11月のレッスン

f0107364_1110011.jpg

<今月のメニュー>
 ・カプレーゼとプロシュートの盛り合わせ
 ・エスカベッシュ
 ・チキンとほうれん草とリコッタチーズのカネロニ
 ・赤ワイン2種
 ・松島屋の栗蒸しようかん

朝晩の冷え込みも少しずつ厳しくなり、お教室へいらっしゃる皆様の中にも、ブーツ姿の方が多くなりました。
今年も残すところあと1ヶ月、いよいよ本格的な冬の到来という感じですね。

さて今月は、寒くなってくると恋しくなるミルキーなテイストのメニューを何かひとつと思い、丁寧に手作りしたベシャメルソースを使った「カネロニ」をメインにしてみました。
チキン、ほうれんそう、リコッタチーズで作ったフィリングを詰めて、その上にベシャメルソースとチーズをたっぷり乗せ、オーブンでこんがりと焼き上げます
一から手作りしたベシャメルソースは、つややかでなめらかで、とても優しいお味。
どこかホッとするこの素朴な味わいは、手作りならではの美味しさです。
身も心もホカホカになる一品でした。

順番が前後していますが、その前のお皿は、鯵を使ったエスカベッシュ。
平たく言うと、日本の「南蛮漬け」です。
このブログでも何度か登場していますが、今回きちんとレシピにし、ご紹介しました。
からりと揚げた鯵を、たっぷりのお野菜と共にモリモリと食べていただき、ヘルシーで見た目も楽しいと、皆様にも好評。
前もって作っておけるし、お客様の時には重宝なメニューだと思います。
色々なお魚で応用も利きますし、ぜひ皆様、復習してみて下さい。


f0107364_11134787.gif

そして再び順番が前後しますが、その前のお皿は、カプレーゼとプロシュートの盛り合わせ。
鯵の下処理と、ベシャメルソース作りに時間がかかるので、一皿目は切って盛るだけの簡単メニューにしました。
カプレーゼは、おなじみモッツアレラとトマトとバジルのサラダですが、実は「カプレーゼ用」のモッツアレラチーズ(上記画像)なるものが存在しているのをご存知でしょうか。
普通のモッツァレラは丸いので、カプレーゼにすると中途半端に残ってしまうのと思うですが、これは棒状になっているので、無駄なく形がきれいに揃います。
(ただしお値段は2倍、しかしお味は一緒です…)

プロシュートは、イタリア2大産地、パルマとサンダニエレの食べ比べ。
一般的に、サンダニエレの方が、パルマに比べると味わいがソフトで繊細だと言われいますが、実際に食べ比べてみて、皆様、いかがでしたでしょうか。
普段は何の気なしに食べているものでも、注意してお口に入れると、お味や食感、香りなど、こうもう違うものかと驚かされることがありますね。


f0107364_11155551.gif

さてさて、我が家にも、おなじみのスノーマンが登場。
今年のお料理教室も、残すところあと1回となりました。
来月は、恒例クリスマス特別レッスンということで、いつもより少しグレードアップしたレッスンで、1年を締めくくりたいと思います。
皆様、お楽しみに!
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/9802528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt_sophia | 2008-11-30 11:08 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)