2011年 05月 12日 ( 1 )

自家製アンチョビ作り 3ヶ月と2週経過

f0107364_10512812.gif

いやいや、前回からすっかり放っていた我が家のアンチョビ予備軍。
イースター、GWの旅行、ジョンくんのお誕生日などでバタバタしていて、一度も開けることなく過ごしておりました。
で、今日、久々にチェック。
この1ヶ月、気温もだいぶ上がりつつあるので、もしかしたら必要以上に…と恐る恐る蓋を開けてみたら、前回よりも熟成が進んだ模様で、かなり強い魚臭が。
ただし全く不吉な匂いではなく、あくまでもお魚が熟成した香り。
いわゆるナンプラーの匂いです。
お魚から出た水分も、きれいに澄んだまま。

ちょこっとかじってみたら、「若めのアンチョビ」といった感じの味わいだったので、そろそろ瓶詰めのタイミングかと勝手に判断し、急遽瓶詰め作業に取り掛かりました。
身を二つにして、小骨と皮を取り除き、氷水で軽くさっと洗ってから、よく水気を拭いて、瓶に詰め、そこにオリーブオイル。
あとはこのまま、瓶の中でじっくりと熟成させます。
いわしの身自体は、まだしっかり(固め)しているので、あと2ヶ月ほどこのまま瓶で熟成させると、だんだん柔らかくなって、トロトロのアンチョビの出来上がり~!(の予定)

何かで、「アンチョビは、身が赤くなるのが良い」と読んだのですが、今はまだそれほど赤味がありません。
これから少しずつ、熟成と共に、身も赤味を帯びて来るのでしょうか。
楽しみです。
by mt_sophia | 2011-05-12 11:18 | 自家製アンチョビ | Trackback | Comments(8)