カリフラワーのグラタン

f0107364_2051966.jpg

白くてもこもこしているカリフラワー。
カラフルな洋野菜たちの中では、何となく地味な存在のような気もしますけど、私は大好きでよく食します。

このカリフラワー、和名は「花キャベツ」または「花野菜」などと呼ばれているのですが、なぜ名前に「花」がつくか、皆様ご存知でしょうか?
実は、この白くてもこもこしている部分は、実は茎頂についた花のつぼみの結集なのです。

カリフラワーを英語で書くと「Cauliflower」。
「Cauli」とは、ラテン語で「茎」を意味し、それがフランス語の「Chou=キャベツ」になり、そこから回り回って、「花キャベツ」=「Cauliのflower」、つまり「カリフラワー」になったというわけなんですね。

で、今日はこのカリフラワーを、軽く茹でてから、ベシャメルソースとフレッシュモッツァレラを乗せて、グラタンにしてみました。
乳白色のカリフラワーは、乳製品との相性が良く、じっくり火を通すと、ホクホクで、何とも言えない豊かな甘みが口の中いっぱいに広がります。
オリーブオイルで炒めたり、ピクルスにしても美味しいですけど、やっぱりグラタンやシチューなど、乳製品を使った優しいイメージのお料理の方が、カリフラワーの魅力を何倍も引き出せるような気がします。

栄養価も高く、食物繊維も豊富で、美容にも良いようです。
これからの季節には、風邪の予防にも効果大ですよ!

f0107364_21281775.jpg

トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/3809096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 1go-tokkuri at 2006-11-16 21:37
カリフラワー食わず嫌いなのですが、この写真は実にウマそうです。
久し振りに食べてみたくなりました。
Commented by mt_sophia at 2006-11-17 18:48
◆1go-tokkuriさん◆
コメントありがとうございます。カリフラワーって、わりと好き嫌いの分かれるお野菜のようですが、じっくり火を通すと、ホクホクでとっても美味しいですよ。ぜひ食べてみて下さい。
by mt_sophia | 2006-11-15 22:50 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(2)

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia