f0107364_18471711.jpg

この前購入したアスパラガス・ソバージュ、ほとんどは茹でてサラダとして食したのですが、あと少し残っていたので、今日はパスタに使ってみました。
スリムでしなやかなアスパラガス・ソバージュは、それ自体がまるで何かの麺のようなので、今日はパスタと一緒に茹でて、パスタと一緒にフォークでくるくるくるっと。

アスパラガス・ソバージュの他には、にんにくとパンツェッタをじっくり炒めて、白ワインを少々。
それと、ちょっとだけたかのつめも加えました。
シンプルにオイルベースにしたので、パンツェッタの旨味、たかのつめの辛味、そしてアスパラガス・ソバージュのほろ苦さが、よく引き立ちました。
Nisshinのパンツェッタは、お値段お手頃なのに、お味が良く、重宝しております。


f0107364_21254986.jpg

こちらはおまけ。
夫が作ってくれたジェノヴェーゼ。
ちょっと火を通しすぎたのか、色が悪くなってしまったのが残念でしたが、バジルの香りが豊かで、なかなか美味しかったです。
by mt_sophia | 2008-05-31 18:44 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

f0107364_1038328.jpg

ランチに作ったサンドウィッチ。
カイザーで買ったクロワッサンに、アヴォカドとえびを挟みました。
アヴォカドは、夫の大好物なので、我が家には必ずといって良いほど、このアヴォカドが家のどこかにいつも転がっています。

今日のアヴォカドは、スプーンでくり抜いてから潰し、エシャロットのみじん切り、レモン汁、塩、こしょう、チリペーストを合わせたもの。
夫が前の日、ナチョス用のディップに作りました。
レモン汁をたっぷり入れておくと、ひと晩くらいは何とか色がもちます。
(って、画像にはあんまり映っていませんが)


f0107364_14564414.jpg

こちらは、ターキーのハムとグリュイエールチーズ。
アヴォカドの方もそうですが、下に敷いてある葉野菜は、セルバチコ(ルッコラの一種)です。
これはこれで美味しかったですが、セルバチコは苦味が強いので、もっと塩気の強い生ハムとの方が相性が良かったかも?


f0107364_18303857.jpg

一緒に食べたサラダ。
アスパラガス・ソバージュ、いんげん、そしてこちらにもセルバチコ。
さっぱりと、レモン汁、オリーブオイル、塩、こしょうでいただきました。
最近、以前にも増して、お野菜をモリモリ食べております。
by mt_sophia | 2008-05-27 13:37 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

豚しゃぶと炊き込みご飯

f0107364_1312845.jpg

友人数名と、我が家にて豚しゃぶディナー。
豚バラ肉とたっぷりのお野菜、そしてスパイスを効かせたスープは、季節問わず美味しくいただける我が家の定番メニューです。

今日のお野菜は、長ねぎから時計周りに、にんじん、えのき、キャベツ、空芯菜の新芽、にら、そして真ん中のかいわれみたいなのはおくらの新芽です。
もちもちのバラ肉には、しゃきしゃきしたお野菜が良く合います。


f0107364_13585846.jpg

お肉は、人形町今半の東京エックス。
もちもち柔らかく、脂身が上品でとっても美味しい豚肉です。
私達が子供の頃は、しゃぶしゃぶといえば牛肉でしたが、最近は豚肉も、しゃぶしゃぶのお肉として立派に市民権を得て…というか、私はむしろ、豚しゃぶの方が好き。
おうちで豚しゃぶとなったら、何が何でもこの今半の東京エックス(のバラ肉)と決めています。


f0107364_16324316.jpg

あともう一品何か…と思いながら、スーパーをうろうろしていたら、青森産の生だこを見つけたので、あさりと共に炊き込みご飯にしました。
あさりで取ったお出汁に、少しかつお出汁を足し、薄口醤油で風味づけしています。
炊き込みご飯って、季節の食材で色々なバリエーションが楽しめますね~。


f0107364_1425297.jpg

この時は、あさりを甘辛く煮てから炊き込みましたが、今日は、殻から外しただけで、そのまま炊飯器に。
たこにも、特にお味はつけてませんので、今日はあっさりと初夏らしい味わいに炊き上がりました。
炊きたても美味しいですが、冷めても美味しいのが、炊き込みご飯の良いところ。
ちょっと残った分は、おにぎりにして、翌日いただきました。


f0107364_1624888.jpg

本来なら作るべきところですが、本日は失礼して市販のたれにて。
今半の極上ポン酢とごまだれです。
ゲストのお一人から、「ごまだれに、にんにくのすりおろしを加えると美味しいよ」と教えていただいたので、早速その場でやってみたところ、グッとごまのお味が引き立ち、にらや長ねぎなど、香りの強いお野菜とも良く合って、大変美味しくいただきました。
皆様も、ごまだれを召し上がる際、ぜひ一度お試しあれ!
by mt_sophia | 2008-05-24 12:57 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(0)

今日見かけた初夏の味

f0107364_14262663.jpg

今日行ったスーパーで見かけた初夏の味その1。
私の大好きなアスパラガス・ソバージュです。
毎年、GWが明けたあたりから、梅雨に入る頃までしかお目にかかれない貴重な初夏の食材です。
昨年は、5月12日に登場しています。


f0107364_17335677.jpg

見た目は細くて華奢ですが、食べてみるとねっとりとコクがあり、緑の濃いお味。
ただ塩茹でするだけで、充分に美味しいです。
5年くらい前は、かなり高価でしたけれど、最近は少し買いやすくなったかな?
(ちなみにナショナル麻布で1パック780円)


f0107364_17341854.jpg

初夏の味その2。
こちらも私の大好きなダーク・チェリー。
いわゆる「アメリカン・チェリー」と言われるものの中で、「ビング」と呼ばれる品種です。
肉厚で、甘味が強く、食べごたえがあります。
日本のさくらんぼも繊細で美味しいですが、実は私、さくらんぼは、国産のものより、こちらの方が好きだったりします。
(一番好きなのは、「レーニア」という種類のものなのですが、こちらはあんまり見かけないんですよね~)


f0107364_17343370.jpg

そして初夏の味その3。
サーティーワンの「ダイキリ」ですわよ!MrsCさん!!
Webサイトの「今月のフレーバー」には載っていないのですが、なぜか広尾のサーティーワンにはありました。
このアイスブルーが、何ともいえず涼感を誘います。
これ食べたの、何年ぶりかしら…。
(ちなみに、確か表記は「ダイキュリー」だったような?)


f0107364_1905122.jpg

今日の東京地方は、からりと晴れた良いお天気。
これから梅雨入りまでが、1年で一番良い季節ですね。
皆様も、初夏の食材で、日々の食卓を楽しんで下さいませ。
by mt_sophia | 2008-05-21 22:26 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(6)

赤がれいの煮付け

f0107364_14515082.jpg

スーパーをうろうろしていたら、肉厚の美味しそうな赤がれいを発見。
早速買って帰り、かれいの定番、煮付けにしました。
時折、この甘辛いお醤油味が、無性に食べたくなることがあります。

「かれい」というお魚は、まがれい、まこがれい、いしがれい、くろがれい、からすがれいなどなど、日本近海だけでも40種類近くが生息するのだそう。
それぞれ種類によって旬も違うので、これだけの種類が存在すれば、1年中何かしらのかれいが美味しく食べられるわけですが、今日のこの「赤がれい」は、今がまさに旬。
毎年この時期に産卵を迎えるので、卵をたっぷり持っています。
ふんわりとした淡白な白身、プチプチの卵、そして甘辛い煮汁は黄金の組み合わせ。
ご飯がすすみます~。


f0107364_14552681.jpg

「かれい」といえば、想い出すのが新婚時代。
当時住んでいた東北の街には、中心部に川が流れていて、よくその河口でかれい釣りをしました。
釣れるかれいの型は小さかったですが、煮付け、塩焼き、唐揚げと、結構楽しめたので、午後になると、釣竿を担いで、本気でお夕飯のおかずを狙いに、その河口まで自転車を走らせたものです。
餌にはゴカイ(みみずのようなにょろにょろ系)を使うので、釣れたかれいを食べる時はちょっと複雑でしたけれど、今振り返れば、なかなか楽しい生活だったなあと、ちょっとだけあの頃に戻りたいような気分になったりもします。
by mt_sophia | 2008-05-20 10:51 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

