基隆と九份

f0107364_13225684.jpg

今回は、台北に5泊とかなりのんびりした日程なので、1日は郊外に足を伸ばしてみました。
基隆は、台北から電車で40分ほどのところにある港町。
今でこそ高雄にナンバー1の座を譲りましたが、かつては台湾一を誇る最大の貿易港だったそうです。
駅に降り立つと、そこはすぐ港。
潮の香りがぷ~んと漂い、大きな船やタンカーが行き交うのを、間近に見ることができます。

基隆は、夜市で有名なのですが、私達は、行きの飛行機の機内誌で、基隆に地元で人気の水餃子のお店があることを知り、まずは、それを食べに八斗子港へ。
お店といっても、店舗を構えているわけではなく、前もって連絡を取っておけば、その方(王さんといいます)のお宅で食べさせてくれるというもの。
英語は通じないので、ホテルの方にお願いして、コンタクトを取ってもらいました。


f0107364_13245845.jpg基隆の駅から、車で15分くらい行ったところにある八斗子。
台湾北部では最大の漁港なのだそうです。
行ったのは午後だったので、すでに閑散としていましたが、きっと朝早くはそれなりに活気があるのでしょう。
王さんのお宅は、この漁港のすぐ近くにあります。



f0107364_13252571.jpgこの方が王さん。
英語もほとんど通じませんが、ニコニコと、とても優しく迎えてくれました。
全く普通の個人宅の入り口にテーブルが置いてあり、そこで王さん手作りの水餃子を食べさせてくれます。


地元の海産物を上手にアレンジした水餃子とスープ。
スープには、生の海苔が入っており、水餃子は、いか、トビウオの卵、もずくの3種類。
もちろん皮も手作りです。
水餃子3種類9個とスープがついて100元(約400円)。


f0107364_13273241.jpgf0107364_13274311.jpg


どれもさっぱりとしていて美味しかったですが、もずく入りの水餃子は、初めての食感で特に面白かった。
機内誌に載ったからには、さぞお忙しいことと思いきや、訪れる人はまだまだ少ないそうです。
やはり台北から遠いからでしょうか。



f0107364_208665.jpg

さてこちらは九份。(トップの画像もそうです)
九份は、基隆からさらにバスで40分ほど行ったところにある小さな街です。
映画「非情城市」で一躍有名になったそうで、台湾人にも人気の観光スポットとのこと。



f0107364_208247.jpg

九份からは、基隆の街を一望できます。
標高が高いので、年間を通じて雨が多いらしく、この日も霧雨模様でした。
けれど、かんかん照りより、薄暗い雰囲気の方が、この街には良く合います。
そういえば、アニメの「千と千尋の神隠し」も、この街をイメージして描かれているとか。



f0107364_1341624.jpg

細い路地には、お土産屋さんが軒を連ねています。
少々観光地化されすぎの感も否めませんでしたが、まだまだノスタルジックな雰囲気も充分に残り、なかなか味のある街でした。
しかし、いかにも観光客受けしそうなクラシカルな雰囲気の茶芸館に入ったところ、一番安いお茶が1セット600元(約2,400円)!
これには驚きました。

f0107364_13412684.jpgf0107364_20112846.jpgf0107364_20114151.jpg

f0107364_2012041.jpgf0107364_20345742.jpgf0107364_2035632.jpg


九份散策の後は、バスで再び基隆まで戻り、夜市へ。
さすが港町だけあって、士林の夜市より魚介類が充実しています。
(おまけに、活きた食用カエルまで売ってました)
お料理は、左から、牡蠣のオムレツ、青菜の炒め物、細竹の炒め物。
特に細竹は、しゃきしゃき感がとても美味しかったです。

台北~基隆まで、ローカル線で約40分。
異国の地では、なかなか小都市までは行きにくいものですが、何しろ我々日本人には、「漢字」がわかるという強みがあるのですから、ペンと紙さえあれば、大丈夫!
バスでもタクシーでも、ほとんど問題なく乗りこなせます。
日帰りでさっくり訪れるにはちょうど良い距離のところですので、台北に行かれる方は、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
王さんの水餃子もおすすめです!
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/4330496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くーみん at 2007-01-21 13:08 x
うわー味のある街ですね!
「千と千尋」のイメージって、なんとなくわかる気がします。
水餃子も屋台のごはんも、とっても美味しそうです。

それにしても、mt_sophiaさん、行動力ありますね。
私も台湾には1回行ったことあるんですけど、ツアーだったので、観光客むけのところばかりに連れて行かれて…。
屋台にはいけませんでした。
(あ!でもディンタイフォンには行きました!)

次回はぜひフリーで行って、基隆や九ィ分(←無理矢理)にも足を伸ばしてみたいです。
Commented by sugarcafe at 2007-01-22 03:59 x
九份!!一番最初に連れていってもらって台湾を好きになったきっかけが九份です・・・。帰国後、映画「悲城情市」DVDを購入しました。そしてトニーレオンの素晴らしい演技、内容に打ちのめされて、またまた九份が大好きになりました。九份は個人的にとても想い入れが強いところです。上の風景の写真を見ただけで・・・涙が出てきます。もし映画をご覧になられていないようでしたら・・・お貸し致します!!(笑)
Commented by mt_sophia at 2007-01-23 15:31
◆くーみんさん◆
ツアーだと、安いし、初めての方には楽ですが、無駄な時間が多かったり、融通が利かなかったり、コストパフォーマンス的には結局今ひとつのような気がします。私達は、筆談できるので、それほど困らないと思いますよ。今度はぜひフリーで行かれてみては?
Commented by mt_sophia at 2007-01-23 15:40
◆sugarcafeさん◆
「非情城市」は、DVD買ったんですが、時間がなくてまだ観てないんです~。本当は行く前に観て行きたかったのですが…。
九份は、薄暗い感じが、とても良いですね。またぜひ行きたいです。
夜市の筍の炒め物も、非常に美味でした!
by mt_sophia | 2007-01-11 20:16 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)