ブログトップ | ログイン

美味しいテーブル

りんごジャム 2014

f0107364_8475671.jpg

1ヶ月ほど前のことになりますが、今年も我が家にて、恒例のりんごジャム作りが行われました。
青森でりんご農園を営む友人が、我が家のためだけに1本だけ残して育ててくれている紅玉と、グラニュー糖のみで作る完全無添加の手作りジャムです。

今年は、天候に恵まれたようで、約30キロの紅玉が到着。
7名のボランティアの方がお手伝い下さり、わいわい、がやがやと、皆で楽しく作りました。


f0107364_850206.jpg

このジャム作りを始めた頃は、まだよちよち歩きだった我が家のジョンくんも、今ではいっちょまえの戦力となりつつあり、真剣な顔つきでりんご剥き器と格闘。
大人8名(+おまけ1名)が6時間びっちり働き、最終的には183瓶のジャムが完成しました!
過去最高記録です!

画像はないのですが、今年のまかないは、ルーロー飯。
差し入れもたくさんいただき、ビールやワインと共に、皆で美味しくいただきました。

ご協力下さった全ての皆様に、心から感謝申し上げます。
今年もありがとうございました。
by mt_sophia | 2014-11-14 09:08 | りんごジャム | Trackback | Comments(0)

りんごジャム 2013

f0107364_0325416.jpg

毎年この季節恒例、我が家のりんごジャム作り。
青森でりんご農園を営む友人が、我が家のためだけに育ててくれている紅玉に、グラニュー糖のみを加えて作る完全無添加の手作りジャムです。

今年は、猛暑だったり、台風だったりで、いつもより収穫数が少なかったらしく、約18キロの紅玉が到着。
5名のボランティアの方がお手伝い下さり、皆で楽しく作りました。


f0107364_0344966.jpg

昨年に続き、りんごの皮むき器という強力な助っ人が登場したので、あっという間にするするとりんごが剥けました。
ジョンくんも、張り切ってお手伝い。
あっという間に、段ボール一箱分のりんごが、まる裸に~。


f0107364_0365029.jpg

この後、小さくカットして、グラニュー糖と共に煮詰めます。
お水も加えず、りんごの水分のみ!
お砂糖は、市販のものに比べると、かなり少ない量で作っているので、甘さ控えめ、りんごの爽やかな酸味と、相性もばっちりです。


f0107364_0494611.jpg

今年のまかないは、タイ風グリーンカレーでした。
その他、オードブルやデザート、ドリンクも差し入れいただき、皆で美味しく頂戴しました。

お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。
毎年やっていることを、今年も出来るって、決して当たり前のことではありません。
心も体も健康であり、そして環境が極端に変化していないからこそ続けられること。
それがどれだけありがたいことか…
また来年も、皆で楽しくジャム作りが出来ますよう、心から願っています。
by mt_sophia | 2013-10-31 00:47 | りんごジャム | Trackback | Comments(2)

りんごジャム 2012

f0107364_7471641.jpg

毎年この季節恒例、我が家のりんごジャム作り。
青森でりんご農園を営む友人が、我が家のためだけに育ててくれている紅玉に、グラニュー糖のみを加えて作る完全無添加の手作りジャムです。

今年は、25キロの紅玉が到着。
9名のボランティアの方がお手伝い下さり、食べながら、飲みながら、皆で楽しく作りました。


f0107364_7501979.jpg

今年は、ご参加のsayuriさんが、強力な皮むき器を持ってきて下さったので、ジョンくんも張り切ってお手伝い。
たった数秒でするすると剥けちゃう優れもので、大活躍でした。
某ご主人様にまでお手伝いいただき、今年はちゃちゃっと終了~!

…のはずが、私の勘違いで、なんと届いた瓶のサイズが例年より小さく、80本を詰めたところで、瓶が足りなくなってしまいました。
ということで、本日瓶を追加注文し、あとは私が残り分を詰めます!


f0107364_7544830.jpg

今年のまかないは、ひき肉とひよこ豆のキーマカリーとサラダ。
ターメリックライスとナン(こちらは市販品)と共に召し上がっていただきました。
この他、差し入れのデリやスウィーツ、ビール、シャンパン、ワインなどなど、狭いテーブルを皆で囲んで、わいわいがやがやといただきました。
労働の後の1杯はうまい~!
(あ、いや、1杯では終わらないのですけどね…)

お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。
毎年やっていることを、今年も出来るって、決して当たり前のことではありません。
心も体も健康であるからこそ続けられることに、今年も感謝です。
また来年も、皆で楽しくジャム作りが出来ますよう、心から願っています。

そして
Special Thanks to Mr&Mrs SUGAR
甘~い甘~いお砂糖のご寄附、心より御礼申し上げます。
by mt_sophia | 2012-10-26 08:26 | りんごジャム | Trackback | Comments(0)

りんごジャム 2011

f0107364_20143975.jpg

毎年10月恒例、我が家のりんごジャム作り。
青森でりんご農園を営む友人が、我が家のためだけに育ててくれている紅玉に、お砂糖のみを加えて作る完全無添加の手作りジャムです。

といっても、今年は、昨年からの天候の影響で、最初から花が少なく、ジャムを作れるほどの収穫は見込めないという連絡を夏前にもらっていたので、ジャム作りは諦めておりました。
しかし、数日前に届いた段ボールには、それでも結構な量が入っており、とてもひとりではさばき切れないと、急遽ボランティアを募集。
5名の方が集まって下さり、昨年同様、ビール飲みながら、ワイワイがやがやと、ジャム作りを行いました。
(毎年りんご運びのお手伝いをしていたジョンくんは、今年は早寝のため不参加)


f0107364_20343229.jpg

昨年は、紅玉だけで約30キロあったので、紅玉のみで作りましたが、今年は、そこまでの量はなかったので、一緒に送ってもらった他種のりんご(トキ、早生ふじ)もミックスして作ることに。
それでも、昨年と比べると半分以下の量だったので、りんご剥きもあっという間に終了、大鍋2つを使って煮詰め、最終的に、200CCの瓶で50本が出来上がりました。
(昨年は114本でした)

ちょっと不思議だったのは、昨年と全く同じ作り方をしたのに、なぜか今年はジャムが赤くなりました。
りんごをミックスしたせい?
青森の友人にも聞いたのですが、彼にも原因はわからないとのこと。


f0107364_20505083.jpg

今年のまかない。
タコライスです。
毎年、簡単なものですみません。
(でも今月は、本当に毎日あれこれでバタバタで…涙)
でもこれ、好評でした。

ボランティアの皆様からも、各種差し入れをお持ちいただき、食後はスウィーツブッフェ状態でした。
ご協力下った皆様、ありがとうございました。
来年は、もっとたくさんのジャムが作れると良いですね。
またよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2011-10-23 21:04 | りんごジャム | Trackback | Comments(4)

りんごジャム 2010

f0107364_1043847.jpg

昨年に引き続き、今年も青森産の紅玉でジャム作り。
この紅玉、青森でりんご農園を営む友人が作っているもので、「フジ」がメインの彼の農園では、今はもう紅玉はこの1本のみなのだそう。
つまり我が家のためだけに、毎年この紅玉を育て、収穫し、送ってくれているというわけなのです。


f0107364_10515035.jpg

今年は、まかない目当て有志の皆様が6名も集まって下さり、ビール、シャンパン、ワインなどを飲みながら、ワイワイがやがやと。
昨年より1.5倍の量(約30キロ)のりんごでしたが、皆様の熟練した包丁さばきにより、あっという間に剥き上がりました。
ジョンくんも、つまみ食いしつつ、りんご運びのお手伝い?


f0107364_10545995.jpg

りんごに加えるのは、お砂糖のみ。
これをぐつぐつと、1時間半ほど煮詰めます。
お砂糖以外は、一切添加物なしの超ナチュラルテイスト!
それでもこの美味しさ、食材の質の大切さを、こんなところでも改めて感じます。


f0107364_1171176.jpg

そして出来上がった2010年のりんごジャム。
なんと25キロ強!
瓶にすると114本です!ひゃ~!
ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました!


f0107364_1111623.jpg

ちなみに、今年のまかないは、スモークサーモンのサラダと、ビーフストロガノフ。
実はこの日、日中に急な所用が入ってしまい、超バタバタで、そのまままかないもバタバタになってしまいました。
来年はもうちょっとちゃんとしたものをお出ししますので、ぜひまたお手伝いよろしくお願いいたします。
皆様、本当にありがとうございました。
by mt_sophia | 2010-10-15 23:34 | りんごジャム | Trackback | Comments(0)

りんごジャム 2009

f0107364_0394929.gif

25人分のお食事作りの日、夜の部はりんごのジャム作り。
りんごは、青森在住の友人が、自家農園で栽培している紅玉で、甘くて酸っぱくて、ジャムにするととても美味しいのです。
しかしながら、このハードスケジュールの中、段ボールにぎっしり詰まったりんご(約20キロ分)を私ひとりで捌くのは、ちと無理ってことで、ボランティアで皮むきのお手伝いを募集したところ、急なお願いだったにも関わらず、3名の方が参加して下さることに。(感謝!)

私が、お食事作りから急いで帰宅すると、すでに腕まくりした男女が、黙々と皮むきに取りかかっていました。


f0107364_2264281.jpg

むく、むく、むく…。
ひたすら、ひたすら、むいていきます。
一心不乱に皮をむき続ける大人たちにただならぬ気配でも感じたのか、ジョンくんも、せっせと箱からりんごを運び出すお手伝い。
始める前は、一体全部のりんごの皮をむき終わるのにどのくらいの時間がかかるのか、さっぱり見当もつきませんでしたけど、皆様の熟練した技のおかげで、あっという間に(といっても、ノンストップで約2時間)作業終了~。
皆様、お疲れ様でした!!


f0107364_2272058.gif

むいたりんごは、芯を取り、適当な大きさに切って、グラニュー糖をまぶし、お鍋に入れて火にかけます。
お鍋は、我が家で一番大きいもので、直径40センチ。
りんごをぐつぐつ煮ている間に、お隣のコンロでせっせと瓶の煮沸消毒し、出来上がったジャムを瓶詰め→閉栓→そしてお鍋2杯目に取りかかり→瓶の煮沸→瓶詰め→閉栓。
で、ようやく夜中の3時過ぎに、全ての作業が無事終了!
ふ~。

そして出来上がったのはこちら!!


f0107364_15046.gif

じゃーん!
200CC入りの瓶が、全部で70個!!
いやこれ、たまたまインターネットで見つけた業務用の商品が、1ケース70個入りで、一体どのくらいのジャムが出来上がるのか、全く見当がつかないまま何となく注文しただけだったのに、なんと2杯目のお鍋の最後のひとさじまでぴったり70個出来上がったというスーパーミラクル!!
これまでかなりのばくち人生を歩んできた私でしたが、ここまでの大当たりもなかなかないことでした。
と、こんなところでも大感動。


f0107364_2193284.gif

今回は、りんご本来のお味を尊重して、レモンは加えず、最低限のお砂糖のみ使用。
甘さ控えめのナチュラルテイストです。
爽やかな酸味と優しい甘さが、とっても美味しい!

お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました!
ご協力に心より感謝いたします。
(特にMr.Yの包丁さばきには、惚れました~)


f0107364_21104247.gif

ってことで、さすがの私も疲れ果て、今週末は山の家はお休み。
自宅近くの公園でピクニックなぞしてのんびり過ごしました。
爽やかな秋晴れの良い週末でした。
by mt_sophia | 2009-10-19 21:18 | りんごジャム | Trackback | Comments(6)