<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


ローストクラブ

f0107364_23434966.jpg

もうひとつ、サンフランシスコに来たら絶対に食べようと思っていたのが、「Crustasean」というお店のローストクラブ。
お店自体は、ヴェトナム料理中心のシーフードのお店なのですが、このローストクラブはここの看板料理とのことで、来ている人は皆、このカニを食べています。

このカニ、写真ではその質感が今ひとつ伝わらないかも知れませんけれど、軽く大人の顔くらいの大きさがあります。
その巨大なカニが、ブラックペッパーとガーリックとバターでコテコテに味付けされていて、いかにもアメリカっぽいお料理。
「カニはカニ酢で」という日本人の常識からかけ離れた一品です。

そんな迫力満点なカニですから、「食べる」というより、「格闘する」と言った表現の方が正しく、最初は、なるべく手を汚さないように、指を拭き拭き、お上品に食べ始めるのですが、自分で殻を割って食べ進めるうちに、手を汚さないで食べるなんて不可能だということに気がつきます。
何しろカニが大きいし、バターの脂分で手が滑って、なかなかうまく殻が割れないのです。
で、そのうち手も顔も、下手すれば着ているものまでもが、ブラックペッパーとガーリックとバターまみれになって、食べ終わる頃にはそれはもう大変なことに…。

数人で行っても、カニと格闘していたらきっと会話にはならないし、食べている姿は決して美しいものではないので、このお店はひとりで行って、ガシガシ食べるのが良いかも。
(ましてやデートでなど厳禁です)



f0107364_18334777.jpg

こちらは、同じくこちらの看板メニューのガーリックヌードル。
これを一緒に頼んで、カニと一緒に食べるのが定番のようなのですが、ガーリックがめちゃくちゃきいていて、かなり強烈なお味です。
私は、数口いただいただけで、ギブアップ。
ガーリックは嫌いじゃないですが、いや~これは無理でした。

カニは時価とのことで、今日は1パイ34ドル。
好きか嫌いか、好みは分かれるところだとは思いますが、素材、調理方法とも、確かに日本ではお目にかかれない一品だと思うので、一度は食べてみる価値はありますね。
ちなみに、ビバリーヒルズとラスベガスにも、支店があるそうです。


f0107364_0202680.jpg


◆Crustacean◆
1475 Polk Street San Francisco CA 94109
Tel:415-776-2722 

by mt_sophia | 2006-04-29 23:45 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(2)

まずはここから

f0107364_13231461.jpg

こちらに着いて、まず向かったのは、「サンフランシスコに来たら、絶対にここに来よう」と決めていたこのお店。
元々はお魚屋さんだそうなのですが、店内には12、3人ほどが座れるカウンターがあり、各種シーフードが食べられます。
私が行ったのはもう午後3時近かったですが、そんな時間でもこの通りの行列。
お魚だけを買いに来る人、またテイクアウトで持って帰る人も多いようで、ひっきりなしに人が出入りしている人気店です。


f0107364_182175.jpg


美味しいシーフードたち

by mt_sophia | 2006-04-27 14:19 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(8)

サンフランシスコ

f0107364_1315627.jpg

突然ですが、サンフランシスコにやってきました。
太平洋を渡って、アメリカ本土に上陸したのは、たぶん3、4年ぶり。
12時間くらいかかると勝手に思い込んでいた私は、9時間もかからないで到着したことに、大変びっくりしました。
西海岸って、こんなに近かったっけ?

メインの目的は、もちろんナパ、ソノマでのワイナリー巡りなのですが、今回は日程的に余裕があるのと、お友達にも会いたいのとで、前後にサンフランシスコにも泊まることにしました。
グルメの街サンフランシスコで、一体どんな美味しいものと出会えるでしょう。
ひたすらワクワクの食いしん坊な私…。

それにしても、日本より寒いくらいの気温なのに、半袖またはノースリーブなどの人もいたりして、さすがアメリカだなあと、妙なところで感心しています。



f0107364_8153524.jpg


by mt_sophia | 2006-04-26 22:20 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(0)

はちみつレモン

f0107364_927239.jpg

静岡出身のお友達から、「ご実家のお庭で採れたレモン」というのをいただきました。
お庭にレモンの樹があるなんてすご~い。
さすが静岡です。

で、自分でもすでにスーパーでレモンを一袋買ったばかりでしたので、今日いただいた分は、薄めにスライスして、はちみつ漬けにいたしました。
自家栽培(栽培というほどのことでもなく、勝手に実がなるらしい)ですので当然無農薬ですから、こういう食べ方をしても全く気になりません。


f0107364_950669.jpg


作り方は簡単で、レモンを薄くスライスし、密閉容器に入れて、上からはちみつをかけるだけ。
冷蔵庫に入れておけば、1~2日くらいでレモンがしなしなになり、エキスたっぷりの美味しいはちみつレモンが出来上がります。
あまり漬け込みすぎると、レモンの苦味が出てしまうので、4、5日くらいが食べ頃かな。
ヨーグルトに混ぜたり、ドレッシングに使ったり、ソーダで割ったり、お湯で割ったり、色々使えます。
自然の爽やかな甘酸っぱさは、体にも優しく、美味しい~。

今日は、これまたフロリダ土産でお友達からいただいた「オレンジの花のはちみつ」を使ってみました。
相性も良さそうです。
皆様も、レモンが安売りされている時などに、大量に買って作ってみて下さい。



f0107364_9532963.jpg


by mt_sophia | 2006-04-24 20:26 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

4月のレッスン

f0107364_14425750.jpg

3ヶ月ほどお休みしていたお料理教室を、今月から再開いたしました。
久しぶりのレッスンということで、初回のクラスではかなりバタバタものでしたが(おまけに突然ガスコンロが使えなくなってしまって卓上コンロで急遽代用したりで大汗)、次第に勘も戻り始め、本日何とか無事全てのクラスを終了いたしました。

<今月のメニュー>
 ・アヴォカドとこえびのオードヴル
 ・春野菜とアンチョビのパスタ
 ・ミラノ風仔牛のカツレツ ルッコラのサラダ添え
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(タレッジオ)

今月から、毎回のレッスンで、チーズを1種類、ワインを2種類テイスティングすることにいたしました。
ワインは、まずは基本中の基本ということで、赤ワインを2種類、ボルドーとブルゴーニュの飲み比べ。
チーズは、タレッジオでした。(一部のクラスの方はどうしても入手できずトムド・サヴォア)

それと、今月は、「Welcome back to Dinette Sophia!」ということで、各クラスへ、ナパのスパークリング(ロデレール・エステート)を、私から1本プレゼントさせていただきました。

***

皆さんが、こんなにも再開を楽しみにして下さっていたことに、秘かに心を熱くしていた私…。
久しぶりにお会いできた方、また今回初めてお会いできた方、お越しいただきありがとうございました。
このご縁を大切に、これからも一緒に楽しく、「美味しい時間」を共有していきましょう!
今後ともよろしくお願いいたします。

by mt_sophia | 2006-04-22 20:05 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

チコリとプロシュートのパスタ

f0107364_13252166.jpg

今月のお料理のレッスンで、チコリを使っているのですが、どのクラスでも芯に近い部分が余るので、現在我が家の冷蔵庫は、チコリの芯がいっぱいです。
たいてい、おやつ代わりにそのままかじったりしているんですが、今日は、プロシュート、チェリートマトとともに、パスタに入れてみました。
シンプルな塩味のパスタですが、プロシュートがきいてて、チコリの苦味、トマトの酸味とマッチしてます。
こういう素朴なパスタもたまには良いもんですね。
チコリもプロシュートもチェリートマトも、あまり火を通さず、最後にサッとパスタと合えるのが良いと思います。
上から散らしているのは、「グラナ・パダーノ」というイタリアのチーズです。

by mt_sophia | 2006-04-19 13:22 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

親子丼

f0107364_17184551.jpg

なんだか無性に親子丼が食べたくなって、冷蔵庫にあるもので作ってみました。
材料は、卵、鶏のもも肉、たまねぎ、それに、彩りに三つ葉があれば良かったのですが、今日はなかったので、スナックえんどう。
この手のものは、上品なお味より、甘めのしっかりしたどんくさいお味の方が好きなので、思いっ切りみりんとお醤油で甘辛くしてみました。
画像ではわからないと思いますが、ご飯と具の間には、刻み海苔をたくさん敷いています。
一口食べると、海苔の香り、甘辛いお醤油の風味が口いっぱい広がって、美味しい~。
日本のこの丼文化って、本当に素晴らしいと思います。

親子丼って、身近な食べ物のイメージですが、意外と普段あまり食べる機会がなかったりして、今日食べたのはいつ以来?って感じでした。
久々の親子丼、美味しかったです。

鶏肉に、しっかりと下味をつけるのがポイントですな。

by mt_sophia | 2006-04-15 20:18 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(2)

台湾で食い倒れ

f0107364_15453237.jpg

2泊3日で台湾に行ってきました。
台湾には、もう10回以上行ってますけれど、近いし、人は良いし、食べ物は安くて美味しいし、足裏マッサージは気持ち良いしで、気分転換にふらりと遊びに行くには、もってこいの場所だと思う。
街自体は、道も広く、緑も多いので、中国独特の喧騒もありながら、意外とゆったりしています。
香港が「刺激」の街なら、台湾は「癒し」の街といえるのではないかしら。

上記の画像は、有名な士林の夜市の美食街(フードコート)。
画像のぼけぶりでおわかりになると思いますが、なぜか今回はデジカメの調子が悪く、ちゃんと撮れた写真がひとつもありませんでした。
(その中でも一番まともなのが上記の画像です…トホホ)
昨年の11月に行った時は、デジカメごと紛失してしまったし、台湾とはどうもデジカメとの相性が良くないようです。

ということで、残念ながら、食べ物の画像をお届けできないのですが、今回も美味しいものをたくさん食べてきました。

<1日目>
お昼に空港着。そのままランディスホテルに直行し、天香楼にてランチ。ここは杭州料理のお店で、台北では貴重な、かなり洗練されたお料理を出す店です。1年前に来た時と、若干メニューが変わっていました。シェフも変わったのか、以前よりあっさりした味付けになったような?
ホテルにチェックイン後は、いつも行く中国茶の問屋さんに向かい、凍頂烏龍茶をどっさり購入。ここで美味しい中国茶と出会わなかったら、私は多分、こんなに台湾を好きになっていなかったことでしょう。上質の烏龍茶は、上品な甘味と香りが素晴らしく、いくら飲んでも飽きない美味しさがあります。日本で買うより数段安いので、私のように毎日大量に中国茶を飲む人間は、飛行機代を使ってでも台湾で買った方が絶対にお得なのです。
夜は、上記の士林夜市にて屋台料理。ここは、よそのお店で買ったものを別のお店で一緒に食べることができるので、広東粥303というお店でお粥を買い、鉄板焼きのお店で空芯菜、もやし、豚肉、いか、セロリなどを炒めてもらったものと一緒にいただきました。303のお粥は、安くてめちゃくちゃ美味しい。美食街には他にも魅力的なものがたくさんあり、来るたびに美味しいものとの新しい出会いがあるのですが、ここのお粥だけは、いつも必ず食べているような気がします。
ちなみに、台北にはいくつか夜市がありますが、士林の夜市が一番賑やかで楽しい。

<2日目>
朝はゆっくり起きて、開店と同時にディンタイフォンへ。ここも台湾に来ると必ず行くお店ですが、やっぱりここの小籠包は絶対に美味しい。蟹入り小籠包は、なぜか日本の支店の方が美味しいのですが、普通の小籠包は、やっぱり台湾の本店でないと!!今回は平日だったので、「小籠湯包」は食べられませんでしたが、週末の朝1時間だけ食べられるスープに入った小籠包も、めちゃくちゃ美味しいです。
ディンタイフォンの後は、永康街の「冰館」にてかき氷。最近のマンゴブームで、マンゴが不足しているらしく、マンゴオンリーのかき氷はオーダー不可とのこと。なので、マンゴを含む3種類のフルーツが乗っているかき氷となりました。これはこれで美味しくて大満足。他の物価と比べると格段に高いデザートですが、マンゴ好きにはたまらない一品です。
午後は、市内でショッピングや占いなどの後、竹裏館にてお茶。ここは一時期の台湾ブームの象徴のようなお店で、アジアン家具と茶芸を楽しめるこぎれいなお店です。日本人の観光客ばかりですが、店内は落ち着いた雰囲気なので、歩き疲れた後、ゆっくりお茶を飲んでひとお休みするには良いかも知れません。
夜は、前々から行きたかった長白小館の酸菜火鍋。かつお節、かに、しいたけなどが入った独特のスープに、発酵させた白菜(お漬物ですね)と豚肉の薄切りをたっぷり入れて、自分でブレンドしたたれにつけて食べます。いやいや、これが予想通り、めちゃくちゃ美味しい!!白菜の酸味と甘味、出汁のきいたスープ、薄切りの豚肉が、たれと絶妙にマッチして、クセになるお味です。ここはヒットだったので、次回も絶対に行きたい!!
そのままお店を出てプラプラ歩いていたら、香港で人気の「糖朝」があったので、スウィーツとなぜかえびワンタン麺。ここもかき氷と同じ理由なのか、看板メニューのマンゴプリンがメニューにありません。日本人からすると、香港も台湾も、食べるものは同じというようなイメージがあるのではと思いますが、えびワンタン麺は、完全に香港のメニューで、台湾ではほとんど見かけません。ここは香港のお店なので、思いっきり香港味のえびワンタン麺を堪能できました。酸菜火鍋で相当おなかいっぱいでしたが、やっぱり食べて良かった!

<3日目>
午後2時過ぎのフライトだったので、ホテルを少し早めに出て、空港に向かう途中にあるグランドホテル(圓山大飯店)にて飲茶。帰りのフライトが2時台の時は、ここで最後に飲茶を食べて、空港に向かうというパターンが多いです。飲茶のレストランは、台北市街が一望できる場所にあるので、あれがどこどこ、あっちがどこどこと、行ったところの位置関係もよくわかり、旅の最後を締めくくるにはもってこいの場所だと思います。飲茶もそれなりに美味しいし、ホテル自体もコテコテの中国趣味で、泊まらなくても良いですが(笑)、見る価値はあるかも。

***

と、今回もこんな感じで、台湾の美味しいものを満喫した3日間だったのですが、ざっと計算して、5食+デザート3回でひとり1万円強ってところです。
ん~安い!
しかも、どんなに食い倒れても、足裏マッサージと中国茶で、体はすっきり。
台湾って、本当に楽しいところです。

香港と決定的に違うのは、香港には高くて美味しいものがあるということ。
台湾で高級中華を食べようと思っても、ただあわびだふかひれだと食材が高価なだけで、味は全く洗練されていません。
台湾でこういうものを食べては、決していけないってことです。

ですので、香港に行ったらとにかくお金を使って、美味しい高級中華を楽しみ、台湾では、素朴でチープな中華を食べまくるに限る!これが私の持論です。
茶碗1杯1万円のふかひれスープ、1個10円の水餃子、両方を楽しめてこそ人生!ですからね。

あ~また酸菜火鍋が食べたくなっちゃった!


f0107364_12343962.jpg

買って帰ってきたスターバックス台北オリジナルタンブラー。
小籠包やグランドホテル、屋台のイラストなどが書いてあってなかなか可愛いです。
烏龍茶用にしようっと。

by mt_sophia | 2006-04-13 17:07 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

ピクニック  

f0107364_1211379.jpg

気持ちの良い春の日曜日、ランチ持参で近くの公園までピクニックに出かけました。
ぽかぽか陽気の空の下、春風に乗って桜がはらはらと散り行くさまを眺めながら、シャンパンとワインでひたすら良い気分です。
太陽の光と外の空気に触れながら飲むお酒は、どんな安酒でも充分に美味しい。
今日はクッションも持参しましたので、芝生に寝転びながら、のんびりと春の1日を過ごしました。


f0107364_058347.jpg

ランチといっても、今日は、冷蔵庫にあるものを取り急ぎタッパーに詰めて出かけただけだったので、プロシュート、ハム、ゆで卵、ベビーリーフをバゲットにはさんだサンドウィッチと、いんげんのサラダのみ。
ランチの後は、チーズとチョコレートとぶどうで、だらだらとワインを飲み続けておりました。
途中通り雨に降られたりしましたが、雨が上がった後、太陽の光が降り注ぐあの土の匂いも、なんともいえず心地良いってもんです。

横浜に住んでいた頃は、歩いていけるところに海の見える大きな公園がいくつかあったので、毎週末のようにピクニックに出かけたものですが、今のところに引っ越してきてからは、なかなか近くに良いスポットがなく、それだけは残念でなりません。
これからは良い季節ですので、今度は少し遠出してみよう。


f0107364_102875.jpg


by mt_sophia | 2006-04-09 20:58 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

正当派リストランテ ~ラ・ビスボッチャ~

f0107364_23501018.jpg

今や東京を代表するイタリアンともいえる「ラ・ビスボッチャ」。
ここ数年で出会った東京在住のイタリア人に、都内だったらどこのイタリアンレストランが好きかとたずねたら、ほとんどの人がここのお店の名前を挙げたような気がします。
賑やかで活気に溢れた店内は、まさにイタリアそのままの雰囲気。
お料理はもちろんのこと、サービスも素晴らしいし、本物を知っている多くの人々に育てられたお店なんだなあと、つくづく実感します。
某首相も、よくこちらにいらしているようですね。

ここは正当派リストランテですから、メニューも当然クラシカルなイタリアンメニューばかり。
私たちは、今日は、前菜に牛フィレ肉のカルッパッチョと、花ズッキーニのフリット、パスタはスカモルツアチーズとラディッキオ(トレビス)のリゾットと、アマトリチャーナのブカティーニ。
メインはサルティンボッカをシェアし、デザートはティラミスにレモンのシャーベットと、ベタベタにベタなものばかりを選んでみました。

メニューはこんな感じのものばかりですので、お料理自体に目新しさみたいなものはもちろんありませんけれど、どれも盛り付けの美しさや素材の意外性みたいなものでごまかしていない、正しいイタリア料理ばかり。
ボリュームもたっぷりで、1皿を2人でシェアしてちょうど良いくらいだし、イタリア料理の真髄を堪能するには、やっぱりこういうお店じゃないとねと改めて思いました。
フリットとリゾットが、特に美味しかった。

今夜はまず、グラスのスプマンテで乾杯。
続いてサルディーニャの白を1杯ずつ飲んでから、赤はちょっとお贅沢に、GAJAのカ・マルカンダ2001年。
最初はアルコール臭が少々強かったですが、時間が経つにつれ、香りが開き、味わいもまろやかになって、果実味豊かな素晴らしいワインに大変身しました。
こういうことがあるから、ワインは面白い!
非常に好みの味わいでしたので、やっぱり私は、トスカーナのワインが好きなのかも知れません。

ちなみに、お料理、ワイン、全部でしめて3.7万円でした。
今日はちょっと良いワインを頼んだ分、いつもより1万円ほど高かったかな。

La Bisboccia(ラ・ビスボッチャ)◆
渋谷区恵比寿2-36-13
Tel:3449-1470

また行きたい ★★★★☆

f0107364_101667.jpg


by mt_sophia | 2006-04-08 23:07 | 美味しいお店(洋) | Trackback | Comments(6)
line

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia
line
カレンダー