福臨門魚翅海鮮酒家

f0107364_1881089.jpg

そもそも、今回の旅行は、本来ならば香港に行っているはずでした。
それが諸事情により、急遽行き先を上海に変更。
夫は、上海は初めてだったので、むしろ喜んでいたようですが、私は香港で食べるつもりだった美味しいお料理の数々に未練たらたら。
せめて福臨門には絶対に行きたいと思い、まずこの旅行の計画は、最初のランチと最後のディナーの予約を、ここに入れるところから始まりました。


f0107364_194340100.jpg

福臨門の上海店は、浦東側の「シャングリラホテル」の中にあります。
お店は広々としていて、明るく、清潔感があり、眺めも良し。
お店の人も上手な英語を話すので、オーダーなども楽チンです。
これに関しては、香港のお店より快適かも。


f0107364_18553376.jpgf0107364_18554683.jpgf0107364_18555730.jpg


グランドメニューは、香港、日本、上海ほぼ共通。
上海店は、ランチタイムは、飲茶のメニューもあります。
画像は左から、「海老蒸し餃子」、「スペアリブの豆鼓蒸し」、「ふかひれスープ餃子」。
どれも私の大好物ですが、飲茶に関しては、東京のお店が一番美味しいと思うのは、私だけでしょうか。
(スープ餃子のスープは相変わらず絶品でしたが)
この日はこの他、「湯葉のXO醤蒸し」、「鶏肉と蟹肉の2色のチャーハン」などなど。


f0107364_199613.jpgf0107364_1991832.jpg


こちらは夜の部。
まずは、「金華腿肉とふかひれの煮込みスープ」。
数年前に香港のお店で食べて、あまりの美味しさに気を失いそうになった絶品スープです。
(間違いなく、私が食べたものの中で、3本の指に入る美味しさです)
こちらは予約しておかないと食べられないので、事前に東京から予約を入れておきました。
ん~相変わらず美味しい。
頭のてっぺんから足の先まで、豊かな味わいが染み渡ります。


f0107364_1913445.jpgf0107364_19135840.jpg


左は、「金鶏の丸揚げ」。
「龍崗鶏」という特別な鶏を使った福臨門のスペシャリテです。
皮はパリパリ、身はジューシーなのに締まりがあって、噛めば噛むほど味があります。
個人的には、福臨門では、北京ダックより好きな一品。

右は、「豆苗の蟹あんかけ」。
これも非常に美味でしたが、一番最後に出てきたので、すでにおなかいっぱい&蟹多すぎで、食べ切れませんでした。(無念)


f0107364_1925287.jpg

そしてここでも上海蟹。(好きね~)
300グラム弱のオスが、300元(約4,600円)とのこと。
陽澄湖の2倍のお値段&蟹続きでやや食傷気味でしたが、せっかくなので、いただくことにしました。
しかしこれがまた美味しいのなんのって、「さすが福臨門~」と、夫と二人でうなってしまいました。
陽澄湖の蟹と物自体はさほど変わらないと思うですが、蒸し方が上手いのか、とにかく蟹味噌と白子のねっとり具合が最高なのです。
ん~好吃。


f0107364_19342683.jpg

蟹と一緒に、はさみとスプーンがお皿に乗って出てきますが、お願いすればお店の方が身は剥いてくれます。
お姉さんたちが上手みたいで、少なくとも中国飯店で剥いてくれる身の量の二倍はありました。


f0107364_19461252.jpg

〆は、「あわびのリゾット」。
これも福臨門の人気メニューです。
色が濃いですが、食べてみると全くお醤油臭くなく、あっさりしていてとても美味しい。
いくらでも食べられちゃいます。


f0107364_1950388.jpg

福臨門は広東料理なので、お茶は普洱茶です。
(他のお店では、だいたい、「チャイニーズティ」とお願いすると、この地方名産の龍井茶が出てきました)
しっかり目の味付けの広東料理には、やはり普洱茶が良く合います。

全体的に、料金は、東京の7~8割ってところでしょうか。
決してお安くはありませんが、サービスも悪くないし、何しろ清潔。
気分良く美味しいものを食べたい方には、おすすめのお店です。
ランチもディナーも、期待通りで、大満足でした。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/6938669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt_sophia | 2007-11-27 21:27 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(0)

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia