天むす弁当

f0107364_12253867.jpg

私の大好きな天むす。
実家の父も大好物で、たまに作って持っていってあげると、かなり喜ばれます。

冷めても美味しいので、お弁当むきのメニューですが、我が家にはちょうど良いサイズのお弁当箱がなく、実現に至っていなかったこの天むす。
が、先日、お教室にいらした方から、ジャストサイズの籠を頂戴し(どら焼を買ったらこの籠に入っていたそうです)、晴れて本日、天むす弁当の登場となりました。

天むすとは、見た通り、えびの天ぷらをおにぎりにしたものですが、普通のおにぎりより具が大きいのと、具の油分が多いため、結構握るのが難しい。
えびの天ぷらをご飯で包んだら、あとは一気にしっかり握らないと、ぼろぼろになってしまいます。

えびの天ぷらを揚げるのがひと手間ですが、数尾なら少量の油で済むし、「コツのいらない天ぷら粉」などを使えば、簡単に美味しい天ぷらが作れます。(ご愛用)
天ぷら単体で考えると、冷めた天ぷらほど美味しくないものはないと思うけど、天むすにすると、いつでも美味しく食べられるから不思議ですね。

今日はこの他、鶏肉のゆず味噌焼き、そら豆、にんじんとれんこんのピリ辛炒め。
ゆず味噌焼きは、普通のお味噌に、ゆず胡椒とすりおろしたゆずを混ぜ込んで作りました。
さっぱりしていて美味しいです。

夫のオフィスの近くには、桜の名所があり、今がまさに満開。
たまには桜でも眺めながらゆっくり食べてね~と渡したのですが、やはりそんな余裕はなく、デスクでのランチとなったそうです。
by mt_sophia | 2007-03-30 18:00 | 今日のお弁当 | Trackback | Comments(6)

3月のレッスン

f0107364_22562352.jpg

<今月のメニュー>
 ・春のカクテル
 ・ミモザサラダ
 ・春キャベツとボッタルガのパスタ
 ・ベッカフィーコ
 ・白ワイン2種
 ・チーズ(ゴルゴンゾーラ)

桜も咲き始め、いよいよ春本番ですね~。
今月は、メニューもテーブルセッティングも、春らしい彩りでまとめてみました。


f0107364_1434397.jpg


今月使用したこのディナーセットは、私がちょうど10年前の今頃、(一応新婚旅行ってことで)イタリアを旅した時に、現地で購入した想い出のもの。
10年前は私も初々しい新妻だったようで(笑)、ずいぶんと甘いテイストのお皿を選んだものです。
さすがに今はもう、(甘すぎて)普段の食卓に登場することはほとんどないのですが、春らしい色合いなので、毎年この季節だけレッスンに使っています。

この旅行の時は、シチリア島まで足を伸ばしたのですが、早春のシチリアには、至るところに黄色のミモザが咲き乱れ、青い空とのコントラストが、とても印象的でした。
そんな遠き良き想い出と重ね合わせながら、今月は、極めて私的な「春とシチリア」をイメージして、メニューを選んでみました。

ミモザサラダは、その名の通り、春の訪れを告げる可憐なミモザの花を模した彩り豊かなサラダです。
緑の葉野菜の他、新にんじん、新たまねぎ、アスパラなど、春のお野菜をたっぷり使いました。
春爛漫なこのサラダは、食卓を一層華やかに演出してくれます。

パスタに使ったキャベツも、今の季節が旬。
この柔らかさと甘味は、春キャベツならではの味わいです。

ベッカフィーコは、シチリア島の郷土料理、そしてボッタルガも、シチリアでよく使われる食材です。(レッスンで使用したボッタルガは、サルディーニャ島産でしたが)
青魚と魚卵、どちらも個性的な食材なので、皆様の反応がやや心配だったのですが、どうやらそれは要らぬお世話だったようで、結局苦手だったのは私だけ。(苦笑)
むしろ「青魚大好き~魚卵大好き~」という方のほうが多く、改めて自分の好き嫌いの多さを再認識し、反省した次第です。

ワインは、今月は白ワインを2種。
お料理に合わせて、シチリアのカタラット、そしてサルディーニャのヴェルメンティーノを選んでみました。
どちらも魚介に良く合う、さっぱりとした飲みやすい白ワインでした。

また、今月は、春の訪れをお祝いすべく、カクテルの「ミモザ」もご用意しました。
しぼりたてのフレッシュなオレンジは香りがとても爽やかで、淡いオレンジ色とはじける泡が、テーブルに春の彩りを添えてくれました。

やはり春は春らしく、うきうきするようなテーブルにしたいものですね。
皆様もぜひ、彩り豊かな春のメニューで、新しい季節をお迎え下さいませ。



さて、お教室リニューアルから、今月でちょうど季節が一巡りしました。
(こう見えても)色々あったこの1年でしたが、皆様のおかげで、無事乗り切れたように思います。
今後も一層充実したお教室を目指してがんばりますので、皆様、また来月からもよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2007-03-28 18:53 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(6)

ピクニック

f0107364_1474392.jpg

フランスから来日している友人達と、近くの公園にピクニックに行きました。
桜を期待していたその友人は、普段は絶対に赤ワインしか飲まないのに、「桜には白が合う」と、珍しく白ワイン2本を抱えて来日。
残念ながら桜にはまだちょっと早く、桜舞い散る中でのピクニックとはなりませんでしたけれど、今日は春らしいぽかぽか陽気で、とても気持ちの良い1日でした。


f0107364_13494029.jpg

*東京タワー近くの公園は、ようやく花が開き始めたという感じ。今週末が見頃でしょうか。

お弁当は、私が担当。
本当はもっとちゃんとしたものを作る予定が、諸事情で時間がなくなってしまい、自分としては今ひとつ不本意だったのですが…(涙)

(一応備忘のために載せておきます)

 ・パテ・ド・カンパーニュ
 ・海老のグリル
 ・菜の花のからし和え
 ・銀鱈の西京味噌漬け焼き
 ・野菜を巻いた鶏肉の照り焼き
 ・桜海老入り卵焼き
 ・竹輪
 ・トマトとラディッシュ
 ・明太子とゆかりのおにぎり
 ・チーズ
 ・バゲット

自家製パテ・ド・カンパーニュは、本場フランス人に一度食べてもらいたかったので、数日前から作っておきました。
(一応ほめていただけてホッ)
さすがグルマンのフランス人、基本的に何でも食べてくれるのですが、特にお気に入りは、銀鱈の味噌焼きと鶏の照り焼き、明太子のおにぎりだったようです。
前夜行った居酒屋では、いかのわた焼き、ほっけ、えいひれなどなどを、非常に喜んで食べていたし、私よりよっぽど日本食好きのフランス人達。
(そういえば、今日も、朝から築地でお寿司を食べまくったと言ってたし)

今日のワインは、シャンパン、白ワイン2本、赤ワイン1本。
彼がフランスから持ってきてくれたピュイィ・フュメは、ソーヴィニオン・ブランらしい爽やかな味わいで、春のピクニックに良く合いました。
飲んで、食べて、おしゃべりして、お昼寝して、とても楽しいひと時でした。

ちなみに、バゲットはカイザー。
フランス人が食べても「オイシイ」そうです。


f0107364_13471892.jpg

by mt_sophia | 2007-03-26 17:04 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

鰯のラグーのパスタ

f0107364_1655218.jpg

諸事情により、生の鰯(いわし)が4本ほど余ってしまったので、3枚におろし、ラグー(ミンチ)にして、パスタにしました。
ラグーというと、日本ではお肉を使ったいわゆる「ミートソース」のイメージがありますが、「ラグー」とはそもそもミンチ状にしたもののことを指すので、お肉類だけではなく、海老、いか、たこ、そしてこの鰯のような青魚を使った「魚介類のラグー」というのも、当然存在するわけです。

作り方は簡単で、ミンチにした鰯を、たまねぎ、にんにくと共に炒め、白ワインとトマトソースで味が馴染むまで煮込むだけ。
ハーブ類などを加えると、青魚独特の臭みが上手く消えて、とても食べやすくなります。

私は、青魚苦手なので、あまり好んでは食べませんけれど、青魚命の夫は、かなりお気に召した様子。
お肉のラグーより簡単だし、何しろヘルシーですから、このメニュー、中高年の味方です。

青魚お好きな方なら、鰯の他、鯖(さば)、鯵(あじ)、秋刀魚(さんま)などで作っても美味しいと思います。
(夫は、残ったラグーだけを、ワインのおつまみに食べてました。これだけで充分に美味しいんだそうです)
by mt_sophia | 2007-03-25 12:34 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(6)

まぐろ丼弁当

f0107364_16211257.jpg

南麻布の輝ける星スーパーなにわやで、美味しそうなまぐろの切り落としセットを発見。
早速「ヅケ(漬け)」にして、今日のお弁当は、まぐろ丼にいたしました。
もちろん、朝から持って出かけたわけではなく、こちらはお昼に作り、届けたもの。
朝作るお弁当に、生ものは絶対に入れられませんけれど、後から届けられると、こういうメニューも可能になるので、非常に結構です。

おかずは、アスパラの豚肉巻き、れんこんのきんぴら、菜の花のからすみ和え、ミニかまぼこ。
フルーツは、いちごとパイナップルです。

まぐろは、一切れ余ったので、(生もの苦手な)私は両面を軽くあぶってご飯と共に海苔で巻いていただきました。
こちらもなかなか美味しかったです。
by mt_sophia | 2007-03-22 17:18 | 今日のお弁当 | Trackback | Comments(2)

長崎ちゃんぽん

f0107364_1018143.jpg

今朝、目が覚めた瞬間から長崎ちゃんぽんが食べたい気分だったので、冷蔵庫の残り野菜と冷凍庫のシーフードで、早速お昼に作りました。
時折なぜか、無性にこの長崎ちゃんぽんが食べたくなる時があるんですよねえ。
(たいてい、飲みすぎた翌朝ですが…)

お野菜は、キャベツ、たまねぎ、チンゲン菜、さやえんどう、ヤングコーン。
シーフードは、えび、帆立、いか。
豚のバラ肉もあったので、これも小さく切って入れました。
キャベツの芯などは、細く切って煮込むと、食べやすいし、甘くてとても美味しいです。

麺とスープは、スーパーでよく売っている市販の「長崎ちゃんぽんセット」を使っています。
そのままでも美味しいですが、スープを前もって、生姜や長ねぎの青いところと共に煮ておくと、市販品独特の匂いが取れて、ずっと美味しくなります。
by mt_sophia | 2007-03-21 16:35 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

f0107364_15573288.jpg

うすうすはわかっていたのですが、このお弁当箱、上下にぎっしり詰めたら、かなりのボリュームですよね。
ただでさえブロイラー状態の夫を、これ以上太らせてはならないので、今日から上の半分には、フルーツを入れることにしました。
温かいご飯の上に入れると、フルーツまで生温かくなってしまうので私は嫌いなんですが、本人はそれほど気にならない様子。
なので、今後はしばらくこれで行こうと思います。

で、今日のおかずは、鶏肉の味噌漬けをグリルしたものと、れんこんのはさみ揚げ。
鶏肉は、先日の鰆と同じように、みりん、お酒でのばしたお味噌に漬けておいたものです。
れんこんは、叩いたえびと長ねぎをはさみ、片栗粉をつけて揚げました。
ご飯は、春の風物詩、たけのこご飯です。

あ、緑のものがあんまり映っていませんが、ちゃんと水菜と菜の花、入れてます。
by mt_sophia | 2007-03-19 20:56 | 今日のお弁当 | Trackback | Comments(0)

f0107364_22593749.jpg

気持ち良く晴れ渡った日曜日だというのに、夫は今日も出勤。
といっても、スーツではなく、私服での休日出勤なので、お弁当もカジュアルに、パンにしてみました。
ちょうど昨日のワインクラスで用意したバゲット、レバーペースト、パテ・ド・カンパーニュがちょっとずつ残っていたので、切って、塗って、挟んで、ちゃちゃっと1分で出来上がりです。
たまには、こういうお弁当も良いでしょう。

レバーペーストとパテ・ド・カンパーニュは、私の手作りです。
パテは、昨年の12月にレッスンでやりましたが、レバーペーストは現在研究中。
レシピが出来上がったら、そのうちお教室でもご紹介したいと思います。

ちなみに、昨日のワインクラス、どれも卒倒ものの素晴らしさでした。
むせ返るほどの華やかな芳香、いつまでも鼻腔の奥に残る豊かな果実味、繊細で充分に優雅でありながら、太陽の下でも飲めてしまうような大らかさが、カリフォルニアワインにはあります。

フランスワイン、カリフォルニアワイン、どちらも美味しいワインは本当に美味しいものですね。
ますますワインが好きになっちゃいました。
by mt_sophia | 2007-03-18 10:32 | 今日のお弁当 | Trackback | Comments(2)

f0107364_12331648.jpg

帝国ホテルの「ガルガンチュワ」で見つけた何とも可愛らしいケーキ。
どこかで見たことあるこの形…??
そう、これ、「ランドセル」なのです!

手前の赤いランドセルは、レアチーズが苺のゼリーで、奥の黒いランドセルは、キャラメルのムースがチョコレートで、それぞれコーティングされています。
アルコール類は一切使っていないので、お子様にも安心して召し上がっていただけるとのこと。

我が家には、この春ぴかぴかの1年生になる甥っ子がいるので、可愛らしいプレゼントになりそうです。
皆様もぜひ、入学式を控えたお子様がいらっしゃる方へ、おひとついかがですか?
毎年、この季節限定の商品だそうです。

*** 追記 ***

今日、双方を食べてみましたが、どちらもシンプルかつ上品な甘さで、とても美味しかったです。
お子様から大人まで、万人に愛される無難な味わい(良い意味で)ですが、それが決して「大衆的」なテイストでないあたり、「さすがガルガンチュワ」って感じですね。
by mt_sophia | 2007-03-15 22:32 | 美味しいお店(洋) | Trackback | Comments(6)

f0107364_12371791.jpg

3月も半ばを迎え、日に日に春の訪れを実感する今日この頃。
桜の便りも、そろそろ聞かれてきそうです。
4月の初めに、フランスから友人一行が桜を見に来日の予定だったのが、事情でキャンセルになり、残念に思っていたのですが、今となってはかえって良かったかも。
(もしキャンセルになっていなかったら、私は今頃、毎日やきもきしながら天気予報とにらめっこで、開花が1日でも遅くなるよう、「寒さ乞い」の日々だったことでしょう)
自然を相手に、ベストタイミングを見計らって旅行の予定を立てるって、難しいものだなとつくづく思います。

で、今日のお弁当も、「魚に春」と書く「鰆(さわら)」、筍、鯛の子、アスパラ、そしてグリーンピース(ご飯)と、春の食材満載。
この季節は、緑のものが豊富で、スーパーに行くのも楽しくなりますね。

鰆の西京味噌焼きは、私のお手製。
煮切ったみりん、お酒、そしてお砂糖を少し加えた西京味噌に、切り身を並べておくだけで、結構美味しい味噌漬けが出来上がります。
冷めても美味しいので、お弁当には重宝です。
筍は、薄切りの牛肉で巻いて焼き、甘辛いお醤油ダレで味付けしました。

最近、夫は激務で帰宅は連日深夜。
夜、家で食事をすることが皆無となったので、私もめっきり(お弁当以外に)お料理することが減りつつあります。
これからしばらく、このブログも、「お弁当」が中心になると思われますが、皆様、よろしくお付き合い下さいませ。
by mt_sophia | 2007-03-13 19:24 | 今日のお弁当 | Trackback | Comments(2)