食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。

by mt_sophia

八甲田ホテル

f0107364_21271699.jpg

青森市内に1泊してから、八甲田にやってきました。
八甲田には、いくつか宿泊施設がありますが、在住中から「10年後には絶対にここに泊まろう」と決めていたのが、この八甲田ホテル
当時、まだ若かった(?)私たちには、とても敷居が高く、せいぜいお茶をしに寄るくらいで、宿泊は10年後のお楽しみとしてとっておいたのです。
自然と調和したログハウス調の建物は、何とも温かみがあり、上品な雰囲気なホテルです。















今回は、このホテルに2泊しました。
客室の他は、レストラン2ヶ所、温泉、バー、小さな売店のみ。
余計なものは一切ない、シンプルなホテルです。



f0107364_21425653.jpgメインダイニング。
レストランは、あと1ヶ所和食のレストランがあるのですが、私たちはこの雰囲気がとても気に入ったので、結局ディナーは2日ともフレンチにしました。
天井が高く、何とも落ち着ける雰囲気です。
木のぬくもりって、良いですね。



f0107364_21483464.jpg泊まったお部屋からの景色。
ぶなはもうすっかり葉が落ちています。
普段東京の真ん中で暮らしている私たちには、「音のない瞬間」というのは皆無なわけですが、ここは本当に静かです。
のんびりと過ごすには最高の環境。



f0107364_21524676.jpg1日目に空けたルロワのシャルム・シャンベルタン1998年。
ワインの持ち込み可能とのことなので、事前に東京から送っておきました。
シャルム・シャンベルタンは初めて飲みましたが、柔らかさの中にも力強さがあり、素晴らしいワインでした。
「ブルゴーニュは男性的」という意味が、初めてわかったような気がします。



f0107364_2155842.jpg朝食は、メインダイニングで、洋食か和食、どちらか選ぶことができます。
大きな窓からは、八甲田大岳が見えて、とても気持ち良い朝のひと時。
自家製のジャムや、地元産のりんごジュース、ヨーグルトもとても美味しいです。



f0107364_21582067.jpgライトアップされたホテルは、更に魅力を増し、とても素敵です。
(技術不足で、暗い写真はどれもボケていてすみません)
ホテル内は、エントランスから廊下に至るまで、青森が生んだ天才版画家「棟方志功」の作品が、ずらりと並んでいます。
志功の作品は、木の建物に良く合います。



f0107364_2244720.jpg暖炉のあるバー。
お食事が終わった後は、残ったワインと共にこちらに移動して、ゆっくりと食後のひと時を過ごすことができます。
今日は、ムルソーと、ルロワのミレニアム記念ボトルの2本空けました。
薪が燃えるパチパチという音は、なぜこんなにも心を和ませるのでしょうね。



f0107364_2212211.jpg2日目のメニュー。
一品一品に、青森産の食材が使われています。
内容については、特にコメントなし。
(こういうところで、東京並みのレベルを期待する方がナンセンスですからね)
リラックスできる空間と、心温まるサービスだけで、充分に満足です。



f0107364_22225316.jpg私たちはレンタカーでしたが、青森市内から送迎バスも出ています。
青森市内から十和田湖に続く国道103号線は、冬は雪のため、この八甲田ホテルより先は、通行止めになります。
ホテル周辺も相当雪深いようですが、従業員の皆さんが一丸となって、毎朝除雪作業にあたるのだそうです。
なので、青森からホテルまでは、通年アクセス可能です。


今の季節は、1泊2食付で2名で約51,000円。
決してお安くはありませんが、温泉地に付き物の「湯治のおばあちゃん軍団」が一切いないので、落ち着いた雰囲気を楽しめます。
温泉もとても良いです。

場所柄、食材やサービスなどには限界があるので、都会のホテルに慣れている方は、最初は多少の物足りなさを感じるかも知れません。
けれど、この大自然の中に身を置くうちに、そんなことちっとも気にならなくなって来て、こちらがこの環境に合わせようという気になってきます。
お客様側にそういう気持ちにさせるって、すごいことですよね。

従業員の方の対応も良く、気持ち良く過ごすことのできる素敵なホテルです。
10年越しの夢が叶って、とても幸せな2日間でした。
またぜひ伺いたい。
by mt_sophia | 2006-11-07 18:00 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/3729493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くーみん at 2006-11-08 23:08 x
こんばんわ!くーみんです。
旅行記、楽しんで読ませていただきました☆
東北は、一度も行ったことがない未知の世界なので、私もいつか十和田湖に行ってみたいなと思いました!
写真もきれいですね~☆

ご結婚10周年で、新婚時代に住んでいらしたところを訪問されるなんて、素敵ですね!
これからも仲良く、お幸せにお過ごし下さい☆
Commented by rient at 2006-11-09 10:03
ご結婚10周年の記念旅行だったんですか?
おめでとうございます~♪
素敵なホテルに滞在なさったんですね~、うらやましいっ!

暖炉のあるバーでワインなんて優雅ですね。
きっとワインもいつもよりひと際美味しく感じるでしょうね。
いつか真似してみたいです~。
Commented by mt_sophia at 2006-11-09 22:25
◆くーみんさん◆
コメントありがとうございます。「東北」と一言で言っても、北は青森から南は福島までありますから、なかなか皆さん、青森まではいらっしゃらないようですね。機会があれば、ぜひいらしてみて下さい。温泉も良いですよ!
Commented by mt_sophia at 2006-11-09 22:53
◆rientさん◆
厳密に言うと、10周年は昨年だったのですが、昨年は色々あって実現せず、ようやく今回行くことができました。
結婚生活も10年を迎えると、初心なぞすっかり忘れてしまうものですが(笑)、こうして新婚時代を過ごした街を訪れるのは、あの頃のひたむきな自分達の姿を思い出させてくれて、なかなか良いものですね。
色々反省して帰ってきました(笑)。
Commented by christy at 2006-11-14 13:09 x
ご結婚10周年おめでとうございます。10年って本当に長いですよね、ぜひ末永くお幸せに。
新婚時代に青森にお住まいだったのですね。そんな思い出の土地を、節目の年に行かれることができて本当にロマンチックですね、いいな~。私も2年後に真似してみたいです。
このホテル、本当に雰囲気があって素敵ですね。こんな素敵なホテルで飲むワインは最高だったことでしょう♪
Commented by bambi at 2006-11-14 16:31 x
ゆっくり拝読させていただきましたが、八甲田ホテルはかなり素敵ですね。「音のない瞬間」は都会にいると、本当に貴重。自然からの贈り物ですね。暖炉のあるバーも八甲田ホテルに流れる時間をよりすばらしいものにさせてくれることでしょう。
私も、もっともっと自分を磨いて、暖炉のバーでシャルムシャンベルタンを飲むのがふさわしいオトナになった頃に、行って見たいです。ルロワを飲んだと言えるのも、語るのも、それからですね!
Commented by mt_sophia at 2006-11-15 18:10
◆christyさん◆
コメントありがとうございます。我が家の場合、結婚した時、夫はまだ社会人1年生でしたので、経済的な余裕もなく、家計を助けるために、私も朝から晩まで働き詰めでしたので(ってちょっとウソですが笑)、今回、10年経って、ゆっくり思い出の地を再訪することができ、懐かしさで胸がいっぱいになったと共に、新たな青森の魅力も発見できて、本当に良かったなと思いました。california_wine家の思い出の地はどちらでしょう。ぜひ2年後に向けて、素敵な計画を立てて下さいね。
Commented by mt_sophia at 2006-11-15 18:51
◆bambiさん◆
八甲田ホテル、素敵でしたよ。何しろ青森の山奥ですので、ホテルといえども、最低限必要なものしか提供できないわけですけれど、このシンプルさが、都会の過剰サービスに慣れている方々には、かえって新鮮で心地良いかも知れません。静かに自然を楽しみたい方には、お勧めです。
Commented by mt_sophia at 2008-07-10 14:35
◆早川正夫建築設計事務所さん◆
コメントありがとうございます。八甲田ホテルを建築なさったのですね。八甲田の大自然に溶け込み、木の温もりを存分に感じる素敵なホテルでした。スタッフの方々の対応も良かったです。また絶対に泊まりたいと思っています。
Commented by yoshi-pooh at 2009-02-10 16:51 x
やっぱりここにありました!!!
再来週、本業の方の関係で東北に行くことになり、母娘の韓国行きに対抗するわけではないのですが、ちょっと足を延ばして親父一人旅を考えていました。さて、どこに行こうかと思っていたら、ふと「八甲田ホテル」の文字が頭に浮かび、そういえばどこかのブログで見たことあるぞと、思いおこしたらSophiaさんのブログだったような気が・・・で、アクセスしたらやっぱりありました。
うーん、この記事読んで行くの決断、ブログみてから5分でホテルの予約とエアーの手配しました。
貴重な情報、感謝です。
ところで、当然のことながら雪いっぱい降ってるんですよね?
Commented by mt_sophia at 2009-02-10 17:16
◆yoshi-poohさん◆
なんと!青森ですか!親父(失礼!)みちのく一人旅、泣かせますね。八甲田ホテル、うらやましいです。ちょうど先日も、MrsCさんと「今年は行こうね」と話していたところです。

今の時期の青森は、雪はすごいですよ。といっても、除雪はしていますから、ホテルまでは行けるはずです。近くの酸ヶ湯(すかゆ)温泉にも、ぜひいらしてみて下さい。非公開コメントでメールアドレスお知らせいただければ、青森情報お送りしますよん!
Commented at 2009-02-11 01:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-pooh at 2009-02-21 18:51 x
こんばんはこれから八甲田ホテルでディナーです。

雪、本当にすごかったです。鉄道は雪と風でストップ。飛行機も東京に戻りそうになりましたが何とかたどり着きました。

酸ケ湯温泉も行ってきましたよ!雪のせいかわずか数人しか入ってない貸し切り状態でした。
Commented by mt_sophia at 2009-02-22 09:11
◆yoshi-poohさん◆
雪、大変そうでしたね!でも無事着いて良かったです。
酸ヶ湯、いいですね~。硫黄のあの匂いが懐かしいです。
私が住んでいた頃は、本当に素のままの混浴でしたが、色々と問題が多かったのか、2年前に行った時、女性用の入浴着(?)が出来ていてびっくりしました。