カテゴリ:美味しいテーブル(洋)( 151 )

ファミリーパスタ

f0107364_7374155.jpgf0107364_7375647.jpg


木枯らし一号の日曜日、ふと思い立って、池袋の「餃子スタジアム」というところに行ってきました。
私は普段、ほとんど自宅から近い範囲でしか行動しないので、池袋というのは、全くの未踏の地であったのですが、この餃子スタジアムのことは前々から気になっていたので、ちょうど車で外出していたこともあり、そのまま首都高で池袋まで行ってしまいました。
餃子スタジアムは、今年で10周年だそうなので、10年越しの夢がようやく叶った(大げさ)ということです。

日曜日のお昼時ということで、案の定、大変な賑わいでしたが、せっかく来たのだからと、夫との連携プレーで、6店舗で7種類(約60個)の餃子を食べてきました。
餃子は、お味、形、焼き方、本当に各店それぞれで、なかなか興味深いものがありましたが、全体的に、自分で作るものよりも、甘めの味付けだなと思いました。
そしてあまり肉肉していない。
どういうものであっても、食べ比べって面白いですね。
全部で11店舗あるそうなので、今度は、平日の空いている時間に、ひとりでゆっくり食べ歩いてみたいと思います。(餃子大好き)

…と、そんなわけで、日曜日のお昼は、がっつりと餃子をいただいたので、夜になってもおなかがすかず、クラッカーなどをつまみながらだらだらと過ごしていたところ、夫がちゃちゃっとパスタを作ってくれました。
じっくり炒めたベーコンとたまねぎ、そしてトマトソースで作るアマトリチャーナです。
で、これのどこが「ファミリー」なのかというと、画像左のこのベーコン、これが私のいとこが趣味で作ったベーコンなのです。(まるで売り物みたいでしょう?)
そして、トマトソースは、私が数日前に、ことことと煮込んで作ったもの。
これを夫が、上手に合体させてくれたというわけです。
プロが作る餃子も美味しいけれど、やっぱり家族が家族のために作るものは、格別の美味しさですね。

いとこの燻製は本当に美味しく、そして何しろ変なものは一切使っていない安心安全印。
完全に趣味の世界なだけに、今は大量生産はできないのですが、いつか彼にもう少し時間の余裕ができたら、お教室で使う分くらいは、ここで調達させてもらえそうです。
皆様、その時をどうぞお楽しみに。
by mt_sophia | 2012-11-19 07:47 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

かぼちゃのクレームブリュレ

f0107364_9104542.jpg

明日開催予定のジョンくんたちのハロウィンパーティにて、今年もスウィーツ担当を拝命。
昨年は、かぼちゃを使った蒸しケーキにしましたので、今年は粉ものはやめて、クレームブリュレにしました。
ぶっつけ本番はいくらなんでも無謀なので、週末に練習がてら4つほど作ってみました。
(明日の分=20個は、今夜作ります)

プレーンなクレームブリュレでも良かったのですが、せっかくのハロウィンなので、蒸かしたかぼちゃを裏ごしし、生地に混ぜ込んでみました。
かぼちゃの優しい甘さが、口の中に広がり、身も心もほっこり気分になります。
昔、フランス人に、「日本人は、かぼちゃをスウィーツに使う」と言ったら、えらく驚かれて、「気色悪っ!」という反応をされましたが、これを食べたら、「意外とイケる」というんじゃないかしら。


f0107364_911418.jpg

表面は、バーナーでキャラメリゼして、パリパリ。
これが美味しいんですよね~。
(これだけ剥がして食べたい)
ここにカソナード(フランスのブラウンシュガー)を使っているので、かぼちゃの部分は、アガヴェネクターを少量だけ使って、甘さ控えめに仕上げました。

キャラメリゼは、時間が経つと溶けてしまうので、明日は、カソナードを振っただけの状態で持っていき、パーティが始まる直前に、バーナーで焦がそうと考えています。
子供たちに喜んでもらえると良いな~。
by mt_sophia | 2012-10-30 15:11 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(4)

ベッカフィーコ

f0107364_16301766.jpg

今月のレッスンメニュー、「パレルモ風いわしのオーヴン焼き」のアレンジヴァージョン。
いわしに香草パン粉を乗せて、くるくると巻いて、楊枝で留めて、オーヴンで焼きました。
これだと「ベッカーフィーコ」という呼び名になります。
ベッカフィーコとは、小さくてぷくっと太った野鳥の名前。
その昔、シチリアの島民は、貧しさゆえにお肉を食べることができず、いわしをこのようにお料理して、鳥に見立てて食べていたのだとか。
パリパリに焼きあがったところに、じゅっとレモンをひと絞り。
非常にイタリアらしい一品だと思います。

ちなみに、いわしって、お店によってある時とない時がありますが、私の極めて個人的なご近所データは、以下の通りです。

<ここなら間違いなくほぼ毎日あり>
クイーンズイセタン白金高輪
ニッシン
明治屋

<日によるけれどかなり高確率>
京急ストアウィング高輪
大丸ピーコック
なにわや

<たまに見かけるかな程度>
ナショナル麻布
リンコス高輪

ご近所の方、参考になさってみて下さい。
by mt_sophia | 2012-09-29 17:12 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

ラタトゥユとエスカベッシュ

f0107364_15383011.jpg

美味しそうなズッキーニをたくさん頂戴したので、その他の食材を買い足して、久しぶりにラタトゥユ。
ちょうどお友達のお宅でポットラック(持ち寄り)のパーティがあったので、その分も含めて、大鍋いっぱいに作りました。
私の場合、この手のお料理は、いつもその時その時の気分で作り方が違うのですが、今日はお野菜を全て大き目に切って、ゴロゴロ系のラタトゥユに仕上げてみました。
お味はシンプルに、トマトと塩、こしょうのみ。
トマトは、じっくり炒めて、甘さを引き出しました。
ズッキーニ、なす、パプリカ、トマト…これから夏野菜が美味しい季節ですね。


f0107364_9185410.jpg

こちらは、その時一緒に作って持って行った鯵のエスカベッシュ。
イタリア版の南蛮漬けです。
鯵は、二度揚げしているので、骨は全く気にならず、頭から尻尾まで、丸ごとペロリといけちゃいます。
ビネガーたっぷり使っているので、冷たくしていただくと美味しい~。
ラタトゥユとエスカベッシュ、白ワインに良く合う夏のメニューです。
by mt_sophia | 2012-06-18 09:19 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

野菜のグリル 

f0107364_7382624.jpg

週末、冷蔵庫一掃メニュー。
あり合わせのお野菜をそれぞれ下茹でしてから、ガーリックオイルを塗って、グリルパンで焼きました。
シンプルな一品。
というかシンプル過ぎるので、同じく冷蔵庫にあったいただきもののからすみを、すりおろして散らしてみました。
からすみ好きの夫には好評。
野菜のグリルって、何でも美味しいけれど、私はブロッコリーが一番好きです。
by mt_sophia | 2012-04-23 07:50 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

タスマニア産活ムール貝

f0107364_952827.jpg

タスマニア産活ムール貝 byCostco。
身がむっちりしていて、蒸し縮みが少なく、甘味があって、意外とあなどれない美味しさです。
Costcoの生鮮品、しっかり見て、選んで買うと、たまに大当たりの時があるんです。
これと、塩水うにが、私的には最近のヒット。


f0107364_9134493.jpg

丁寧にお掃除してから、シンプルにワイン蒸し。
お約束のフレンチフライも添えました。
スープも絶品!
もちろん捨てずに取っておいて、リゾットやパスタ、煮込み料理などに再利用します。
by mt_sophia | 2012-03-18 09:24 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(8)

ポットラック

f0107364_719914.jpg

ちょっと前のことですが、ジョンくん関係のポットラック(持ち寄り)パーティが2回ほどありました。
1回目は大人分のサラダ担当、2回目は子供分のデザート担当。
画像は、2回目の時に作ったパンナコッタです。
クリスマスのイメージで、パンナコッタ(白)の上に、キウイ(緑)といちご(赤)をトッピング。
小さなカップに20個作り、ひとつひとつに、子供達それぞれのイニシャルのシールを貼りました。
お砂糖は、和三盆を使っています。


f0107364_86104.jpg

そしてこちらは、ツナと白いんげん豆のサラダ。
スライスしたアーリーレッド、刻んだアーティチョークも入れています。
この時は、大人のみのパーティだったので、マスタードとワインヴィネガーをたっぷり効かせて、大人向けのお味にしました。
画像が暗いのは、この日、急遽東北に行くことになってしまったので、早朝、出発前に作って、これだけ先方にお届けしたためです。
時間が経つと水が出てしまうかなとちょっと心配していたのですが、意外とそうでもなかったようです。
皆様にも好評だったようで、後日会う方会う方に、「あのサラダ、とても美味しかった~」と言っていただき、ホッとしました。

日に日にクリスマス、そして年末が近づき、いよいよこれからがパーティラッシュ本番。
我が家では、あと○回の乾杯が予定されております。
皆様も、胃腸、肝臓を労わりつつ、楽しい年末をお過ごし下さいね。
by mt_sophia | 2011-12-20 10:22 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

ハムとブリーのトーストサンド

f0107364_10213100.jpg

数日前、立ち寄った友人宅でいただいたランチ。
諸事情により、15分くらいですぐまた出かけなければならなかったので、簡単に食べられるものをと、友人が冷蔵庫にあるものでささっと作ってくれました。
トーストしたパンに、ハムと薄く切ったブリーチーズを挟んだだけの超簡単サンドウィッチですが、これがなぜだか妙に美味しくて、すっかりお気に入り。
自宅でもすでに数回作りました。
私は普段、チーズのかびは食べないのですが、このサンドウィッチには、そのまま入れてます。
カリカリのトースト、熱で少しとろっとしたチーズと、ハムの相性が最高。
ハムは、やっぱり美味しいのを使いたいので、ニッシンで調達しました。
(その友人もニッシンのハムを使っていました)

簡単ですが、美味しいです。
皆様もぜひお試しを!
by mt_sophia | 2011-11-15 10:35 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(6)

サルシッチャのパイ

f0107364_1934410.jpg

サルシッチャとは、イタリアの生ソーセージのこと。
ニッシンやナショナルに行けば、冷凍の輸入物が売っていますが、決して難しいものではないので、私はいつも自分で手作りしています。
先週末、夫がパスタにこのサルシッチャを使いたいというので、心優しい妻は、早速作ってあげました。
…なわけなく、材料だけ私が買って来て、「あとは自分で作りなさい」と、口頭でレシピを伝え、夫が自分でひき肉をこねて作りました。
(ソーセージにするには、腸に詰めるのが手間なのですが、今回は中身だけを使うので、簡単です)

で、この日、夫によるパスタは無事美味しく出来たのですが、サルシッチャ(の中身)が少しだけ残ったので、私は後日、冷凍庫にあったパイシートを使って、パイを作りました。
「作った」と言っても、ただパイ生地を小さな長方形に切り、サルシッチャを巻いて、はしっこをとめただけ。
かなり不恰好だなと思いながら、オーブンに入れたのですが、やっつけ仕事のわりには、意外にも可愛らしい形に焼き上がりました。


f0107364_19375983.jpg

こちらは、長いバージョン。
(途中で、小さいのを作るのが面倒になり、1個は長いのを作りました)
焼き上がりのアツアツは、パイがサクサク、肉汁がじゅわ~で、うまい~!!
ハフハフ言いながらいただきました。
一口サイズは見た目も可愛らしいし、食べやすいので、ちょっとしたおつまみに良いですね。
ジョンくんも、パクパク食べていました。
by mt_sophia | 2011-11-10 19:50 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

ハロウィンのカップケーキ

f0107364_14204983.jpg

ジョンくんが参加するハロウィンパーティ用に作ったカップケーキ。
小麦粉に、卵、裏ごししたかぼちゃ、ミルク、和三盆を加えた蒸しケーキです。
この私、そもそもスウィーツには今ひとつ興味がない上に、計量という作業がどうにも苦手なため、めったにこういう粉物を作ることはしないのですが、今日は諸事情が重なり、一念発起して、10個×3回=30個作りました。
和三盆のお上品な甘さが、かぼちゃの風味を引き立たせ、とても優しい素朴なお味のおやつです。
いくつかのレシピを参考にして、自分で適当にアレンジして作ったのですが、ま、それなりに出来るものなのですね。

f0107364_1427424.jpg

上には、アガヴェ(天然甘味料)で煮たかぼちゃをトッピングしています。
子供達が口にするものなので、なるべく安心安全なものと思い、材料も吟味して作っているつもりなのですが、やはり彼らには、もっとばっちり甘くて、カラフルなトッピングなどがしてあるものの方がウケる模様。
でもブルーのアイシングとか、カラースプレーとか、使いたくないなあ…。
今後も自分のポリシーを貫くべきか、食べる側が喜ぶようなものを作るべきか、ふうむ…迷うところです。

f0107364_144153100.jpg

ジョンくんは、今年もアンパンマンでした。
by mt_sophia | 2011-10-26 14:44 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(4)