ブログトップ | ログイン

美味しいテーブル

ミッシェル・ブラス・トーヤ・ジャポン

f0107364_2125567.jpg

新千歳空港でレンタカーをピックアップして、洞爺湖にあるザ・ウィンザーホテル洞爺までやってきました。
今年は北海道も暖冬のようで、例年に比べると雪も少ない模様。
高速道路もスイスイと走りやすく、あっという間に洞爺に到着です。

で、ウィンザー洞爺といえば、このミッシェル・ブラス・トーヤ・ジャポン。
フランスはライヨールに本店を構える三ツ星シェフミッシェル・ブラスの、世界で唯一の支店です。
一度来てみたいと思いながら、なかなか機会がなかったのですが、今回ひょっこり夫のスケジュールが空き、急遽計画を立てて、めでたく実現の運びとなりました。
我が家は、美味しいものに対してだけは、素晴らしい団結力を発揮するのです。

ここは、昼も夜もメニューは同じで、コースは20,790円(6品)と28,875円(8品)の2種類のみ。
アラカルトもあるのですが、初めての訪問なので、今日はコースをチョイスしました。
ミッシェル・ブラスのスペシャリテである「ガルグイユ」は、8品のコースの方に入っているのですが、こちらはメインがビーフだったので、今ひとつそそられず、私達は、6品の方のコースを選び(こちらのメインは蝦夷鹿)、アラカルトで「ガルグイユ」を取りました。



f0107364_22382394.jpg

こちらが、その「ガルグイユ」。
30種類のお野菜が、芸術的に盛り付けてあり、まるで1枚の美しい陶磁器のようです。
もちろん、ただ美しいだけではなく、お野菜1ピース1ピース、とても小さいのに、しっかりと味があって、ハッとする美味しさ!
甘み、苦味、辛味など、そのお野菜の個性が最大限に生かされていて、丁寧な仕事ぶりがストレートに伝わってきます。
いやいや、これは素晴らしかった!



f0107364_2133435.jpgf0107364_2133571.jpgf0107364_21341171.jpg

f0107364_21344419.jpgf0107364_2135270.jpgf0107364_21482765.jpg



全部ではありませんが、お料理はこんな感じ。
野菜類はもちろん、帆立、蝦夷鹿、チーズなど、北海道の食材も多く使っています。
画像1段目の左(卵)と真ん中(スプーンのオードヴル)も、ミッシェル・ブラスの代表的なお皿です。

どれも美味しかったけれど、年末に行ったこちらのお店のお料理に、全てが酷似していたことには、びっくりしました。
どちらがパクっているのか、はてまたこれが最近のフレンチの流行だからなのかよくわかりませんけれど、ソースから、お皿から、盛り付けから、お料理方法などなど(お魚の低温ローストなど)、どれも本当にそっくりなのです。

もしこちらに先に来ていたら、もうちょっと感動したかもですが、そんなわけで、やや興醒めの感はあり、「お料理のインパクト」みたいなものは、正直言ってあまり感じませんでした。
でも、「ガルグイユ」はやはり素晴らしかったので、はるばる来た甲斐はあったかなとは思いましたけど。
(それと、夫は、さばの低温ローストに感動していました)

f0107364_1017228.jpg


いまだにとにかくすごい人気で、まだまだ予約も取りにくいという話も良く聞きますが、今夜は私達を含めて2テーブルのみ。
こんな空いているお店でお食事することもそうないので、違った意味でちょっと緊張しました。

また行きたい ★★★☆☆
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/4486765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by christy at 2007-02-04 13:15 x
30種類のお野菜が入っているなんてすごいですね。盛り付けも本当に綺麗で食べるのがもったいないくらいですね。こんな素敵なお店をほとんど貸切状態で食べることができてなんて、貴重な経験でしたね。行ってみたいな~。
Commented by mt_sophia at 2007-02-04 16:22
◆christyさん◆
ガルグイユ、夏場は、60種類も入るらしいですよ!とにかくこれは本当に美味しかったです。
特に美味しかったのが「ゆり根」で、たった1片のゆり根でしたが、丸々1個食べたくらいの満足感がありました。

でも、あまりに空いているお店っていうのは、かえって居心地悪かったです。(笑)
by mt_sophia | 2007-01-31 08:28 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(2)