台北

f0107364_1135850.jpg

バンコクから台北にやってきました。
思ったより寒くて、びっくりしています。
(タイ帰りの身には余計に辛い)

台湾は、もう10回以上来ていますけど、いつも必ず行くのが、台湾の誇る小籠包の名店ディンタイフォン。
日本でもいくらでも食べられますけれど(日本の方が支店が多いくらい)、やっぱり台北のディンタイフォンの方が絶対に美味しい。
台北でも、他に美味しいといわれるお店に何ヶ所も行きましたけれど、絶対に絶対にディンタイフォンの方が美味しい。(きっぱり)

上記画像は、ディンタイフォンの「小籠湯包」。
普通の小籠包の半分くらいの大きさで、スープと一緒にいただくものです。
土曜日と日曜日の朝9時から10時までの1時間しか食べられないスペシャルメニュー。
今回はうまく日程が合って、久しぶりに食べることが出来ました。

f0107364_1143170.jpgf0107364_11431638.jpg


1個1個が小さいので、もうぱくぱくといくつでも食べられちゃいます。
スープは、非常にあっさりした鶏がらスープ。

f0107364_1151938.jpg



もちろん、普通の小籠包、蟹味噌入り小籠包も食べました。
薄い皮、たっぷりの肉汁で、最高に美味しい~。

ちなみに、小籠包、餃子類などは、全て原則的に10個入りですが、お願いすれば、人数に合わせて個数の調整は可能です。
(6人なら12個とか)

f0107364_1202412.jpg



入り口付近にある厨房。
大勢の職人さんが、ひとつひとつ手作りしています。
お土産用の小籠包も売っているので、一度買って帰ったことがありますが、やはり家庭の火力では美味しく蒸せませんでした。
やっぱり、ここで食べるに限ります!

また行きたい ★★★★★
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/4301059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by christy at 2007-01-10 14:13 x
こ、こんどは台北にいらっしゃるんですね~。mt-sophiaさんのブログを読んでいると世界が小さく感じます(笑)タイも台北も「庭」って感じですね(笑)
小籠包、さすがにおいしそうですね。そういえば、最近、食べていないな~。
Commented by mt_sophia at 2007-01-12 16:32
◆christyさん◆
アメリカのスケールから考えたら、アジアなんて本当に小さい世界ですよ~。成田から台北までは、3時間半ですから、アメリカ大陸も横断できません。けれど、近いと言っても、国が違えば、言葉も文化も全く違うのは面白いですね。小籠包は、台湾が一番です!
Commented by sugarcafe at 2007-01-22 03:50 x
初めまして!台湾帰りと知って、francophilieさんのブログから遊びに来ました!私も台湾大好きです!!昨年は3回行きました。そのうちの1回は2週間滞在しちゃいました。(^^;)そして私もディンタイフォンの小龍包が一番だと思います!!そしてそして!週末限定の小龍湯包!!これが一等賞〜!!同じご意見で、嬉しくなってしまって思わず書き込みしちゃいました。m(_ _)m
Commented by mt_sophia at 2007-01-23 15:34
◆sugarcafeさん◆
初めまして。こちらこそよろしくお願いします。sugarcafeさんも、台湾好きなんですね~。近いし、治安も良いし、気分転換にふらりと旅行するには、もってこいの場所ですよね!
ディンタイフォンは、絶対に一番美味しいですよね~!でも、蟹味噌入り小籠包は、なぜか日本のディンタイフォンの方が美味しいと私は思うのですが…。いかがでしょうか??
Commented by sugarcafe at 2007-01-23 23:16 x
はい、私もそれ気になっていました!あと、酸辣湯も名古屋駅のディンタイフォンのは本家より味が濃くって美味しかったです〜。(^^;)たぶん日本人好みにしているからでしょうか〜??
Commented by mt_sophia at 2007-01-24 12:00
◆sugarcafeさん◆
やはり同じように思われましたか!蟹味噌入り小籠包については、きっと使っている原材料が、日本の方が良いのでしょうね。普通の小籠包は、やはり台湾の方が美味しいと思いますが。
酸辣湯は、台北で食べる時は、ラー油とお酢を追加でどばどば入れてしまいます!
by mt_sophia | 2007-01-07 11:34 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(6)