カテゴリ:クラス(お料理)( 166 )

11月のレッスン

f0107364_955285.jpg

<今月のメニュー>
◆やりいかのガーリックソテー ピマンデスペレット風味
◆レンズ豆の温かいサラダ
◆マカロニグラタン
◆ストロングボウ(シードル)
◆赤ワイン

朝晩かなり寒くなって来ましたね~。
これからどんどん寒さも本格的になって行くのかと思うと、やっぱりオーブン料理が美味しいかなと思い、今月は、かねてからリクエストが多かったマカロニグラタンをメインにしました。
子供の頃に洋食屋さんで食べたような、優しい味わいのマカロニグラタン。
丁寧に丁寧にじっくり時間をかけてベシャメルソースを手作りし、つるつるのマカロニとたっぷりのチーズで、アツアツに仕上げます。


f0107364_9171748.jpg

どこまでもシンプルかつクラシカルに。
アメリケーヌソースとか、ペンネとか、モッツアレラとか使っちゃダメ!(笑)
この懐かしい味わいこそが、我々日本人のイメージする「マカロニグラタン」です。
これからの季節、アツアツのグラタンで、身も心もほっこりして下さいね。

前菜2種も、季節の食材を使った、簡単でかつ美味しい一品(二品?)でした。


f0107364_9342251.jpg

某クラスでは、お受験が無事終了し、お祝いと慰労を兼ねて、私からシャンパンのプレゼント。
いやいや、本当にお疲れ様でした。
これからのそれぞれの学校生活が、実り多きものとなりますよう、心からお祈りしております。


f0107364_9274313.jpg

クリスマスツリーの飾り付けも終わり、恒例のスノーマン登場。
いよいよ明日から12月、今年のレッスンも、残すところ1回のみとなりました。
12月は、恒例のクリスマスの特別レッスンになります。
風邪が流行っているようですが、皆様どうぞ体調管理に充分お気をつけて、楽しく1年を締めくくれますように。
ブラインドテストももちろんありますから、お楽しみに~!!
by mt_sophia | 2014-11-30 23:58 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

10月のレッスン

f0107364_21183481.jpg

*画像は、先日お邪魔した富士山麓のY邸のえんとつです。

<今月のメニュー>
◆2種の国産モッツアレラ 糸満産海塩とともに
◆秋のポタージュ
◆サーモンのグリル きのことナスのカポナータ添え
◆赤ワイン2種

ここ数か月、ややマニアックなメニューが続いたので、今月はベーシックなお料理でメニューを考えました。
栗、なす、かぼちゃ、きのこ、さつまいも、サーモンと、秋の味覚たっぷり!
カポナータは、青魚、白身魚、そしてお肉とも相性が良いので、応用の効くメニューです。
これからのホリデーシーズンに、ぜひお役立て下さいね。

今月は、ひょんなことから、何か所かで出張のレッスンも開催することが出来、私にとっても、良い経験となりました。
(メニューは、上記と違います)
ご参加の皆様、ありがとうございました。
特に、このブログを長く愛読して下さっている高松のしーちゃんとは、今回ようやく念願の初お目もじが叶い、本当に嬉しかったです。
今後もこんな風に、お料理を通じて、人との出会いを広げて行けたらなと思います。
by mt_sophia | 2014-10-31 22:34 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

9月のレッスン

f0107364_759491.jpg

<今月のメニュー>
◆たことじゃがいものタパス
◆ピミエント・パドロン
◆アショワ
◆ボルディエのバター2種
◆チャコリ
◆グラッパ

さてさて、今月は、私のこの夏の集大成メニュー。
旅のメインであった、バスク地方のお料理を中心に、フランス、スペインの味を、皆様にお届けしました。

たことじゃがいもは、スペインではお馴染みの組み合わせ。
街中の至るところで見かける、大変にポピュラーなお料理です。
たこのエキスをたっぷり吸ったじゃがいもがとっても美味しい!

ピミエント・パドロンとは、バルならどこでも置いているピミエント(青唐辛子)の素揚げ。
大きなのから小さなものまで、形状は様々ですが、どれもさっと油で揚げて、お塩をひとふりしただけのものなのに、病みつきになる美味しさなのです。
私自身、バスクに滞在中、一体何皿食べたかしら…というくらい。
今回は、京都から送っていただいた万願寺唐辛子で作りました。
肉厚で甘味もあり、皆様にも好評。

メインのアショワは、バスクの郷土料理。
牛肉に、バスクのシンボルカラーである赤と緑のピミエントを使い、これまたバスク特産のピメン・エスペレット(唐辛子)で仕上げます。
シンプルな田舎のお料理ですが、体の中からホッとできるような優しいお味。
エスペレット村は、バスク滞在中に3回ほど行きましたが、小さな村全体が、赤いピメンテで飾られていて、とても可愛らしい村でした。

そして、バゲットには、ボルディエのバターをたっぷり。
バスク名産のチャコリ(微発砲の白ワイン)、スペインの赤ワインと共にお楽しみいただきました。
最後は、チャコリのワイナリーで購入して持ち帰った、チャコリのグラッパも召し上がっていただきました。
皆様に、少しでもフランス、スペインを感じていただけていたら嬉しいです。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
by mt_sophia | 2014-09-30 08:20 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

f0107364_11333718.jpg

8月の特別レッスンが、全クラス無事終了。
毎年8月は、通常のレッスンと少し趣向を変えたメニューで、レッスンを行っております。
今年のテーマは、「チャイニーズ!デトックス!」。
漢方スパイスを多く使って、夏の疲れを癒す薬膳メニューをご用意しました。
ニューは、以下の通りです。

◆雲白肉(薄切り豚肉のにんにくだれ)
◆百花蟹剪(カニ爪の揚げ物)
◆薬膳火鍋
◆青島ビール(レギュラー・黒)
◆ワイン


f0107364_20327100.jpg

桂皮、白豆蒄、陳皮、棗、唐辛子、八角、花椒、丁香、枸杞などなど、種々の中華スパイスが登場。
どれも決して難しくなく、おうちで簡単に再現できるメニューばかりです。
(甜醤油も、ちゃんと作ってね)
薬膳火鍋は、最初はプレーンなスープで召し上がっていただき、途中から、担々ソースを投入。
麺も加え、最後は豆乳担々麺でシメとなりました。
皆様、デトックス効果、実感されましたでしょうか?


f0107364_11593844.jpg

ビールは、青島のレギュラーと黒。
黒青島は、キャラメル風味が強く、辛いお料理とよく合いました。
その他、日本のビールもかなり空いたので、8月最終週は、何本の空き瓶、空き缶を、階下に運んだことでしょう…。


f0107364_1262313.jpg

そして、8月最終土曜日は、恒例のシャンパンパーティ!
今年は、Ayala(アヤラ)というシャンパーニュメゾンの各ラインナップをご用意いたしました。

1)アヤラ N.V
2)アヤラ ナチュール N.V
3)アヤラ ロゼ N.V
4)アヤラ ロゼ ナチュール N.V
5)アヤラ ブラン・ド・ブラン 2007
6)アヤラ ペルル・ダヤラ 2005
7)アヤラ ペルル・ダヤラ ナチュール 2005

ご覧の通り、アヤラは、ほとんどの銘柄で、ナチュール(ノンドサージュ=加糖なし)バージョンを作っています。
それぞれを同時に飲み比べると、その違いがよりクリアにわかるので、こういう機会はやっぱり面白いですね。
私個人的には、ロゼのナチュールが、非常に良かったと思います。
和食やお寿司のお店で、もっとノンドサージュのシャンパンを置いてくれると良いのな~。


f0107364_12232980.jpg

お料理も、色々お出ししましたが、バタバタしていて、写真はこれしかありません。
この日のメインは、なんといっても、フランスから持ち帰ったボルディエとベイユヴェールのバターでしょうか。
バゲットにバターをたっぷり塗り、その上に礼文のうに…
この贅沢な美味しさに、皆様悶絶していらっしゃいました。

毎年、この特別クラスが無事終了すると、私の夏も終わったなあという感じです。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
残念ながらお休みされた方は、また9月のレギュラークラスでお目にかかりましょう。
by mt_sophia | 2014-09-02 12:35 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

