ブログトップ | ログイン

美味しいテーブル

ソウル食べたものレポート ~焼肉編~

f0107364_1384116.jpg

韓国を訪れたのはこれで3回目ですが、過去2回はいずれも15年近く前のこと。
(うち1回は、トランジットの関係で仕方なく1泊しただけ)
当時はまだインターネットなどもなかったので、今より格段に情報は少なく、食べるもの、見るもの、全てにおいて、それほど選択肢がなかったように思います。
また自分自身も、海外旅行といえば欧米命で、まだまだアジアの面白さみたいなものを理解できるお年頃でもなかったせいか、正直言って、それほど楽しんだ記憶もありません。

それが今では、情報の多様化、そしてここ数年の韓国ブームのおかげで、韓国(そして韓国料理)は、当時とは比べものにならないくらい、グッと身近なものとなりました。
旅行をするとなると、インターネットで無限に情報が引き出せ、行きたいお店、場所を絞るのに今度は苦労するほど。
私自身、韓国料理に対する知識も、この15年でかなり増えたし、また昨今の味覚大革命によって、食べられるものも格段に増えたので、今ならきっとあの頃の100倍楽しめるのではないかと思い、それほど気乗りしていないと思われる夫を口説き落とし、2泊3日の「ソウル食い倒れ旅行」と相成ったわけなのでした。

ということで、まずは焼肉編。
焼肉と一口で言っても、韓国には、牛、豚、鶏など、それぞれの専門店が存在します。
まずはやっぱりビーフでしょー!ってことで、初日の夜は、事前リサーチの結果、誰に聞いても評判が高かった瑞草区の「ボトナムチプ」へ。
ここは、とにかく最高級の韓国牛(ハヌ)を食べられるといわれるお店で、行かれた多くの方が、大絶賛されています。


f0107364_1027780.jpg
まず出てきたのは、「ドンシム=上ロース」。
韓牛の雌牛だけを使っているとのこと。
さっと焼いて、お塩をつけていただきます。
厚みのわりには、とても柔らかく、けれど非常に力強いお肉で、噛めば噛むほど、肉の甘味、旨味が口の中に広がります。

んんん…美味しい!

脂分の強い和牛とは、また違った美味しさを堪能できます。
牛肉とは本来、こういうお肉をいうのかも知れないなあと思わせる一品でした。


f0107364_1111411.jpg
こちらは、「チュムルロシク=味つけロース」。
こちらのお店の看板メニューとのことですが、上記の上ロースに比べると、正直言って、お肉の迫力は今いち。
この他、「ボンカルビ=味つけカルビ」、ユッケなどもいただきましたが、いずれも今ひとつピンと来るものはなく、比べるのも無粋ですが、これなら東京で食べた方が美味しいような?
この日のチャンピオンは、最初の上ロースでした。
(味つけが今いちなのか、お塩で食べた方がずっと美味しかった…というか、最初の上ロースが美味しすぎた)


f0107364_1191984.jpgf0107364_1193066.jpg


韓国では、このように頼まなくともたくさんの小鉢及びお野菜が出てきます。
お野菜が豊富なのがとにかく嬉しい。
(日本だと、サンチュもサラダも、全て有料ですものね)
アジアを旅行している限り、お野菜不足にはならないことを、改めて実感しました。

それにしても、「韓国で本当に美味しい牛肉を食べようと思ったら、日本より高い」と聞いたことがあったのですが、本当にその通りでした。
お肉は、だいたい1皿5~6千円。
が、お値段に見合った満足感が得られるかどうかといえば首をかしげたくなるところで、私達夫婦は、ここなら金竜山に行った方が良いわねということで、意見が合致しました。


f0107364_128187.jpg

こちらは、麻浦の「元祖チョバッチッ」。
デジカルビ(豚カルビ)のお店です。
事前リサーチの結果、デジカルビではここがソウル1!との呼び声が高かったので、2日目の夜に出かけてみました。
夜7時過ぎに着いたのですが、お店の前には、順番を待つ人がずらりと並んでいます。
店内も、地元の人々で大賑わい!(トップの画像がそうです)


f0107364_11401091.jpgf0107364_11402540.jpg


デジカルビは、1皿9,000ウォン(約1千円)。
2人だと、自動的に2人前出てきます。
早速網に広げ、焼いてお口に入れてみてびっくり!
柔らか~い!!
「秘伝」というタレの味つけも絶妙で、豚肉との相性ばっちりです。

むむむ…これは美味しい!


f0107364_11503539.jpgf0107364_11504854.jpg


ここでも、たっぷりの小鉢とお野菜が出てきました。
お肉だけで食べても美味しいし、薬味と共にお野菜に包んで食べても美味しい。
お肉が柔らかく、クセがないので、もういくらでも食べられちゃいます。
んん~美味しい~。

美味しいデジカルビをたっぷりいただき、お会計は、ぴったり前夜の1/10。
ひとり1.5千円もしないなんて~!!
お値段を聞いて、さらに大満足。


f0107364_1204328.jpg

お店は決してきれいではありませんが、活気があふれ、皆が楽しそうにテーブルを囲んでいます。
決してお安かったからということだけではありませんが、私達は、「チョバッチッ」に大きく1票。
東京にあったら、間違いなく通っていることでしょう。

「ボトナムチプ」にもう一度行くなら、上ロースだけをお塩で食べたいところ。
一口噛んだ時のあの肉汁の具合は、忘れられない美味しさでした。
久しぶりに、牛肉の美味しさがガツンと来た気がしました。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/7615133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mrs.C at 2008-03-07 17:56 x
一瞬どこの会社の飲み会の写真載せているのだ?と思いましたが韓国の活気溢れる店内なのですね 湯気や煙の香りまで漂ってきそうです。アジア=野菜たっぷりはまったく同感ですが私が外国人として日本にきたら野菜不足になりますね 日本は外食で野菜をたくさん食べることができない国だと思います。いわゆるスキヤキ、テンプラ、スシでは実際は緑の野菜は少ないし 居酒屋でメニューが読めない限りはお浸しも頼めないですしね。
Commented by mt_sophia at 2008-03-10 10:21
◆MrsCさん◆
本当に、まるで「和民」か「笑笑」かという感じですね。しかしもちろん「オンドル」なので、ぽかぽかしていて非常に気持ち良かった。
韓国のこの「黙っていてもお野菜が山のように出てくる」システムは良いですね。他にこんな国はないのでは?
ステーキの付け合せがフレンチフライしかないどこかの国の人にも、見習ってもらいたい。
Commented by yoshi-pooh at 2009-03-02 17:41 x
ご報告忘れてました!!
このデジカルビのお店、先月うちの母娘がソウル行った時に教えて行ってきました。美味しかったと申しております。
Pooh家は韓国ますますはまり、再来週の娘のスキー合宿の間に家族3人で今度は釜山行ってきます。さすがにひんしゅくものなのでうちのブログではレポート無しです。
Commented by mt_sophia at 2009-03-03 14:56
◆yoshi-poohさん◆
おぉ~行かれたのですね!お気に召したでしょうか?かなりマニアックなお店ですが。
そして今度は釜山ですか~!すっかり韓国づいてますね!そんなことおっしゃらず、ぜひレポートお願いします!
Commented by yoshi-pooh at 2009-03-25 15:57 x
釜山、面白かったので結局ブログに書きました。デジカルビ、今回はソウルの代官山のアックジョンドングでバジル風味やらローズマリー風味の変わりデジカルビの店行きました。
Commented by mt_sophia at 2009-03-26 09:49
◆yoshi-poohさん◆
釜山、私は行ったことないのですが、代官山みたいなところがあるんですか~!美味しいお店もたくさんですか?一度は行ってみたいと思っています。
Commented by yoshi-pooh at 2009-03-26 14:09 x
代官山みたいなところは釜山から新幹線で行ったソウルの方です。今回、そこで奇跡的にランデブーして1人千円のデジカルビ会食できた外交官ご一家から「ソウルの代官山」と事前に教えてもらった地域です。

釜山は魚介がうりとガイド本には書いてますが、確かに町中が鯉魚門-レイユウモン-みたいなところでたまげました。日記に詳しくUPします。

六本木でいつも行っている垢すりのおばさん情報によると魚介は済州島が最高とのことらしいので、次回は済州島を狙ってみます。

いずれにしろ、去年の暮れにsophiaさんのこの日記を拝見しなかったら、多分韓国には足が向かわなかったので、感謝感激です。


Commented by mt_sophia at 2009-03-26 16:42
◆yoshi-poohさん◆
失礼しました!「ソウルの代官山」と書いてありますね。三清洞あたりのことかしら?
それにしても、yoshi-poohさんはもうすっかり韓国通ですね!我が家は、夫の印象が今ひとつだったようで、当分再訪の可能性は低いです。ガニエールで釣ろうかしら?
by mt_sophia | 2008-03-06 19:38 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(8)