アラン・ウォンズ・レストラン

f0107364_10432879.jpg

ハワイ名物「パシフィックリム・キュイジーヌ」の最高峰といえば、この「アラン・ウォンズ・レストラン」。
1995年のオープン以来、全米中の数々の賞を総なめにしてきたハワイの有名店です。
私たちは、7、8年前に一度来たことがあるのですが、その時はワインを飲みすぎて単なる酔っ払いだったので、今回はちゃんとお料理を味わおうと、久しぶりに行ってみることにしました。
オーナーシェフのアラン・ウォンズ氏は、日本人の母を持つ、中国系ハワイアンです。
(しかし日本で生まれて5歳まで日本で育ったのだそうな)


f0107364_1163685.jpg

お店は、ワイキキから車で10分ほど行ったところの、「え!?こんなところに!?」と驚いてしまうような何の変哲もない普通のビルの中にあります。
お料理は、5皿のコースが75ドル、7皿のコースが95ドル。
この他、「本日のおすすめ」的なアラカルトメニューも何品かあります。

7皿のコースの場合は、「テーブル全員でお願いします」とメニューに書いてあったのですが、ふたりで同じものを食べてもつまらないと思い、お店の方に聞いてみたら、キッチンに確認してくれて、5皿コースと7皿コース、それぞれで受けて下さることになりました。
ラッキー。

f0107364_1205161.jpg
f0107364_1131074.jpg


f0107364_11301357.jpg
f0107364_11591068.jpg


テーブルが暗くて、お料理の画像はほとんどまともに映ってないのですが、お料理はどれも独創的で、盛り付けもユニーク。
しかしパシフィックリムにありがちな、「そこまで奇をてらわなくても~」感もなく、お味も繊細で、この絶妙なぎりぎり加減は、パシフィックリムには痛い思い出しかない私たちの心を、とても癒してくれました(笑)。
久々にハワイでヒットです。
(しかしメインのお肉料理は、私のも夫のも今ひとつ。次回からは、アラカルトでメインもお魚にしようと決めました)

それにしても、驚いたのはワインのお値段!
7、8年前に来た時、確かここでオーパスワンを130ドルくらいで飲んだ記憶があるのですが、今回のリストでは、334ドル!
軽く2倍、いや、下手したら3倍近いじゃないですか!奥様!
ん~恐るべし、カリフォルニアワイン。

しかし、カリフォルニアワインにこだわらなければ、チリやオーストラリア、ニュージーランドなど、もっとリーズナブルなワインも豊富にあります。
コースには、それぞれ30~35ドルプラスすると、それぞれのお皿に合わせたワインをグラスで数種類出してくれるオプションがありました。
お手頃なお値段で色々飲めるので、これはおすすめです。


f0107364_11464397.jpg

この日も全席満席。
しょっちゅうあちこちからバースデイソングが聞こえてきましたので、やっぱり地元の方々にとっても、ここは特別なレストランなんですね。
お客様は、35%がローカル、35%がアメリカ人観光客、30%が日本人観光客って感じでした。


f0107364_12131762.jpg

ちなみに、お店の方に聞いたところ、アラン・ウォンズ氏は、階下のオフィスにいることはあっても、お店で実際にお料理をするのは、年に数回なんだそうです。
「来月は、クリスマスで彼の家族がここでお食事するので、その時のご飯は彼が作るんだよ」とのことでした。
一般客のためにも、たまには作ってね!
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/9773206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt_sophia | 2008-11-25 10:32 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(0)