 16:45 | 山の家だより | Trackback | Comments(4)

富士山麓は野菜天国

f0107364_15383053.jpg

お野菜豊富な富士山麓地方。
お肉とお魚は、たいてい東京から持って行くことが多いのですが、お野菜は必ず現地調達にしています。
一番よく行くのが、鳴沢にある「道の駅」。
地元の農家の方が作った採れたて新鮮なお野菜が、豊富に、しかも格安で売られています。


f0107364_1615485.jpgf0107364_1621382.jpg


「道の駅」に並ぶお野菜は、どれも生産者の名前入りです。
ルッコラ、きゅうり、空芯菜、ピーマン、なす、つるむらさき、にんじん、たまねぎなどなど、たいていが1パック100円、高くても200円。
東京のスーパーでこの価格はまずあり得ないので、山の家で食べる分はもちろん、いつも1週間分のお野菜をまとめて購入し、持ち帰っています。
新鮮、安心、格安、しかも美味しいとくれば、これ以上幸せなことはありません。。


f0107364_1651763.jpg

同じ「なんばん」でも、生産者によって辛さが違うので、要注意です。
しかもこの地域には、「渡辺さん」が多いようで、フルネームを確認しないといけません。
ちなみに我が家は、「渡辺利子さん」作のなんばんのファン。
が、この前は、間違えて別の渡辺さんのものを買ってしまい、それが大辛で大変なことになりました。


f0107364_16114291.jpg

f0107364_20135343.jpg

こちらは、「道の駅」近くにある農家直売のお野菜のお店「たまな」。
お野菜が採れる4月から11月くらいまで、期間限定で出店しています。
何となくいつも通り過ぎてしまっていたのですが、この前初めて寄ってみました。
某別荘地内にある完全予約制の隠れ家イタリアンレストランも、ここのお野菜を使っています。


f0107364_1623212.jpg

この前のとうもろこし
生のまま試食させてもらえるのですが、これが甘いのなんのって!
この日のとうもろこしは、糖度17度でしたが、日によっては、20度以上のものもあるそうです。
糖度20度って言ったら、「これ甘~い」っていう桃やメロンよりも甘いくらいです。
ちなみに、収穫後のとうもろこしは、立てて保存するのが良いそうです。
(横にしておくと、縦になろうと無駄なエネルギーを消耗してしまうらしい)


f0107364_16264216.jpgf0107364_16265537.jpg


置いてあるお野菜のほとんどが、減農薬または無農薬。
私は別に、「有機野菜至上主義」でも何でもないので、普段から特に意識して買っているわけではないのですが、いざ使ってみると、やっぱり心のどこかでホッとしているような気がします。
「道の駅」のお野菜もそうですが、実際に農薬が人間にもたらす物理的なダメージうんぬんというより、生産者の顔が見えるということが、何よりもの安心感なのかも知れません。

夏も終わり、今年の山の家も、あと2ヶ月でクローズ。
それまでたくさん、地元の新鮮お野菜を食べ溜めておこうと思います。


f0107364_16454351.jpg


by mt_sophia | 2008-09-24 15:37 | 山の家だより | Trackback | Comments(2)

秋雨の週末

f0107364_19392777.jpg

今週末も雨模様の富士山麓地方。
今日も朝からしとしとと雨が降り続いています。
外の景色を眺めていると、先週末より今週末、昨日より今日と、一雨ごとに秋が深まりゆく様が手に取るようにわかります。
今週は、訪問者もなく、夫とジョン君と3人で静かな週末です。


f0107364_19411243.jpgf0107364_19415782.jpg


さて今週も、お野菜三昧です。
地元で採れたブロッコリー、モロッコいんげん、カリフラワーは、道の駅にて購入。
一度軽く湯がいてから、炭火で焼きました。
いずれも塩、こしょう、オリーブオイルでいただきます。

右は、夫作のカプレーゼ。
トマトがみずみずしくて美味しかったです。


f0107364_19423387.jpgf0107364_19431379.jpg


左の薄茶色の物体は、なすの炭火焼。
実はこのなす、もともとは真っ白だったのですが、焼いたらこんな色になってしまいました。
右は、ズッキーニ、モロッコいんげん、なす(普通の)、なんばんの炭火焼。
毎週のように同じものを食べていますが、美味しいお野菜は、いくら食べても飽きません。


f0107364_19443672.jpgf0107364_19435852.jpg


鳴沢の「たまな」という有機野菜のお店が作っているとうもろこし。
無農薬、無化学肥料の優等生で、なんと1本350円です。
ここら辺では、10本で1,000円が相場なので、これは破格のお値段。
しかし!糖度17度とめちゃくちゃ甘く、みずみずしてくてとても美味しいのです。
生でも食べられるのですが、私たちは今日は軽く焼いてそのままいただきました。

右は、東京から持ってきたマッシュルーム。
定番のガーリックオイル焼きです。


f0107364_209980.jpgf0107364_2094221.jpg


山の家恒例の夫パスタも、今週はお野菜パスタ。
左は、ガーリックオイルベースのズッキーニのパスタです。
右は、トマトソースとモッツァレラのパスタ。
トマトソースは、なにやら前夜からひとりでもくもくと仕込んでいました。
丁寧に作っただけあって、トマトの甘味が引き立ち、とても美味しかったです。


f0107364_2011718.jpg



とかいいながら、ちゃっかりこんなものも食べています。
私の大好きな棒つきフランク!
このチープな味わいがたまらない~。


f0107364_20114132.jpg



〆は、焼きおにぎりでした。
おしょうゆをつけて炭火で焼いただけですが、おしょうゆの香りが香ばしく、美味しかったです。

by mt_sophia | 2008-09-21 19:34 | 山の家だより | Trackback | Comments(4)

新米の季節

f0107364_1629531.jpg

毎年新米を送って下さる方から、今年も20キロ分がどどーんと届きました。
えぇ~もうそんな季節~!?
いつまでも夏気分の抜けない我が家でございましたが、カレンダーを見れば、あと10日あまりで10月ですものね。
今年もあと3ヶ月、本当にあっという間です。


f0107364_164651100.jpg

このお米、房総半島の自家水田で、自家消費用に作っている無農薬米。
ところどころ欠けていたり、大きさが不ぞろいだったり、ブランド米のように容姿端麗というわけではないのですが、炊き上がると艶やかで甘味もあり、とっても美味。
「事故米」問題で騒動になっているこのご時勢に、安心して食べられるお米を送っていただけるなんて、幸せなことです。

週末は、山の家の七輪で秋刀魚でも焼き、このお米とともにいただこうかな。
そろそろきのこも出始めて来たし、炊き込みご飯も良いかも。

by mt_sophia | 2008-09-18 16:29 | 食材・ツール | Trackback | Comments(2)

マッシュルーム

f0107364_16515331.jpg

先日、とある方からおすそ分けいただいたマッシュルーム。
山の家でシンプルにホイル焼きにしたところ、大変美味しく、夫にもゲストにも大好評だったので、販売元を教えてもらい、自分でもお取り寄せしてみました。
マッシュルームは大好きなので、色々なスーパーに行くたびに注意して見ているのですが、なーんか小さかったり、実(み)にしまりがなかったり、ここまで立派なマッシュルームにはなかなかお目にかかれません。
第1便が届いて以来、毎日ホクホク顔で、オムレツやホイル焼き、パスタなどに使っています。


f0107364_1762843.jpg

ホワイトとブラウン、どちらもむっちりと肉厚で、香り豊かな素晴らしいマッシュルーム。
せっかくなので、ぜひお教室でも使いたいなと思い、今月はこのマッシュルームを使ったサラダを一品、メニューに入れました。
サラダなので、ホワイトマッシュルームを、生のまま使っています。
繊細な香りと生のしゃきしゃき感を、皆様にもぜひお楽しみいただきたいと思います。

私は決して回し者ではありませんが、ご参考までに。
(有)ワキュウトレーディング
Tel :042-720-4187

マッシュルーム専門業者さんですが、私のような個人客にも丁寧に対応して下さいます。
マッシュルーム好きの方は、ぜひ一度お取り寄せされてみてはいかがでしょうか。


f0107364_17592597.jpg

今週の夫パスタはカルボナーラ。
これにも、マッシュルームを入れました。
火を通しても、身が縮まらず、歯ごたえがあってとても美味しかったです。

by mt_sophia | 2008-09-15 16:51 | 食材・ツール | Trackback | Comments(6)

カルツォーネ

f0107364_14301120.jpg

冷凍庫の奥に、ずっと前にNisshinで買ったピザ生地を発見。
ちょうどモッツァレラチーズも残っていたので、カルツォーネにしました。
カルツォーネとは、包み焼きのピザのことです。


f0107364_14332744.jpg

が、すでにお気づきかと思いますが、このカルツォーネ、かなり不恰好です。
本来なら、半月型になるはずなのに、まるで草履のよう。
しかも穴まで開いていて、全然包み焼きじゃないし…。


f0107364_1436552.jpgf0107364_14362038.jpg


こちらは、伸ばす前のピザ生地。
冷凍された状態で売っています。
Nisshinから、一時期姿を消していたのですが、ちょっと前からまた見かけるようになりました。
私は、パンやケーキなど、粉物は自分では焼かないので、こういうのがあるととても重宝。


f0107364_14475572.jpg

適当な柔らかさになったら、麺棒で伸ばして、具を乗せます。
今日は、揚げなす、トマト、モッツァレラ、アーティチョーク、それとパンツェッタ。
その上には、ドライハーブと黒こしょうを散らしています。

で!
本来なら、この生地を半分に折りたたんで、最後にオリーブオイルを回しかけて、オーブンに入れて、あとは焼くだけ♪のはずだったのですが、ここで1本の電話が…。
着信番号から、すぐに済むだろうと思って出たのですが、意外と長引いてしまって、終わってキッチンに戻ると、時すでに遅し。
ピザ生地は無残にも、だらーんと伸び切っておりました。(涙)
具を乗せる前ならともかく、乗せてしまっては、もうどうにもなりません。(涙涙)

で、それを無理矢理折りたたんでみたのがこちら。


f0107364_15115676.jpg

かなりゆがんでいます。
(そのまんま焼き上がったのがよくわかりますね)


f0107364_15135783.jpg

でも、味には変わりありませんしね。
美味しかったから良しとしましょう。

by mt_sophia | 2008-09-11 14:29 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

トーナメント観戦

f0107364_22444259.jpg

今週は、この山の家の近くにあるゴルフコースで、男子プロのトーナメントが行われているので、ピクニックがてら観戦に行ってきました。
この私儀、一時期は年間5、60ラウンドは余裕でこなす熱血(?)主婦ゴルファーでございましたが、いつの間にやら熱も冷め、最近ではもっぱら年に数回トーナメントを観に行く程度。
ゴルフコースに足を運ぶのも、お正月のハワイ以来です。


f0107364_22494674.jpg

せっかくなのでお弁当を作ろうと思い立ったのですが、前日にお買い物に行かなかったので、冷蔵庫の中はほぼ空っぽ。
お弁当になりそうなものは、お米と鶏肉といんげんしかなかったので、そのお米と鶏肉といんげんを使って、おにぎりとから揚げとごま和えのみの簡素なお弁当となりました。
(しかもおにぎり用の海苔もなかったので、刻み海苔を貼り付けて代用)
でもまあ、こういうところで買う高くて美味しくないお弁当よりはずっと良いかなと…。


f0107364_2322558.jpg

試合中のカメラでの撮影は禁止されているので、トーナメントが終了してから1枚。
今年は、大混戦の末、若いプロ2名によるプレーオフとなり、なかなか盛り上がりました。
良いお天気の中、芝生の上でお弁当食べながらのんびり観戦するのは、本当に気持ち良いもんです。

実は、MrsCさんとも木曜日に来ているので、このトーナメントを観るのは今日で2回目。
木曜日の方がギャラリーも少なく、石川遼くんを間近で見られて、すっかり興奮気味のミーハーなおばさんと化していたのですが、今日はさすがにそうも行かず、遼くんは遠くから眺めただけでした。(でも可愛い♡)


f0107364_23245657.jpg

優勝した藤島プロ。
このプロのことは全く知らなかったので、実は「ふーん」って感じだったのですが、試合後の涙の優勝インタビューがとても感動的で、夫共々、感心してしまいました。
今後、応援したいと思っております。


f0107364_23494672.jpg

最近定番化している山の家の夫パスタ。
今日は、いんげん、ルッコラ、パンツェッタが入っていました。
唐辛子がきいていて、美味しかったです。

by mt_sophia | 2008-09-07 22:43 | 山の家だより | Trackback | Comments(2)

