オホーツク流氷の旅

f0107364_1432244.jpg

先日一緒に鴨すきをした友人が、再来日して北海道を旅行中なので、私も網走で合流し、一緒に流氷の世界を楽しんできました。
台湾から戻ったばかりなので、ややハードスケジュール&どう考えても遊びすぎですが、ま、こんな機会でもないと、行くこともないので…。(と言い訳してみる)

オホーツク海の流氷も、地球温暖化の影響で、その量は年々減少傾向にあるようですが、今年はここ10年で最大規模だとか。
桜にしても紅葉にしても、自然相手の旅行のスケジュールを組むのは全てが運次第ですが、私達は日頃の行いが良いせいか(笑)、流氷のタイミングはどんぴしゃで、お天気にも恵まれ、素晴らしい冬の自然を満喫できました。


f0107364_14332130.jpgf0107364_14335089.jpg


女満別空港で無事友人と合流し、網走監獄などを見学した後、網走港から「流氷観光砕氷船おーろら号」に乗船。
現在、船で流氷を見学できるのは、網走と紋別の2ヶ所のみです。
網走港の岸壁周辺も、すでに一面氷に覆われていますが(画像右)、これはここの海水が凍ったもので、厳密にいうと、流氷とは違います。
流氷は、遠くシベリアから約1,000キロの道のりを、海流と北風に乗ってやってきたもので、北海道のオホーツク沿岸が、流氷を見られる南限の地なのだそうです。
(それにしても、氷の上のかもめさんたち、寒くないのかしら~)


f0107364_14352526.jpg

網走港から出発し、20分ほど沖に進むと、そこはまさにアイスブルー一色の世界。
一面を覆う流氷を押し砕きながら、船は進みます。
雄大な景色もさることながら、氷が砕ける時の音と振動といったら、まさにド迫力!!
オホーツクの流氷がこんなに凄いものだとは思っていなかった私は、ただただ圧倒されるばかりでした。


f0107364_1436774.jpg

流氷で埋め尽くされた海の上には、国の天然記念物であるオオワシ、オジロワシなどが、悠々と空を舞っています。
(私は見逃しましたが、流氷の上で寝ているあざらしの赤ちゃんもいたそうです)
そしてこの美しい氷の下の海には、無数の生命体が存在し、オホーツクの豊かな海の幸の源になっているのかと思うと、改めて自然の偉大さ、大切さをひしひしと感じました。


f0107364_14411361.jpg

約1時間のクルーズですが、寒さなど全く忘れて、終始デッキでこの壮大な自然を楽しみました。
私は、今から15年ほど前に、アラスカで氷河をクルーズをしたことがあるのですが、あの時見た流氷より、こっちの方が氷が全然きれいでした。
いや~素晴らしかった!!


f0107364_14424569.jpgf0107364_14425929.jpg


港から車で10分ほど行ったところにある網走湖も、冬は完全に凍っています(画像左)。
私達はやりませんでしたが、マイナス10度近い寒さの中、何人かの方々がわかさぎ釣りに興じていました。
聞くと、香港からの観光客とのこと。
旧正月を利用して、多くの中国人が、北海道を旅行しているようです。
(流氷船の中も、日本人より中国人の方が多かったくらい)
ガスコンロを持ち込んで、釣りたてを天ぷらにして食べている方々もいました。


f0107364_14433178.jpgf0107364_14434418.jpg


こちらは、白鳥の飛来で有名な涛沸湖。
越冬のためにシベリアからやって来た白鳥たちは、ここを中継し、さらに南を目指します。
フランス人達は、今回の旅行で、釧路の丹頂鶴とこの白鳥を見たかったようで、かなり喜んでいました。
ちなみに、白鳥は冬季限定の渡り鳥ですが、丹頂鶴は釧路湿原在住です。


f0107364_14442452.jpgf0107364_14443642.jpgf0107364_14444690.jpg


こちらは、この日宿泊したホテル
ところどころにオホーツクの古来文化のモチーフが散りばめられた、落ち着いた雰囲気のホテルです。
全体的には小規模ですが、お風呂には、露天風呂、サウナの他、岩盤浴まであって、なかなかの充実ぶり。
こういうところって、たいていはHPの写真ほど良くないのが相場なので、正直言ってそれほど期待していなかったのですが、ここは意外なほど素敵でした。
レストランのお食事も、ワインリストも、お値段に合ったものがきちんと出てきて、コストパフォーマンス的にも文句なし。


f0107364_1524494.jpg

温泉にゆっくりつかり、ぽかぽかになって、夜はぐっすりと眠りました。
翌朝、目が覚めた時の外の気温は、氷点下20度。
夜のうちに雪が降ったようで、あたり一面、さらさらのパウダースノーに覆われていました。
朝日に照らされた雪面はキラキラ輝いて、とてもきれいでした。

流氷の旅は、世界遺産「知床」へと続きます。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/7461063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雪だるま at 2008-02-12 21:32 x
初めまして。流氷のことを調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。写真からでも、充分スケールの大きさが伝わって来ますね!!来週行く予定なので、すっごく楽しみになりました♪

流氷船は、どんな格好で行かれましたか?あと他に何か注意事項があれば参考までに教えていただけるとうれしいです。
Commented by mt_sophia at 2008-02-13 09:09
◆雪だるまさん◆
初めまして。私は、スキーウエア持参で行きましたが、結局パンツの方は着ることなく終わりました。が、他の方々はスキーウエア(上下)の方も多かったですよ。あとは滑らない靴、手袋はもちろん、日焼け止め、サングラスもあった方が良いかも知れません。(私はかなり雪焼けしました)

楽しんでいらして下さいね。
Commented by 雪だるま at 2008-02-15 17:56 x
お返事ありがとうございました♪スキーウエアじゃ変かなと思っていたので、ちょっと安心しました。

続編も楽しませてもらいました。ガイドブックみたい、いえ、ガイドブック以上の情報、感謝です。流氷の上を歩くツアーにも参加したいなと思います。
Commented by mt_sophia at 2008-02-17 14:01
◆雪だるまさん◆
流氷船に限らず、スキー場以外のところで、スキーウエアを着ている人もたくさん見かけました。
流氷ウォーク、ぜひ参加してみて下さい。楽しいですよ。
by mt_sophia | 2008-02-10 15:31 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)