食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。

by mt_sophia

オホーツク流氷の旅②

f0107364_2014212.jpg

2日目の朝は、地元色豊かな朝食ブッフェを堪能し(これがまた実に良かった)、快晴の空の下を、一路知床へ。
網走から知床(ウトロ)までは、車で約1時間半の道のりです。
知床半島のウトロ側は、その地形から、流氷をせき止めるような形になるので、押し寄せた流氷が岸壁から溢れるほどに、あたりを覆い尽くしています。
(画像は、プユニ岬から眺めたウトロの海。一面が流氷に覆われています)

当然のことながら、船が海に出る余地などないので、知床では網走のようにクルーズは出来ません。
よって、この日は、「流氷の上を歩く」ツアーに参加です。
f0107364_2022638.jpg

新手の銀行強盗…ではありません。
ガイドさんの指導のもと、このような特殊なドライスーツに着替えます。
着替えるといっても、着ている服の上からこのスーツを被るだけなので、海岸横の駐車場でちゃちゃっと準備終了。
スーツは、頭からつま先まで一体化したもので、とてもしっかりした作りになっています。


f0107364_203266.jpg

ところどころ薄い氷のところもありますが、ほとんどは流氷がぎゅうぎゅうに広い海を埋め尽くしているので、まるで陸地を歩いているような感じです。
(が、もちろんこの下は海です)
この美しいアイスブルーの大流氷原は、なんと岸から沖まで、4キロも続いているのだそう。
今年、流氷がウトロに接岸したのは1月21日だったそうなので、それからわずか2週間ほどでこんなになってしまうのですから、自然の力は本当に偉大です。

この日は私たちの他、シンガポールから来たというカップルが一緒で、みんなでワイワイ言いながら、流氷の上をウォーキングしました。
太陽に照らされた流氷は、その青さを一層美しく輝かせます。
気温は、氷点下7、8度ですが、このドライスーツのおかげで、全く寒さは感じません。
氷が割れて、海に落ちても大丈夫♪


え?海に落ちる??




f0107364_2041047.jpg

そう、このドライスーツ、流氷ウォークのために特別に開発された、完全防寒&防水の優れもの。
おまけに絶対に浮くように設計されているので、凍てつくオホーツクの海に落ちても、全く問題ないのです。
(ガイドさんのお話によると、このドライスーツを着用せずに流氷の上を歩くことは、禁止されているそうです)


f0107364_2042961.jpg
氷を割り、流氷の中に小さなプールを作って、みんなで入って遊びました。
私自身、実際入るまで半信半疑でしたが、本当に全く寒くもなく、濡れることもなく、ぷかぷか浮いて実に楽しい!
大自然相手にこんな体験が出来るとは~。


f0107364_2045089.jpg
ちなみに、流氷は、海水の真水の部分が凍ったものなので、流氷自体には全く塩気がありません。
あちこちでかじってみましたが、本当にロックアイスと同じでした。
ただし、知床の海も相当寒いので、ごくたまに、塩分が凍っているものもあり、それはとてもしょっぱかったです。


f0107364_2047819.jpg

残念ながら、夫はスケジュールの調整がつかず、今回は東京にてお留守番。
流氷ウォークの後、「流氷の中を泳いだのよ!!」と電話で報告したのですが、さっぱり状況が想像出来なかったようで、全く信じていない様子。
また意味不明なことを言ってるぐらいにしか思っていなかったようなのですが、帰宅して証拠画像を見せたところ、それが本当だったことがわかって、さすがに驚いておりました。
「あなたもやりたいでしょ?」と聞いたら、「全然~」とのことでしたけど。

皆様はいかがですか?
by mt_sophia | 2008-02-11 20:01 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/7467529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mrs.C at 2008-02-13 17:36 x
完全防水なのはわかるんですが完全防寒ってのはどうなんだろう?ホントに冷たくないんですか?何せ白人の体感温度は信用できませんからね~ エジンバラでマイナス5度でノースリーブの人たちが日向ぼっこしていたのを見て驚愕したことがありましたので。
Commented by mt_sophia at 2008-02-14 11:29
◆MrsCさん◆
いや、もちろん私だって流氷プールに入りましたが、全く寒くも冷たくもなかったですよ。赤道直下のシンガポール人が一番寒さに弱いはずですけど、大喜びでじゃぶじゃぶやってました。出ている部分(顔など)に水がはねると冷たいですけど、スーツに覆われている部分は、本当に温かいのです。私も入るまでは半信半疑でしたので、驚きました。
Commented by Mr.tiltil at 2008-02-16 12:32 x
何してるですかっ!
ハワイかと思えば、台湾。帰ってきたかと思えば流氷プールですかっ!
やりた~い!やりたいやりたい!
すごくいいですこれっ!
是非こんど詳細を教えてくださいましっ。
Commented by mt_sophia at 2008-02-17 14:28
◆Mr.tiltilさん◆
そういえば、貴女様も台湾→ハワイと続いていますね。となればあとは流氷でしょう。最果ての北の地は、女の一人旅がよく似合います。(あ、誰もひとりでとは言ってない?)

ちなみに、なぜにMrなのでしょうか。