カテゴリ:クラス(お料理)( 166 )

4月のレッスン

f0107364_22563735.jpg

<今月のメニュー>
 ・イタリアンサラミとグリーンオリーブ
 ・ファルファッレ グリーンアスパラガスのソース
 ・牛肉のタリアータ
 ・リコッタチーズ
 ・ミックスベリーのコンフィチュール
 ・赤ワイン2種

先月は、鰯をおろすところから始まり、刻んだり、すりおろしたり、裏漉ししたりと、細かい作業のメニューが多く、かなりハードなレッスンだったため、今月はちょっとゆったり過ごせるように、あまり手間のかからないメニューをご用意しました。
レシピは4枚でしたので、いつもより多いのですが、どれも簡単に作れるものばかりです。

ファルファッレは、リボンの形をしたショートパスタ。
今が旬のアスパラガスをベースにしたソースと合えて、そら豆とグリーンピースを加えました。
アスパラガスの甘味と苦味が、クリームと良く合って、女性好みの優しいお味のパスタです。

牛肉のタリアータは、イタリアの定番お肉料理。
シンプルですが、牛肉の美味しさを実感できる一品です。
厚さ1.5センチの大判もも肉を、皆様にがっつり食していただきました。
やはり牛肉には、赤ワインが良く合いますね。

リコッタチーズには、コンフィチュール(ジャム)を添えて、デザートとしていただきました。
どちらも、自宅で簡単に作れます。
(画像は、コンフィチュールに使ったミックスベリーです)
コンフィチュールを作ると、おうちの中が甘い香りに包まれ、何となく心も安らぎます。
おかげでこの数週間、我が家はとても平和な雰囲気でした。(笑)

レッスンで作ったのは以上の4品ですが、どれも本当に簡単なので、あっという間に準備完了。
今月は、皆様、ゆっくりとおしゃべりを楽しみながら、召し上がっていただけたことと思います。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
また来月をお楽しみに!
by mt_sophia | 2007-04-25 21:14 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

3月のレッスン

f0107364_22562352.jpg

<今月のメニュー>
 ・春のカクテル
 ・ミモザサラダ
 ・春キャベツとボッタルガのパスタ
 ・ベッカフィーコ
 ・白ワイン2種
 ・チーズ(ゴルゴンゾーラ)

桜も咲き始め、いよいよ春本番ですね~。
今月は、メニューもテーブルセッティングも、春らしい彩りでまとめてみました。


f0107364_1434397.jpg


今月使用したこのディナーセットは、私がちょうど10年前の今頃、(一応新婚旅行ってことで)イタリアを旅した時に、現地で購入した想い出のもの。
10年前は私も初々しい新妻だったようで(笑)、ずいぶんと甘いテイストのお皿を選んだものです。
さすがに今はもう、(甘すぎて)普段の食卓に登場することはほとんどないのですが、春らしい色合いなので、毎年この季節だけレッスンに使っています。

この旅行の時は、シチリア島まで足を伸ばしたのですが、早春のシチリアには、至るところに黄色のミモザが咲き乱れ、青い空とのコントラストが、とても印象的でした。
そんな遠き良き想い出と重ね合わせながら、今月は、極めて私的な「春とシチリア」をイメージして、メニューを選んでみました。

ミモザサラダは、その名の通り、春の訪れを告げる可憐なミモザの花を模した彩り豊かなサラダです。
緑の葉野菜の他、新にんじん、新たまねぎ、アスパラなど、春のお野菜をたっぷり使いました。
春爛漫なこのサラダは、食卓を一層華やかに演出してくれます。

パスタに使ったキャベツも、今の季節が旬。
この柔らかさと甘味は、春キャベツならではの味わいです。

ベッカフィーコは、シチリア島の郷土料理、そしてボッタルガも、シチリアでよく使われる食材です。(レッスンで使用したボッタルガは、サルディーニャ島産でしたが)
青魚と魚卵、どちらも個性的な食材なので、皆様の反応がやや心配だったのですが、どうやらそれは要らぬお世話だったようで、結局苦手だったのは私だけ。(苦笑)
むしろ「青魚大好き~魚卵大好き~」という方のほうが多く、改めて自分の好き嫌いの多さを再認識し、反省した次第です。

ワインは、今月は白ワインを2種。
お料理に合わせて、シチリアのカタラット、そしてサルディーニャのヴェルメンティーノを選んでみました。
どちらも魚介に良く合う、さっぱりとした飲みやすい白ワインでした。

また、今月は、春の訪れをお祝いすべく、カクテルの「ミモザ」もご用意しました。
しぼりたてのフレッシュなオレンジは香りがとても爽やかで、淡いオレンジ色とはじける泡が、テーブルに春の彩りを添えてくれました。

やはり春は春らしく、うきうきするようなテーブルにしたいものですね。
皆様もぜひ、彩り豊かな春のメニューで、新しい季節をお迎え下さいませ。



さて、お教室リニューアルから、今月でちょうど季節が一巡りしました。
(こう見えても)色々あったこの1年でしたが、皆様のおかげで、無事乗り切れたように思います。
今後も一層充実したお教室を目指してがんばりますので、皆様、また来月からもよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2007-03-28 18:53 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(6)

2月のレッスン

f0107364_12495032.jpg

<今月のメニュー>
 ・茹で野菜のサラダ
 ・トレビスとスカモルツァ・アフミカータのリゾット
 ・チキンのコンフィ
 ・赤ワイン
 ・チーズ(ピエタングロワ)

2月とは思えないくらい暖かい日々が続きましたね~。
昼間のクラスでは、クーラーを入れる日もあったほど!
本来であれば、2月といえば、まだまだ寒い冬向けのアツアツ料理を考える頃ですが、こう暖かくてはどうにもそんな気分にならないので、今月は少し春の食材も取り入れてメニューを作ってみました。

茹で野菜のサラダは、そら豆、スナックえんどう、いんげん、菜の花、ブロッコリーなどなど、春を感じる緑のお野菜他、10数種類使ったヘルシーな一品。
トスカーナとリグーリア、2種類の全く性格の違うオリーブオイルと共にいただきました。

リゾットは、トレビスとスカモルツァという2つの個性的な食材が、見事にマッチングしたイタリアンの定番メニュー。
トレビスの苦味と、スカモルツァのスモーキーな旨味が、クセになるお味です。

チキンのコンフィは、私のスペシャリテ。
焼くでもなく、揚げるでもなく、茹でるでもないこの「コンフィ」のしっとり感は、他の調理法では決して味わえない独特な美味しさです。
シンプルにマスタードだけでいただきますが、チキン本来の旨味を味わえて、皆さんにも好評でした。

お料理に合わせて選んだのは、南仏の赤ワイン。
今月は同じワインを2本ずつ用意し、時間差で開けたものを同時にテイスティングしてみました。
同じワインでも、開けて時間が経ち、空気に触れさせたものと、今開けたばかりのものでは、香りの立ち方や味わいの広がりが、全然違います。
おうちにお客様をお呼びする時などに、ワインを開けるタイミングの参考にしていただければと思います。

さて、来月には更に季節も進み、桜の便りも聞かれる頃となっていることでしょう。
レッスンも、春満載の食卓をお届けしたいと思います。
お楽しみに!

*画像は、近所で見かけた白梅。天に向かって真っ直ぐ咲く梅には、桜にはない「強さ」を感じます。
by mt_sophia | 2007-02-28 13:36 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

1月のレッスン

f0107364_20533825.jpg

<今月のメニュー>
 ・ブランダード
 ・いかすみのパスタ
 ・ポークスペアリブと白菜のマスタード煮込み
 ・白ワイン2種
 ・チーズ(ブルサン・ドライフルーツ)

年始の旅行ですっかりアジアぼけになっておりましたこの私めでありましたが、何とかレシピも作り上げ、無事、今年最初のレッスンを終了いたしました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

今月は、前々からリクエストが多かったいかすみのパスタを、メニューに取り入れました。
それに合わせてワインは白にしましたので、前菜、メインも、白ワインに合うものを選んでみました。
冬に、暖かいお部屋で飲む冷えた白ワインも、なかなか美味しいです。
ブルサンは、今の季節だけ限定販売の「ドライフルーツ」。
いちじく、レーズン、ナッツ類などが入っていて、こちらも白ワインによく合いました。

今月使用した食材は、どこででも簡単に手に入るものばかりですから、どなたにも手軽に作れるメニューだと思います。
ぜひおうちでも、復習してみてください。

残念ながら、数名お休みの方もいらっしゃいましたが(重なる時は重なるみたいで、不思議と今月は多かった)、また来月、元気な皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。
by mt_sophia | 2007-01-27 20:53 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

全日程終了しました

f0107364_12522786.jpg

今年から、新しい試みとして始めたワインクラス。
お料理のクラスでも、毎回2種類のワインをテイスティングするのですが、「もっとワインを掘り下げてお勉強したい」という方々のリクエストにお応えして、毎月1回、ワインだけのクラスを開催することにしたものです。
「ワインを知るには、とにかく数多く飲むこと」、これが私の持論。
ご参加の皆様には、毎回、私がセレクトしたワインを、ひたすら飲み倒して、ゆっくりじっくり味わっていただき、ワインの魅力を様々な角度から楽しんでいただいています。


f0107364_186665.jpg

で、今日は今年最後のワインクラス。
早いもので、今日が7回目となりました。
過去6回でも相当素晴らしいワインを開けて参りましたけど、今日は今年のファイナルを飾るべく、Ch.ムートン・ロートシルトをヴィンテージ違い(1987年と1997年)で2本飲み比べるという大変贅沢な企画。
その他、ムートンのセカンドであるプティ・ムートン・ロートシルト1997年、ムートンの末裔が作っているというテーブルワインのムートン・カデ(これはおまけ)、ブルゴーニュのジュヴレ・シャンベルタン・プリュミエ・クリュ、マルゴー3級のCh.ディッサンなどなど、どれも評価の高い、素晴らしいワインたち(除:ムートン・カデ)を、心ゆくまで楽しみました。

同じ銘柄のワインでも、10年という月日を経るとどう変化するのか、そしてムートンになれなかったプティ・ムートンと、ムートンの違いは本当にあるのか、そしてあるとすれば、それは一体どういうところなのか、自らの五感で、充分に確認できたと思います。
これらのワインを一度に飲み比べられることも人生でそうないでしょうから、今日は本当に興味深いラインナップを楽しむことが出来ました。
「ワインは生き物」ということを、まさに実感した夜でしたね。



f0107364_19114673.jpgf0107364_19115880.jpg


ワインクラスでは、原則としてお食事はご用意しないのですが(簡単なオードヴル程度)、今日はクリスマスということもあり、「ムートン」に合わせて、ラムのローストを焼きました。
ニュージーランド産の生ラムを、2日前からマリネしておいたもので、臭みも全くなく、とっても柔らかくて美味しいラムでした。
(本当は夫が担当だったのに、すっかりワインに夢中で、結局私が焼きました)
やはり、ラムには赤ワインが良く合います。

今日は、差し入れでいただいたアンリオ・ブラン(シャンパーニュ)で乾杯、その後ムートン2本を含む赤ワイン6本を飲み、最後はソーテルヌ。
ワイン元年を締めくくるにふさわしい素晴らしい夜となりました。
強靭な肝臓と、ワインを愛する感性を与えて下さった神様に、皆で感謝いたしましょう。(笑)


f0107364_19574089.jpg


さてさて、今年のDinette Sophiaは、本日のワインクラスを持って、全日程を無事終了いたしました。
お料理クラス、ワインクラス、それぞれ皆様、いかがでしたでしょうか?

今年も多くの方々との新しい出会いがあり、私にとっても大変刺激的な1年となりました。
ご参加下さった皆様、どうもありがとうございました。
ワインクラスは、単発でのご参加、またご家族やご友人の方々との参加もwelcomeですので、ご興味のある方は、いつでもお気軽にお出かけ下さいませ。

来年もまたよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2006-12-23 22:50 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

12月のレッスン

f0107364_1361939.jpg


<今月のメニュー>
 ・パテ・ド・カンパーニュ
 ・ポロねぎとオルゾのスープ
 ・6種のイタリア風串揚げ
 ・チョコフォンデュ
 ・シャンパン
 ・赤ワイン
 ・チーズ(ウォッシュ)

さてさて、今年最後のレッスンが、無事終了いたしました。
12月は、毎年恒例のクリスマスレッスン。
シャンパンで乾杯し、いつもより少し華やかなレッスンとなります。

今年のクリスマスは、テーブルに赤を一切使わず、ブルー系とゴールド系を中心に、シックな色合いでまとめてみました。
クロスは、タイのジム・トンプソンで購入したもので、クリーム色の生地に、ゴールドの葉柄が刺繍してあります。

プレート類は、ウェッジウッドの「サムライ」。
名前の通り、洋食器ながら、和のテイストも感じられるユニークな柄のシリーズで、テーブルのお花も、この「サムライ」に合わせて、菊(アナスタシア)を入れて作っていただきました。
「串揚げ」は、イタリアの食材を使い、イタリア風にアレンジしていますが、もともとは日本のものですから、このあたりの「和洋折衷感」も意識してみたというわけです。


f0107364_14163285.jpg


おかげさまで、今月のメニューはどれも好評だったのですが、やはり人気はパテ・ド・カンパーニュ。
全くの私のオリジナルレシピですが、見た目のわりには作り方は簡単で(大得意)、「こんなの自分で作れるなんて~」と、皆さんに喜んでいただきました。
前もって作り置きも出来ますし、クリスマスからお正月にかけて、きっと大活躍のメニューとなることでしょう。
(それとやっぱり、皆さんのお目がひときわ輝いたのは、チョコフォンデュでした。笑)


f0107364_14143771.jpg


今月はシャンパン(今年はパイパー・エドシック)を用意しましたので、あともう1本は赤ワインをブライドテイスティング。
今年のレッスンでお出ししたものの中から1本同じものを用意しましたので、つまりほとんどの皆様が一度は飲んでいる銘柄なわけですが、何を飲んだかなんて覚えている方はほとんどいらっしゃらず(笑)、「ん~?カリフォルニア~?」(レッスンではお出ししてないし…)、「ん~?リースリング?」(それ白ワインだし…)などなど、とんちんかんな問答が飛び交って、なかなか面白かったです。
(しかし!1名の方が、見事ずばりご正解!これは大変素晴らしいので、同じ銘柄のワインをプレゼントさせていただきました)

そんなこんなで、今年も大変楽しいクリスマスレッスンとなりました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
ぜひレッスンの成果を生かして、皆様素敵なクリスマスをお過ごし下さい。



f0107364_13351526.jpg

*参考までに、こちらは、昨年のクリスマス。
赤を中心に、ベタベタにベタなクリスマスのコーディネートでした。
これはまたこれで、ウキウキするような楽しいテーブルですね。
by mt_sophia | 2006-12-19 20:25 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

f0107364_23264923.jpg

先日、お教室のクリスマスランチョンパーティが行われました。
毎年恒例のこのパーティ、お店はいつも中華と決まっていて、今年の会場はこちら
ご妙齢の美女ばかり(笑)22名が3テーブルに分かれ、おしゃべりに花を咲かせながら、美味しいお料理を楽しみました。


f0107364_2302653.jpgf0107364_2303888.jpg



*食べるのとおしゃべりに夢中で、画像はほとんど撮っていないのですが、何枚かありましたので、備忘のためUPしておきます。

f0107364_10475631.jpg

乾杯は、ヴーヴ・クリコのローズラベル。
麗しい美女ばかりのランチにふさわしい、美しいロゼのシャンパンです。
(これが飲んでみると、見た目のSweetなイメージとは裏腹に、意外と辛口で、シャープな酸味もしっかりとあり、これもまたご参加の美女の皆様のイメージにぴったりで…笑)



f0107364_10481010.jpg

点心のうちのひとつ、カレー風味の鶏肉のパイ包み。
以前いただいて、大変美味しかったので、今回もメニューに入れていただきました。
この他、えび餃子、揚げ湯葉、サービスで出していただいた叉焼饅頭などなど、点心各種、どれもとても美味しかったです。



f0107364_1048275.jpg

こちらは、青菜の上海蟹味噌あんかけ。
旨味たっぷりの蟹味噌と、青菜の心地良い苦味がベストマッチでした。
付け合せのどんな小さなお野菜でも、完璧な火の通し具合で出してくるのは、さすが福臨門です。



f0107364_10484583.jpg

金華ハムと干し貝柱の炒飯。
パラパラの炒飯は、あっさりとしていて、いくらでも食べられそうでした。
お料理はこの他、私の大好きなふかひれ餃子入りスープ、北京ダックなど。



今回は、点心を取り混ぜたランチコースを特別にアレンジしていただき、前菜からデザートまで、全10品。
どれも本当に上品なお味で、大変美味しかったのはもちろんのこと、量も女性ばかりのランチに適切なボリュームで、最後まで美味しくいただけたのは、とても良かったです。

お料理のタイミング、サービスも素晴らしく、「お昼のご宴席は2部制です」などとけち臭いことも言わないあたりも、さすが天下の福臨門。

スピーチあり、抽選会あり、写真撮影あり、あっという間の4時間でした。
ご参加の皆様、楽しいひと時をありがとうございました。
by mt_sophia | 2006-12-11 14:03 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(7)

11月のレッスン

f0107364_23403095.jpg

<今月のメニュー>
 ・ベビーリーフのサラダ
 ・ポークのリエット
 ・きのことチョリソのフリッタータ
 ・真鱈のトマトクリームソース煮込み
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(カプリス・デ・デュー)

9月がサーモン、10月がビーフと来たので、今月のメインはお魚料理。
冬のお魚といえば、「魚に雪」と書く「鱈」がこれから旬を迎えますので、今月はその「鱈」を使って、トマトクリームソースの煮込みにしてみました。
日本人にとって、鱈は、「お鍋料理」の定番ですが、このように洋風の煮込みに使っても、プリプリで味があり、とても美味しいです。
今の季節、どこでも簡単に手に入る食材ですから、ぜひ皆様おうちで復習してみて下さい。

ポークのリエットは、自分でいうのもナンですけど、過去に色々な方に食べていただき、非常に好評だった一品。
リクエストも多かったのですが、全くのオリジナルレシピのため、なかなかご紹介できずにいたのですが、先日美食家のフランス人のお友達に食べていただいたところ、「トレボン!」とのお墨付きをいただいたので、今回晴れてお教室デビューとなりました。
市販のリエットに比べると、私のレシピは、ラード(脂)が少なく、さっぱりしています。

フリッタータは、3年に一度必ず登場する定番メニュー。
10個分の卵を、小さなフライパンで、丸く分厚く焼き上げていきます。
今年は、きのことイベリコ豚のチョリソを使い、たっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノを加えて作りました。

ワインは、先月に続き、イタリアの赤ワイン2種類。
チーズは、楕円形のパッケージと天使の絵柄が印象的な、カプリス・デ・デューでした。
また、各クラス1個ずつ、カマンベールでウォッシュチーズを作りました。

さて、来月は、いよいよ今年最後のレッスンとなります。
毎年12月は、クリスマス仕様のテーブルセッティング。
シャンパンで乾杯し、いつもより少し華やかなレッスンとなります。
皆様お楽しみに!


f0107364_028375.jpg


*画像は、今月始めに訪れた八甲田。今はもう、すっかり雪景色でしょうか。
 
by mt_sophia | 2006-11-22 22:32 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

10月のレッスン

f0107364_1254529.jpg

<今月のメニュー>
 ・バーニャカウダ
 ・ポルチーニのリゾット
 ・ボローニャ風カツレツ
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(フォンティーナ)

秋も深まり、まさに「食欲の秋」真っ盛り。
今月は、ベタベタなイタリアンメニューにしてみました。

バーニャカウダは、以前一度やったことがあったのですが、スタイルを変えて再登場。
アンチョビとにんにくの良い香りが、食欲をそそります。
彩りも楽しめるし、お野菜もたっぷり取れるのが嬉しい一品。

セコンドは、イタリアンの秋の味覚の代表ポルチーニのリゾットです。
他のきのこは加えず、ポルチーニだけを使ってみました。
香りも良く、良いお出汁の出るドライポルチーニは、手軽に使えてとっても便利。
パルミジャーノ・レッジャーノはあえて使わず、ポルチーニの香りを存分に楽しんでいただきました。

メインのカツレツは、トマト、生ハム、モッツアレラチーズをふんだんに使ったイタリアらしい一品。
相当ボリュームたっぷりでしたが、ひとりとして残された方はいらっしゃらず、皆さん完食。
さすが食いしん坊ぞろいだなと、ひそかに感心しておりました。

お料理に合わせて、ワインは、イタリアワインを2種類。
チーズもイタリア産と、今月はイタリアン一色のレッスンとなりました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

f0107364_13155526.jpg


今年のお手製ジャック・オ・ランタン。
ちょっと笑いすぎ?

風邪が流行っているようですので、皆様くれぐれもお気をつけ下さいね。
by mt_sophia | 2006-10-27 20:53 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

9月のレッスン

f0107364_1711984.jpg


<今月のメニュー>
 ・イタリア産コールドミートの盛り合わせ
 ・栗とさつまいものクリームスープ
 ・にんじんのサラダ
 ・サーモンとほたての軽い燻製
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(クータンセ)

「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったもので、朝晩すっかり涼しくなりました。
画像は、今日の東京タワー。
深みのある青い空はどこまでも高く、本格的な秋の訪れを感じます。

お教室でも、今月は、栗、さつまいも、サーモンと、秋の食材をご用意しました。
今月は、珍しく第1週目にレッスンがあったのですが、1週目と3週目だと、スーパーの品揃えもガラリと変わります。
特に栗は、1週目はまだ置いていないお店もあったりしたのですが、3週目だとどこでも置いているようになり、価格も安定し、栗ご飯用のむき栗、甘露煮など、数種類を見かけるようになりました。
こういうところからも、季節の移り変わりを実感します。

生の栗とさつまいもから作るスープは、ほんのりと自然の甘みが漂い、ホッとする味わいです。
秋には秋の食材を、体は喜ぶのかも知れませんね。
燻製は、皆さん自宅のキッチンで出来ることに驚かれていましたが、チップとフライパンと網さえあれば、どなたでも簡単に出来るんです。
ぜひおうちでも挑戦してみて下さい。

ワインも、季節に合わせて、今月から赤ワイン。
ローヌのスパイシーな赤ワインが、スモークしたサーモンとほたてによく合いました。
チーズは、クリーミーな「クータンセ」。
こういうリッチな味わいのものが、これからの季節は美味しくなります。

さて、あと1週間で早くも10月。
いよいよ食いしん坊シーズンの到来です。
皆様くれぐれもお体を大切に、体調万全で「食欲の秋」を満喫しましょう!
また来月もよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2006-09-23 15:15 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)