ワインテイスティング

f0107364_252739.jpg

風に揺れるススキの姿が目立ち始め、すっかり初秋の装いの富士山麓地方。
タイビールの空き瓶に埋もれた8月も無事終了したので、今週は久しぶりに、勝沼までワインテイスティングに出かけました。
国産ワインの産地である勝沼までは、山の家から車で4、50分ほどです。
「日本のナパバレー」と呼ぶには若干(いえ、かなり)無理がありますが、いくつものワイナリーが点在していて、それなりの雰囲気は楽しめます。


f0107364_1271889.jpgf0107364_1274949.jpg


まずは、最近甲州種を使った白ワインが人気の「勝沼醸造」。
数年前に来た時は、こんなおしゃれなテイスティングルームはなかったので、ちょっとびっくりしました。
ワイナリー見学や、昼食付きのコースもあるそうですが、この日は予約でいっぱいとのことなので、私たちはテイスティングのみ。
テイスティングは、1人500円で、12種類をセルフサービスです。
人気のアルガブランカ(甲州種)もあり、かなり良心的なお値段設定。
(トップの画像は、何杯目かのワインを注ぐMrsCさんです)


f0107364_1214416.jpgf0107364_12141751.jpg


テイスティングルームの横には、小さなワイン蔵もあります。
外には、テーブルもあるので、ぶどう畑を眺めながら、ゆっくりテイスティングも楽しめます。
気分は、プチナパ!?


f0107364_12203091.jpg

続いてこちらはメルシャンの勝沼ワイナリー。
勝沼に来ると、必ず立ち寄るワイナリーです。
無料の試飲コーナーがある観光客向けのショップの他、有料のテイスティングルームがあって、メルシャンが作る自社ワインを、グラスで飲むことが出来ます。


f0107364_12261695.jpgf0107364_12263112.jpg


来るたびに、微妙にテイスティングのメニューも変わっています。
今日は、メルシャンが誇る「桔梗ヶ原メルロー」を3種類テイスティングできるコース(3種類で3千円)がありました。
それぞれだと1杯1,500円なので、これはなかなかお得です。

メルシャンの人気銘柄「北信シャルドネ」は、グラス付き(お土産にもらえる)で700円。


f0107364_12455855.jpg

フランスやカリフォルニアなどのワインと比べては、お味もお値段も分がないのは当然なので、ここでテイスティングしたワインそのものの感想を述べることはいたしませんけど、イベントとしてのワイナリー巡りは、各ワイナリーそれぞれ個性があって、充分に楽しめるものだと思います。
これからのシーズン、ぶどう畑はきれいですから、ぜひ皆様も、機会があれば、勝沼でワインテイスティング、いかがでしょうか。

by mt_sophia | 2008-09-05 19:04 | 山の家だより | Trackback | Comments(6)

エスニック特別クラス

f0107364_9193811.jpg

<エスニック特別クラスメニュー>
 ・トートマンプラー(タイ風さつまあげ)
 ・トムヤムクン
 ・ガイ・パッ・バイカパオ(鶏肉とバジルの炒めもの)
 ・タピオカココナッツミルク
 ・タイビール2種

再開第一弾のエスニック特別クラスが、全日程無事終了いたしました。
今回は、私が愛するタイの味を3品ご紹介させていただきましたが、皆様いかがでしたでしょうか。
「タイ料理は外で食べるもの」というイメージを持たれていた方にも、実は意外と簡単に自分で作れちゃうもんだということがおわかりいただけたのではないではないかと思います。
一昔前は手に入りにくかったタイ食材も、今では普通のスーパーで簡単に調達できますので、ぜひ今後は、おうちでもタイ料理をお楽しみ下さい。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
無事この場に帰って来られて、私自身、とても嬉しく思いました。
9月からは、いよいよ通常のお料理クラスを本格的に再開いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

by mt_sophia | 2008-09-03 20:20 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)
line

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30