USビーフ100%ハンバーガー

f0107364_20374971.jpg

先日の某大統領来日の際のニュースで見かけたハンバーガー。
てっきり和牛を使ったものなのかと思ったら、Munch‘sのハンバーガーだというじゃありませんか。
テレビで細かく作り方まで披露していたので、早速私も真似して作ってみました。

まずは、Nissinにてステーキ用のUSビーフを購入。
そう、ひき肉ではなく、自分でえっちらほっちら、包丁で細かく刻んだお肉で作るのがポイントなのです。
(これが、手にはマメができるほどの重労働)

つなぎは使わず、お肉に加えるのは、塩、こしょうとスパイスのみ。
これをこねて、生地がまとまってきたら、成型して、フライパンで焼きます。
大統領たちが召し上がったものは、レタスとトマトも入ってましたが、私は、ハンバーガーはお野菜抜きで食べるのが好きなので(お野菜はサラダとして別添えで)、パティと一緒に挟むのは、チーズとベーコンのみ。
そして某大統領と同じく、ウェルダンが好みです。

実は、先月グアムで食べたハンバーガーが、超絶美味しく、思い出すだけでよだれが出るんですが(あれだけ食べにまたグアムに行きたい)、それもこんな感じで、粗めのお肉のパティでした。
ボリュームがあり、肉肉しいんだけれど、食べるとさっぱりしていて、ぺろりと完食。
お肉を手で刻むのは骨が折れますが、重労働に見合う価値ありの美味しさです。

トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/28566706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt_sophia | 2017-11-13 20:38 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)