f0107364_1513211.jpg

GW前半(山の家滞在中)、無性にグラタンが食べたくなって、夫とふたりで麓にあるそれっぽい洋食レストランに行きました。
楽しみに待った後、出てきた「えびグラタン」は、えびの上にベシャメル(ホワイト)ソースとチーズがかかっているものをオーブンで焼いてあるだけのもの。
マカロニは1本も入っていません。
「これってマカロニの入れ忘れじゃ…」と思わずお店の方に言いかけて気がついたのですが、「グラタン」とは、簡単にいうとオーブン料理の総称のことですから、必ずしもマカロニが入っているとは限らないのです。
つまり、私が(いえ、たぶん大多数の日本人の皆さんが)普段、「グラタン」と思って食べているものは、「マカロニグラタン」が正式名称。
メニューに「えびマカロニグラタン」と書いていない限り、マカロニは入っていなくても間違いじゃないのです。

かなり腑に落ちないながらも、こりゃ1本取られたと、その時は頭をかきながら、おとなしく「えびのベシャメルソース焼き(メニューでは「えびグラタン」)」を食べて帰ってきたのですが、でもやっぱり、「えびグラタン」と言ったら「マカロニ」は入っていてほしい、入っていて当然、入ってないわけない!
これ、日本人なら皆さん同じですよね?
私の落胆ぶり、わかってくれますよね?ね?

ってことで、今日は友人数名が遊びに来てくれたので、その時の無念を晴らすべく、マカロニをたっぷり入れて、グラタンを作りました。
大きめのグラタン皿を使うと、4、5人で取り分けて食べられるくらいの量になるので、気の置けない友人との気軽なお食事には、なかなか重宝なメニューです。

今日のグラタン、画像ではほとんど判別不能ですが、マカロニの他には、チキンとえび、そしてアスパラガス、ブロッコリー、ズッキーニと、夏野菜をたっぷり入れています。
チキンとえびは軽く炒めてから、お野菜類は一度下茹でしてから、同じく軽く炒めて、マカロニの上にトッピングしました。
ベシャメルソースは、もちろん私の手作り。
お口の中に広がるミルキーな香りは、どこかホッとする味わいです。

しかしながら、今日は作ってからオーブンに入れるまで、少し時間が経ってしまったので、マカロニがソースを吸ってしまい、かための仕上がりになりました。
個人的には、もう少しゆるめの汁っぽいグラタンが好きなのですが…。
ま、マカロニたっぷり食べられたので、少し気が治まりましたけどね。
次回から、外でグラタンを食べる時は、「マカロニグラタン」かどうか、要確認です。
by mt_sophia | 2008-05-16 22:32 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

f0107364_1962625.jpg

今度こそ、次の更新は一体いつになることやらと思いきや、そういえば、家に戻れば、もう誰も私のご飯を作ってくれるわけではないことに気がつきました。
そうです、今日からご飯は自分で作らねば!

幸い、私は、心身ともに特にダメージもなく、至って元気なので、帰宅後早速近くのスーパーへ買い出しに行き、目に付いた食材を思いつくまま適当に購入してきました。
これでしばらくは食べることには事欠かないでしょう。
結局、私は何があっても、お料理することが一番好きなんだなと、改めて実感している次第です。

ってことで、今日のランチは、私の大好きな中華風焼きそば。
たっぷりのもやしと、にら2種類(緑と黄色)を炒めて、片栗粉でとろみをつけて、あんかけにしました。
カリカリに焼いた麺に、あんがしみてちょっとふやけたところをいただくのが、たまりません~。
これみたいに、具沢山でももちろん美味しいですが、今日は何となく、こういうシンプルなものが食べたい気分でした。


f0107364_1842651.jpg

黄にらは、昨年あたりまでまだ中国からの輸入物が多かったですが、さすがに今年に入って、国産品が出回るようになりましたね。
ちょっとお高かったですが、緑のにらより香りが優しく、上品な味わいで私は好きです。
by mt_sophia | 2008-05-13 17:25 | 美味しいテーブル(Asian) | Trackback | Comments(8)

f0107364_1032652.jpg

次の更新は一体いつになることやらと思いきや、意外と入院中は暇であることに気がつきました。
ということで、話はGWに戻ります。

この界隈で一番大きなショッピングセンターが、昨冬大幅にリニューアルし、カルディ風の輸入食料品店がテナントに入りました。
洋からエスニックまで、品揃えも悪くなく、これまでこの地でこの手の食材を調達するのはほぼ不可能だったので、これはかなり革命的な進歩です。
おまけに、今ではなかなかお目にかかれないサーティワンアイスクリームも登場!
懐かしさのあまり、チョコミントだのストロベリーチーズケーキだのロッキーロードだの、セーラー服の頃に死ぬほど食べたあの味を求めて、結局毎日通ってしまいました。
ここには、大きな100円ショップも入っているし、普段、郊外型ショッピングセンターと無縁の生活を送っている私には、かなり刺激的な場所となりそうです。
山の家でのお料理も、今年は少し幅が広がるのではないかと、今からとても楽しみです。


f0107364_10334298.jpg

で、こちらはその輸入食材店で購入したチョリソと、お野菜のトマトソースのパスタ。
いつかのお昼に、夫が作ってくれました。
アスパラガス、いんげん、ブロッコリー、しめじと、お野菜たっぷりで、パスタの茹で加減も良く、ピリ辛のチョリソがきいていて、なかなか美味しかったです。


f0107364_1035610.jpg

これ、何という名前の樹なのでしょう。
よくわからないのですが、1週間のうちに、これだけのつぼみをつけました。
緑も日ごと濃くなっていくし、季節の移り変わり、自然の偉大さをつくづく実感します。
次に行けるのは、少し先になることと思いますが、きっと家の周りは、すっかり緑に覆われていることでしょう。
楽しみです。
by mt_sophia | 2008-05-10 22:38 | 山の家だより | Trackback | Comments(6)

ご報告

f0107364_6422158.jpg

いつもこのブログをご覧いただいている皆様へ、ちょこっとご報告。
このたび我が家に、新しい家族が誕生いたしました。
3千グラムの元気な男の子です。
(ご覧の通り)妊娠中も普段と全く変わらぬペースで生活しておりましたし、このブログでこの件について触れたことは特にありませんでしたので、ご存知なかった方はさぞや驚かれていらっしゃることと思いますが、正真正銘、私が産みました。(笑)

そんなわけで、このブログもしばらくは更新も滞りがちかと思いますが、今後は私の子育て奮闘記を中心に…なわけなく、引き続き、日々の「美味しい」をテーマに、食べること、飲むこと、作ることの楽しさを、細々ながら、皆様にお届けできたらと思っております。
今後ともよろしくお付き合い下さいませ。

2008年5月8日
mt_sophia
by mt_sophia | 2008-05-08 11:33 | ごあいさつ

わらびの煮物

f0107364_22331390.jpg

春といえば山菜。
ここら辺でも豊富に採れるようで、秋のきのこシーズン同様、道端に車を止めて山の中に入る山菜ハンターを多く見かけます。
私も山菜は大好きなので、山菜狩りにも一度はトライしてみたいと思いながら、万が一間違ったものを採ってしまったら…と思うと、きのこと同じで、なかなか怖くて手が出ません。
(先日もどこかのお店で山菜中毒の事件がありましたよね)


f0107364_2235171.jpg

そんな軟弱山菜ファンの方々に、おすすめなのが道の駅
今の時期、ここには、たらの芽、こごみ、わらび、ぜんまい、ふきのとうなど、色々な種類の採りたて山菜が売られています。
山菜といえば、本当は天ぷらにでもしたいところですが、諸々を考えるとやや手間なので、今日はわらびを2束買い、煮物にすることにしました。
太くて長い、立派なわらびが、1束380円です。


f0107364_22352711.jpg

わらび灰汁抜き中。
適当な容器がなかったので、オーブンの天板で代用です。
山菜の灰汁抜きにも、方法は諸説あり、本来は木灰を使うのが一番良いそうですが、今日は手に入らなかったので、重曹を使いました。
わらびの上に重曹少量を振り、沸騰する一歩手前の熱湯を回しかけ、そのまま冷めるまで放置を繰り返すこと3回。(注:自己流なので、正しいかどうかはわかりません)
しんなりしてきたら、適当な大きさに切り、後はごま油で炒めてから、甘辛くお味を付けて煮ました。


f0107364_2235535.jpg

重曹を使いすぎると、必要以上に苦くなるそうですが、今日は薄っすらのわらび本来の苦味を感じる程度で、歯ごたえも残り、まあまあ上手に行きました。
お湯が熱すぎると、表皮が剥けて汚くなってしまうそうです。

ほろ苦いわらびは、まさに春の味。
大地の恵みに感謝です。
by mt_sophia | 2008-05-07 10:57 | 山の家だより | Trackback | Comments(13)