7月のレッスン

f0107364_920461.jpg

<今月のメニュー>
◆ジャジキ(ギリシャ風きゅうりヨーグルトソース)
◆ミント風味のタブレ
◆スブラキ(ギリシャ風ラム肉の串焼き)
◆ワイン
自家製リモンチェロ


すっかり遅くなりましたが、先月のレッスンの記録です。
7月は、ギリシャ、トルコあたりのお料理のイメージで、メニューを考えました。
ヨーグルト、レモン、ハーブ、スパイスなどなど、暑い夏に美味しい清涼感のある食材をふんだんに使い、夏バテ防止に役立つ食欲増進メニューです。
スブラキは、今回は、オーブンを使って焼きましたが、バーベキューでももちろんOK。
皆様の夏の楽しい想い出に、このレシピをお役立ていただけたら幸いです。

日本列島、まだまだ猛暑が続きそうですので、皆様引き続きお体大切にお過ごし下さいませ。
by mt_sophia | 2014-07-31 10:07 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

6月のレッスン

f0107364_19263312.jpg

<今月のメニュー>
◆バカリャウ・ア・ブラス 
◆フェジョアーダ・コンプレッタ
 フェジョアーダ(黒いんげん豆とお肉の煮込み)
 コーヴィ・ア・ミネイラ(ケールの炒め物)
 アホス・ブラジネイロ(ガーリックライス)
 オレンジ
◆カイピリーニャ
◆ビール(カイザードーム・ワールドカップエディション)
◆赤ワイン(ポルトガル)

今月は、ワールドカップ月間ということで、ブラジルにちなんだメニューをご用意しました。
フェジョアーダは、ブラジルの国民食ともいわれる代表的なお料理。
見た目真っ黒、お肉がゴロゴロで、見た感じはグロテスクなイメージですが、食べてみると意外とくどくなく、日本人にも食べやすい一品です。
今回、テーマを「ブラジル」にするにあたり、お友達のブラジル人ママに色々教えてもらったのですが、彼女に私のフェジョアーダを試食してもらったところ、ご家族皆が喜んで食べて下さったとのこと。
お料理を通じて、ブラジルという国の歴史、文化、国民性などを、彼女から色々教えてもらえたことは、私にとっても、大きな収穫でした。
各国の名物料理には、それぞれ歴史的背景や、民族性などが色濃く反映されているので、お料理を知ることは、その国の知ることだなと、改めて思いました。

ポルトガルの植民地であったブラジルは、ポルトガル料理の影響も大きく受けています。
バカリャウ・ア・ブラスは、バカリャウ(塩漬けの干しだら)とじゃがいもの卵とじのことで、ポルトガルのお料理として知られていますが、ブラジルでもごく日常的に食べられる家庭料理だそうです。
バカリャウ独特な風味が、卵、じゃがいもという素朴な食材を、グッと引き立てます。
こちらも好評でした。


f0107364_8474259.jpg

残念ながら、日本はグループリーグでの敗退となりましたが、これからが本格的なワールドカップ!
上記画像のビールは、観戦シーンを盛り上げてくれますよ。
こちらで購入可能です。
どなた様も、楽しまれて下さいね。
by mt_sophia | 2014-06-26 08:56 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

5月のレッスン

f0107364_155398.jpg

<今月のメニュー>
◆ルッコラとマッシュルームのサラダ 
◆エッグ・フラメンカ
◆バジル風味のシーフードリゾット
◆白ワイン2種

過ごしやすいお天気が続いた5月。
レッスンのメニューも、初夏をイメージして作りました。

エッグ・フラメンカとは、ラタトゥユのようなものの上に、卵を割り入れ、オーブンで焼いた一品。
手でちぎり、ひらひらと散らした生ハム(ハモン・イベリコ)が、フラメンコのドレスの裾をイメージさせるから、「フラメンコ風」と名付けられたという説があります。
良い感じに火が通った卵を崩し、お野菜と絡めながらいただきます。
お野菜は、ズッキーニ、アスパラガス、なす、いんげんなどなど、夏野菜たっぷりで作りました。

リゾットは、バジルの風味で、見た目、味わいともに、清涼感溢れる一品。
さっぱりしているのに、魚介のコクや旨味を感じられ、皆様にも好評でした。

(適当な画像がないので、前の記事に上記追加しました)

今月のレッスンでは、リゾットを作っています。
これまで、リゾットの時は、いつもイタリア産のカルナローリ(イタリア米)を使っていましたが、今回は、この日本産のカルナローリが、とっても良さそうなので、初めてレッスンに取り入れてみることにしました。
竹本さんとおっしゃる方が、石川県の能美市で作っているお米です。
石川県といえば、加賀百万石の米どころ、そこで生まれたつやつやのイタリア米です。

竹本さんによると、日本にも4、5カ所このカルナローリを作っている農場があるとのことですが、なかなか公には流通していない模様。
こちらのカルナローリは、楽天などでも販売しています。
興味のある方は、ぜひお取り寄せしてみて下さいね。

今回、私は少し多めに取り寄せたので、レッスンにいらして下さる方には、ご希望でしたら、お分けいたします。
ふっくらもちもちのアルデンテ感は、カルナローリならではです。
by mt_sophia | 2014-05-31 16:04 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

4月のレッスン

f0107364_15111662.jpg

<今月のメニュー>
 ・アーティチョーク、トマト、フェタチーズのサラダ
 ・ほうれん草のアランチーニ
 ・塩豚とフランス産そら豆のプレゼ
 ・スパークリングワイン(シャンドン・ロゼ)
 ・赤ワイン

新しい季節を迎えました。
私のお教室では、特に1年を〇月~〇月までというようには区切っていないつもりなのですが、やはりなんとなく、4月を迎えるたびに、「また1年がんばろう」と、気持ちが引き締まります。
4月に反応してしまうのは、日本人に流れるDNAでしょうね。

さて、アランチーニは、いわゆるイタリア版のライスコロッケ。
今回は、お米をほうれん草と共に炊き込んだもので作りました。
普段、ほうれん草の香りってあんまり意識しないですが、こうすると、ほうれん草って、こんなに香りのあるお野菜なんだと、改めて気づかされます。
揚げ物ですが、意外とさっぱりした印象。
今回は、少し大きめに、俵型に作りました。
(ダチョウの卵と化していた方もいらっしゃいましたが…笑)

メインの塩豚は、今回は、脱水シートを使用しての作り方をご紹介。
こうするとググッと旨味が増し、肉質もしっとり、コクが出ます。
フランス産そら豆は、輸入の冷凍ものを使いましたが、小ぶり(枝豆より少し大きい程度)で、皮も柔らかく、甘くて美味しい!
皆様にたっぷりと召し上がっていただきました。
豚肉、塩、そしてお野菜の3つだけで、あっと驚く味わい深さ!
素材の持つ力の大きさを、しみじみと感じられる一品です。


f0107364_15284432.jpg

今月は、新たな季節の始まりを祝し、ロゼのスパークリングで乾杯。
クロスもピンク、ナプキンもピンク、エプロンもピンクの方がいらして、春爛漫なひとコマでした。
by mt_sophia | 2014-04-30 15:40 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

3月のレッスン

f0107364_11203791.jpg

<今月のメニュー>
 ・ほたるいかとフルーツトマトのブルスケッタ
 ・はまぐりとかぶと菜の花のスープパスタ
 ・かじきまぐろのサルティンボッカ
 ・ワイン

北海道に行っている間に、東京はすっかり春模様。
あっという間に桜が見頃を迎えました。
レッスンにも、春らしい食材が続々と登場です。

震災以降、毎年3月は、色々な思いを込めて、メニューを考えています。
今年も無事、皆様と一緒に、ほたるいかの軟骨と目玉取りが出来たことに、心から感謝。
by mt_sophia | 2014-03-31 11:20 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

2月のレッスン

f0107364_1913296.jpg

<今月のメニュー>
 ・じゃがいものドフィーネ風グラタン
 ・芽キャベツのフリット
 ・トリッパとレンズ豆のパッケリ
 ・赤ワイン2種

二度も大雪があったり、インフルエンザが流行ったり、個人的にはスキー旅行に行ったりで、何だか慌ただしかった2月。
レッスンの方も、数名の方が、雪の影響でお休みとなりましたが、振替もスムーズに行き、無事全てのクラスを終了いたしました。
雪で被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

今月は、じゃがいも、芽キャベツと、素材はシンプルながら、ちょっとした手間で美味しくいただけるメニューを2種。
そしてメインは、トリッパ(ハチノス)を使ったパスタにしました。
パッケリというのは、ホースをぶつ切りにしたようなショートパスタで、パスタというよりは、それも具の一部といったイメージでいただける一品です。
皆様、美味しく召し上がって下さったようで、良かったです。

来月も、よろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2014-02-27 19:34 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)