2008台湾好吃レポート① ~レストラン編~

f0107364_8444890.jpg

今年もまた、台湾に行ってきました。
台湾は、ここ数年、毎年必ず一度は訪れている大好きな国のひとつです。
街中に溢れる美味しい小吃とスウィーツ、足裏マッサージ、中華食材や雑貨のショッピング、そして香しい凍頂烏龍茶などなど、その魅力は尽きることがありません。

今回は、女性ばかり4名での賑やか旅行。
2泊とはいえ、実質1日の短い滞在ではありましたが、徹底的な事前リサーチ及び同行者の協力のもと、今回も美味しいものをたくさん食べて来ました。


f0107364_1041193.jpg

さて、台湾といえば、何をおいても押さえておきたいのが小籠包の名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。
飲茶好きな私は、これまで台湾、香港、上海、北京と、色々なところで「美味しい」といわれる小籠包を食べて参りましたけれど、ここを超える小籠包には、いまだ出会ったことはありません。
皮、餡、肉汁、サイズ、薬味の針生姜の細さに至るまで、全てのバランスが完璧で、最も食べやすく、そしてお味が良いのが、ここの小籠包だと私は思います。
台北市内には、現在3店舗ありますが、私は本店(信義店)が一番好き。
お昼時はえらく混んでいますが、少し時間をずらして行けば、ほとんど待たずに入れます。
画像は、「蟹肉入り小籠包」。
たっぷりの肉汁が、画像からでもわかるでしょう?


f0107364_10325839.jpgf0107364_10331072.jpg


こちらは、お休みの日の朝9時~10時のみ食べられる限定メニューの「小籠湯包」。
普通の小籠包より小さく、スープと一緒にいただきます。
小さいながらもお肉の旨味たっぷりの小籠包、そしてあっさり鶏がらスープの相性はばつぐん!
ん~美味しい。


f0107364_1174574.jpgf0107364_118528.jpg


「泡菜=キャベツのお漬物」と「豆沙小包=あんこ入り小籠包」。
どちらも鼎泰豊の人気メニューです。
あんこ入り小籠包は、熱々で皮がもちもち。
とっても美味しい。
他にも、麺、炒飯、点心、スープなどなど、メニューはたくさんありますが、他にも行きたいお店が何軒かあったので、今回こちらでは小籠包系のみをいただきました。


f0107364_10452284.jpg

こちらは、鼎泰豊の裏手の麗水街にある「大来小館」の魯肉(ルーロー)飯。
10席ほどしかない小さなお店ですが、いつも混雑している人気店です。
看板メニューである魯肉飯は、2007年の「台北魯肉飯コンテスト」で見事優勝という輝かしい実績を持ちます。
大盛りを頼むと、ご飯の上に甘辛いひき肉、切り昆布、支那竹、白菜の炒め物などがたっぷりと乗っていて、スプーンで混ぜ混ぜしていただきます。

f0107364_11185390.jpgf0107364_10581679.jpg


にんにくの芽と干しえびの炒め物と切仔麺。
どちらもとてもあっさりしています。
切仔麺はまるでヴェトナムのフォーのように淡白な鶏がらスープ。


f0107364_114366.jpgf0107364_1141781.jpg


ひき肉を挟んだ茄子と、切り干し大根入りの卵焼き。
メニューはどれもシンプルな家庭料理系ばかりで、しかも美味しいです。
地元の人に愛される理由がよくわかります。


f0107364_1123247.jpg

魯肉飯がとても美味しかったので、思わずおかわりしてしまいました。
こちらは、魯肉飯の小サイズ。
シンプルにひき肉のみが乗っています。
甘辛く煮たひき肉は、万人に愛される優しいお味です。


f0107364_11275983.jpg

こちらは、通化街夜市(臨江街夜市)近くにある「明月湯包」の小籠包。
事前リサーチの結果、ここの小籠包もなかなか侮れないらしいとのことなので、行ってみました。
確かにお味は良かったですが、鼎泰豊の小籠包に比べると、1個のサイズが大きく、皮も厚め。
肉汁も、たっぷりながらですがやや脂分多めなので、「いくつでも食べられちゃう~」って感じではありません。


f0107364_11441329.jpgf0107364_1144316.jpg


左は、このお店のもうひとつの看板メニュー、焼き餃子。
台湾は、小籠包と焼き餃子、どちらもそれぞれ専門店が多いので、ふたつを一緒に食べられるお店は、実はありそうで少ないのですが、ここには珍しくありました。
羽根はご覧の通りパリパリでしたが、肝心の餃子は、まあ普通。
右は、豆沙小包。
あんこの中に、蜜柑風味の小さなお団子が入っています。
小籠包も豆沙小包も、どちらも確かにレベルは高かったですが、1個1個のバランスを考えると、やっぱり鼎泰豊にはかなわないかなというのが、我々一同の結論。
(あ、上海の某混雑店よりはずーっと美味しかったですよ)


f0107364_14143675.jpg

そしてこちらは、「長白小館」の酸菜鍋。
かにや鰹、しいたけなどで取ったと思われるスープに、たっぷりの酸菜(白菜のお漬物)と薄切りのお肉を入れていただくお鍋です。
その独特な味わいは、一度食べたら病みつきになること間違いなし!
鼎泰豊とここのお鍋、どちらを取るかといわれたら相当悩むであろうほど、大好きなお店です。


f0107364_14145995.jpg

つけダレは、腐乳、お醤油、豆板醤、ごま油、にんにく、韮のペースト、芝麻醤などなど、お店に並んでいる10種類以上の調味料を、自分でブレンドして作ります。
白菜から出た甘味と酸味、出汁のきいたスープ、そしてこのつけダレの絶妙なマッチングといったら、全く飽きることなく、いくらでも食べられちゃいます。
小さめのお鍋を注文したのに、結局、お肉も白菜もおかわりしちゃいました。
あ~美味しかった!


f0107364_14151272.jpg

鼎泰豊、大来小館、明月湯包に長白小館、1日で4軒もはしご~!?
なんて驚いている場合ではありません。

台湾好吃レポートは、まだまだ続くのであります。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/7414100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koko at 2008-02-06 22:11 x
なんと魅力的な台湾レポート。この春台湾に行く予定なので、色々参考にさせていただきます。今回はプライベートなので、前回行けなかった長白小館は目的のトップです!
Commented by mt_sophia at 2008-02-08 23:55
◆kokoさん◆
長白小館、ぜひぜひ行ってみて下さい!最後まで美味しくいただくポイントは、「白菜は追加しないこと」です。追加すると、白菜の酸味ばかりが後に残るので、初めから大きめのお鍋を注文した方が断然美味しいです!楽しんでいらして下さいね~!
Commented at 2010-02-23 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by mt_sophia | 2008-02-03 19:50 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(3)