カテゴリ:クラス(お料理)( 160 )

f0107364_23264923.jpg

先日、お教室のクリスマスランチョンパーティが行われました。
毎年恒例のこのパーティ、お店はいつも中華と決まっていて、今年の会場はこちら
ご妙齢の美女ばかり(笑)22名が3テーブルに分かれ、おしゃべりに花を咲かせながら、美味しいお料理を楽しみました。


f0107364_2302653.jpgf0107364_2303888.jpg



*食べるのとおしゃべりに夢中で、画像はほとんど撮っていないのですが、何枚かありましたので、備忘のためUPしておきます。

f0107364_10475631.jpg

乾杯は、ヴーヴ・クリコのローズラベル。
麗しい美女ばかりのランチにふさわしい、美しいロゼのシャンパンです。
(これが飲んでみると、見た目のSweetなイメージとは裏腹に、意外と辛口で、シャープな酸味もしっかりとあり、これもまたご参加の美女の皆様のイメージにぴったりで…笑)



f0107364_10481010.jpg

点心のうちのひとつ、カレー風味の鶏肉のパイ包み。
以前いただいて、大変美味しかったので、今回もメニューに入れていただきました。
この他、えび餃子、揚げ湯葉、サービスで出していただいた叉焼饅頭などなど、点心各種、どれもとても美味しかったです。



f0107364_1048275.jpg

こちらは、青菜の上海蟹味噌あんかけ。
旨味たっぷりの蟹味噌と、青菜の心地良い苦味がベストマッチでした。
付け合せのどんな小さなお野菜でも、完璧な火の通し具合で出してくるのは、さすが福臨門です。



f0107364_10484583.jpg

金華ハムと干し貝柱の炒飯。
パラパラの炒飯は、あっさりとしていて、いくらでも食べられそうでした。
お料理はこの他、私の大好きなふかひれ餃子入りスープ、北京ダックなど。



今回は、点心を取り混ぜたランチコースを特別にアレンジしていただき、前菜からデザートまで、全10品。
どれも本当に上品なお味で、大変美味しかったのはもちろんのこと、量も女性ばかりのランチに適切なボリュームで、最後まで美味しくいただけたのは、とても良かったです。

お料理のタイミング、サービスも素晴らしく、「お昼のご宴席は2部制です」などとけち臭いことも言わないあたりも、さすが天下の福臨門。

スピーチあり、抽選会あり、写真撮影あり、あっという間の4時間でした。
ご参加の皆様、楽しいひと時をありがとうございました。
by mt_sophia | 2006-12-11 14:03 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(7)

11月のレッスン

f0107364_23403095.jpg

<今月のメニュー>
 ・ベビーリーフのサラダ
 ・ポークのリエット
 ・きのことチョリソのフリッタータ
 ・真鱈のトマトクリームソース煮込み
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(カプリス・デ・デュー)

9月がサーモン、10月がビーフと来たので、今月のメインはお魚料理。
冬のお魚といえば、「魚に雪」と書く「鱈」がこれから旬を迎えますので、今月はその「鱈」を使って、トマトクリームソースの煮込みにしてみました。
日本人にとって、鱈は、「お鍋料理」の定番ですが、このように洋風の煮込みに使っても、プリプリで味があり、とても美味しいです。
今の季節、どこでも簡単に手に入る食材ですから、ぜひ皆様おうちで復習してみて下さい。

ポークのリエットは、自分でいうのもナンですけど、過去に色々な方に食べていただき、非常に好評だった一品。
リクエストも多かったのですが、全くのオリジナルレシピのため、なかなかご紹介できずにいたのですが、先日美食家のフランス人のお友達に食べていただいたところ、「トレボン!」とのお墨付きをいただいたので、今回晴れてお教室デビューとなりました。
市販のリエットに比べると、私のレシピは、ラード(脂)が少なく、さっぱりしています。

フリッタータは、3年に一度必ず登場する定番メニュー。
10個分の卵を、小さなフライパンで、丸く分厚く焼き上げていきます。
今年は、きのことイベリコ豚のチョリソを使い、たっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノを加えて作りました。

ワインは、先月に続き、イタリアの赤ワイン2種類。
チーズは、楕円形のパッケージと天使の絵柄が印象的な、カプリス・デ・デューでした。
また、各クラス1個ずつ、カマンベールでウォッシュチーズを作りました。

さて、来月は、いよいよ今年最後のレッスンとなります。
毎年12月は、クリスマス仕様のテーブルセッティング。
シャンパンで乾杯し、いつもより少し華やかなレッスンとなります。
皆様お楽しみに!


f0107364_028375.jpg


*画像は、今月始めに訪れた八甲田。今はもう、すっかり雪景色でしょうか。
 
by mt_sophia | 2006-11-22 22:32 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

10月のレッスン

f0107364_1254529.jpg

<今月のメニュー>
 ・バーニャカウダ
 ・ポルチーニのリゾット
 ・ボローニャ風カツレツ
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(フォンティーナ)

秋も深まり、まさに「食欲の秋」真っ盛り。
今月は、ベタベタなイタリアンメニューにしてみました。

バーニャカウダは、以前一度やったことがあったのですが、スタイルを変えて再登場。
アンチョビとにんにくの良い香りが、食欲をそそります。
彩りも楽しめるし、お野菜もたっぷり取れるのが嬉しい一品。

セコンドは、イタリアンの秋の味覚の代表ポルチーニのリゾットです。
他のきのこは加えず、ポルチーニだけを使ってみました。
香りも良く、良いお出汁の出るドライポルチーニは、手軽に使えてとっても便利。
パルミジャーノ・レッジャーノはあえて使わず、ポルチーニの香りを存分に楽しんでいただきました。

メインのカツレツは、トマト、生ハム、モッツアレラチーズをふんだんに使ったイタリアらしい一品。
相当ボリュームたっぷりでしたが、ひとりとして残された方はいらっしゃらず、皆さん完食。
さすが食いしん坊ぞろいだなと、ひそかに感心しておりました。

お料理に合わせて、ワインは、イタリアワインを2種類。
チーズもイタリア産と、今月はイタリアン一色のレッスンとなりました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

f0107364_13155526.jpg


今年のお手製ジャック・オ・ランタン。
ちょっと笑いすぎ?

風邪が流行っているようですので、皆様くれぐれもお気をつけ下さいね。
by mt_sophia | 2006-10-27 20:53 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

9月のレッスン

f0107364_1711984.jpg


<今月のメニュー>
 ・イタリア産コールドミートの盛り合わせ
 ・栗とさつまいものクリームスープ
 ・にんじんのサラダ
 ・サーモンとほたての軽い燻製
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(クータンセ)

「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったもので、朝晩すっかり涼しくなりました。
画像は、今日の東京タワー。
深みのある青い空はどこまでも高く、本格的な秋の訪れを感じます。

お教室でも、今月は、栗、さつまいも、サーモンと、秋の食材をご用意しました。
今月は、珍しく第1週目にレッスンがあったのですが、1週目と3週目だと、スーパーの品揃えもガラリと変わります。
特に栗は、1週目はまだ置いていないお店もあったりしたのですが、3週目だとどこでも置いているようになり、価格も安定し、栗ご飯用のむき栗、甘露煮など、数種類を見かけるようになりました。
こういうところからも、季節の移り変わりを実感します。

生の栗とさつまいもから作るスープは、ほんのりと自然の甘みが漂い、ホッとする味わいです。
秋には秋の食材を、体は喜ぶのかも知れませんね。
燻製は、皆さん自宅のキッチンで出来ることに驚かれていましたが、チップとフライパンと網さえあれば、どなたでも簡単に出来るんです。
ぜひおうちでも挑戦してみて下さい。

ワインも、季節に合わせて、今月から赤ワイン。
ローヌのスパイシーな赤ワインが、スモークしたサーモンとほたてによく合いました。
チーズは、クリーミーな「クータンセ」。
こういうリッチな味わいのものが、これからの季節は美味しくなります。

さて、あと1週間で早くも10月。
いよいよ食いしん坊シーズンの到来です。
皆様くれぐれもお体を大切に、体調万全で「食欲の秋」を満喫しましょう!
また来月もよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2006-09-23 15:15 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)
f0107364_0253523.jpg

毎夏恒例のエスニック特別クラスが、無事終了いたしました。
夏休みシーズンにもかかわらず、多くの方にご参加いただき、私にとっても、忙しくも楽しい1ヶ月となりました。

<今月のメニュー>
 ・サモサ
 ・タンドリチキン
 ・ほうれん草のカレー
 ・ジンジャーチャイ
 ・シードル

今年のテーマはインド。
インド料理の人気メニューを、家庭で簡単に作れるようにアレンジして、レシピを作ってみました。
皆さん、インド料理は、外で食べることはあっても、なかなかおうちで作ることはないようで、今月は、お腹も頭も、かなり刺激的だったのではとお察しいたします。

インド料理は、辛いという点ではタイ料理や韓国料理と同じですが、この複雑に混ざり合ったスパイスの味わいは、他には決してないもの。
今回、テーマを「インド」と決めてから、自分で色々調べたり、インド人の友人数名に色々と話を聞かせてもらったのですが、インド料理、そしてスパイスは、知れば知るほど奥深く、私にとっても、大変良いお勉強になりました。
また、インド料理というのは、インド人の宗教観やヒンドゥー文化が密接に関わっており、その関係性を紐解いて行くのも、なかなか面白い発見でした。

美味しいものに国境はありません。
そして、美味しいものとの出会いは、必ずや人生を豊かにしてくれると私は思います。
自分の作るお料理が、誰かを幸せな気持ちにしてあげていたら、これ以上素敵なことってないと思いませんか?
そこに、私のレシピが、少しでもお役に立っていたら、私にとってこれほど嬉しいことはありません。

最後になりましたが、今回のレシピ作りにあたり、(試食を含め)色々とご協力下さった方々、テーブルクロスを縫って下さったSさん、そしてご参加いただいた多くの皆様、ありがとうございました。
またこれからも、新しいお料理との素敵な出会いをお届けできるよう、更に精進いたします!
by mt_sophia | 2006-08-22 20:21 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

7月のレッスン

f0107364_18274835.jpg

<今月のメニュー>
 ・アランチーニ
 ・スモークサーモンとルッコラの冷製パスタ
 ・子羊と夏野菜の白ワイン煮込み
 ・白ワイン2種
 ・チーズ(ペコリーノ・ロマーノ)

冷製パスタは、毎年必ず一度はやることにしている夏の定番メニュー。
皆さんにはいつもご好評で、お教室でも人気のメニューです。
今年は、前菜のアランチーニ(ライスコロッケ)でお米を使っているので、冷製パスタは、お野菜を多くし、パスタというよりサラダというようなイメージにしてみました。
お皿までキンキンに冷やし、さっぱりといただくこのパスタは、暑い夏にぴったりの一品です。

ラムも、年に一度は必ずメニューに入れることにしているのですが、今回は、夏らしく白ワインで煮込みました。
適度に脂のある肩ロースを使いますが、丁寧に煮込むと臭みも抜け、柔らかくて美味しい煮込みが出来上がります。

ラムつながりで、今月のワインは、ニュージーランドのリースリングとソーヴィニオン・ブラン。
それぞれ個性的なワインで、同じ白ワインでも、これほどお味が違うのね~!と皆さんには新鮮な驚きがあったようです。
チーズも、ラムに合わせて、ペコリーノ・ロマーノを選んでみました。



合わせて、今月は、お教室恒例の納涼会も行われました。
会場がたまたま我が家の近くだったので、まずは我が家にお集まりいただき、シャンパンで軽く喉を潤してから、お店に移動。
艶やかな浴衣姿の方もいらして、賑々しい夏の夜となりました。
皆様、楽しいひと時をありがとうございました。

さて、来月は、通常のレッスンはお休みとなり、こちらも毎年8月恒例の「エスニックスペシャルクラス」を開催いたします。
今年のテーマは「インド」!
暑い夏、スパイスたっぷりのインド料理で英気を養い、夏バテを解消しましょう!
お友達、ご家族のご参加もOKですので、皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加下さいませ。
by mt_sophia | 2006-07-31 11:38 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

6月のレッスン

f0107364_22455843.jpg


サッカーで大いに盛り上がった2006年6月。
私も今月は、ワールドカップに合わせて、テーブルクロスはジャパンブルー、ナプキンはサッカー柄でコーディネートしてみました。
結果だけ見ると残念でしたけれど、日本列島をこれだけ沸かせ、多くの人々に夢と感動を与えてくれた日本代表の皆さんには、心から感謝とねぎらいの言葉を贈りたいですね。

<今月のメニュー>
 ・柔らかく煮たたこのサラダ
 ・ホワイトアスパラガスのスープ仕立て
 ・サルシッチャとブロッコリーのオレキエッテ
 ・白ワイン2種
 ・チーズ(ルクロン)

サルシッチャとは、イタリア語でソーセージ。
ホワイトアスパラ、ソーセージ共に、ドイツの名産ですので、一応ここでもワールドカップつながりなのです。

サルシッチャは、私の手作り
日本では、なかなか生のソーセージが手に入らないので、自分で作ってみました。
現物をご覧になった皆さん驚いていましたけれど、ご説明した通り、決して難しいものではないので、ぜひご自分でも作ってみて下さい。
もちろん、あの水鉄砲みたいなツールがなくても、製菓用の絞り袋で簡単に作れます。

ワインは、シャルドネとアリゴテの飲み比べ。
少々クセのあるアリゴテですが、ミネラル感がホワイトアスパラガスに良く合って、私は良かったと思います。
チーズはウォッシュタイプのルクロンでした。

今月は、トライアルで来て下さった方が多く、一段と賑やかな1ヶ月でした。
このご縁を大切に、今後とも「食べる、飲む、作る」を一緒に楽しめたら嬉しいです。
来て下さった方々、ありがとうございました。



f0107364_0383158.jpg

by mt_sophia | 2006-06-24 22:48 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

5月のレッスン

f0107364_14105072.jpg


<今月のメニュー>
 ・いんげんとカッテージチーズのサラダ
 ・パスタ アマトリチャーナ(基本のトマトソース)
 ・かじきまぐろのインヴォルティーニ
 ・白ワイン2種
 ・チーズ(ショーム)

風薫る5月であるはずが、雨も多く、なんともはっきりしないお天気が続きましたねえ。
カリフォルニアのあのどこまでも青い空が、非常に恋しく感じられました。

せめて食卓だけは爽やかに…と、今月は旬のいんげん、かじきまぐろを、共にレモンを使ってお料理してみました。
かじきまぐろは、私の得意な「手が込んでる風」の一品。(笑)
けれど実際はとっても簡単なので(何しろ私のレシピですから)、ぜひおうちでも作ってみてください。
トマトソースは、手をかければかけた分だけ美味しくなるので、こちらは時間のある時に、じっくりゆっくり丁寧に作りましょう。

ワインは、今月は白ワインを2種類テイスティング。
チーズは、フランス産のウォッシュタイプの「ショーム」でした。

画像は、サンフランシスコで買ってきたオーガニックのオリーブオイル。
ローストガーリックと、ブラッドオレンジのフレーバーで、バゲットにつけて食べるととっても美味しいのです。
お土産代わりに、と言えるほどのものではないですが、各クラス、少しずつ皆様に食べていただきました。
白ワインによく合います。
by mt_sophia | 2006-05-28 18:09 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

4月のレッスン

f0107364_14425750.jpg

3ヶ月ほどお休みしていたお料理教室を、今月から再開いたしました。
久しぶりのレッスンということで、初回のクラスではかなりバタバタものでしたが(おまけに突然ガスコンロが使えなくなってしまって卓上コンロで急遽代用したりで大汗)、次第に勘も戻り始め、本日何とか無事全てのクラスを終了いたしました。

<今月のメニュー>
 ・アヴォカドとこえびのオードヴル
 ・春野菜とアンチョビのパスタ
 ・ミラノ風仔牛のカツレツ ルッコラのサラダ添え
 ・赤ワイン2種
 ・チーズ(タレッジオ)

今月から、毎回のレッスンで、チーズを1種類、ワインを2種類テイスティングすることにいたしました。
ワインは、まずは基本中の基本ということで、赤ワインを2種類、ボルドーとブルゴーニュの飲み比べ。
チーズは、タレッジオでした。(一部のクラスの方はどうしても入手できずトムド・サヴォア)

それと、今月は、「Welcome back to Dinette Sophia!」ということで、各クラスへ、ナパのスパークリング(ロデレール・エステート)を、私から1本プレゼントさせていただきました。

***

皆さんが、こんなにも再開を楽しみにして下さっていたことに、秘かに心を熱くしていた私…。
久しぶりにお会いできた方、また今回初めてお会いできた方、お越しいただきありがとうございました。
このご縁を大切に、これからも一緒に楽しく、「美味しい時間」を共有していきましょう!
今後ともよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2006-04-22 20:05 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

ワイングラス

f0107364_1250596.jpg

4月から新しく始まるお料理のクラスでは、毎回基本的にワインを2種類テースティングすることにしました。
お教室に通って下さる方々は、皆さん酒豪ぞろいで、今までもレッスンが終わると、たいてい空き瓶が2、3本はゴロゴロしている状態。
ほとんど飲み放題のイタリア居酒屋と化していたわけなのですが、だったらただ飲むだけではなく、毎回テーマを持って軽く学びながら、皆で一緒にワインを楽しめたらなと思ったのでした。
皆さん、せっかく頑丈な肝臓と優秀な頭脳を授かって生まれてきたのですから、両方を使わないと損ですからね。
(もちろん、飲めない方も数名いらっしゃいますが、その方々も、たとえ飲めはしなくとも、ワインの香りや色、種類の違いなどの知識が増えることだけでも、大人の女性として、無駄なことではないと思います)

ということで、レッスンのテイスティング用に、今回まとめてワイングラスを購入しました。
リーデル社のオヴァチュアシリーズです。

リ、リ、リ、リーデル!!??

などと驚かれた方がいらっしゃるかも知れませんが、リーデルは、ソムリエ、ヴィノム、エクストリーム、オヴァチュアなど、材質や製造方法によってシリーズが分かれていて、お値段もピンきり。
ソムリエシリーズなどは、1客1万円以上しますけれど、オヴァチュアは、リーデルの中でも一番リーズナブルで、デイリーユース向きのシリーズです。
なので、心置きなくガシガシ使っていただいて全く構いませんので、ご安心下さい。

といっても、もちろんワインのことを知り尽くしている会社が開発したグラスですから、たとえ一番お安いシリーズであっても、そこらへんのグラスで飲むのとは、ワインの印象が全然違います。
使うグラスによってワインの味わいが変わってくるということも、ワインの面白さのひとつですので、おいおいレッスンでそこらへんもお勉強できたらなと思います。

ちなみに、我が家は、今の家に引っ越して来た時、記念にソムリエシリーズを何客か揃えたのですが、あまりに美しすぎて、いまだに使ったことはありません。
地震のたびにハラハラしているだけなので(笑)、いつかそのグラスにふさわしいワインを、ゆっくりじっくり飲みたいものです。


f0107364_1447851.jpg

by mt_sophia | 2006-04-05 17:45 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia