ブログトップ | ログイン

美味しいテーブル

天空レストラン

f0107364_13562617.jpg

今回泊まったホテルは、64階という超高層の建物で、最上階はこのようにオープンテラスのレストランになっています。
高層建築に対する意識が寛容なのか(タイらしい)、視界を遮るような高い防護フェンスなどは一切なく、日本ではちょっとあり得ないくらいの開放感。
まるで自分が空に浮かんでいるような錯覚に陥ります。

レストランを利用しているのは、ほとんどが西洋人で、接客するタイ人スタッフも、皆、英語が話せて、大変洗練されています。
私は、タイに来てまで西洋料理を食べることもないので、このレストランは利用しませんでしたけれど、一番奥の突き出している部分は、スタンディングのバーになっているので、滞在中は毎晩ここで飲んだくれておりました。

ちなみに、値段は、タイでは破格の高め設定で、グラスワインが1杯410バーツ(約1,200円)。
グラスシャンパンに至っては、な、なんと1杯1,500バーツ(約4,500円)!
東京よりよっぽど高いです。
(が、こんなところが東京にあったら、人が殺到して大変なことになるでしょう)



f0107364_144185.jpg


64Fは、3つのレストランで構成されていて、こちらは反対側のテラスからの眺め。
オリエンタル、ペニンシュラ、新しくできたヒルトンホテルなどが見渡せます。
(夜景ももちろんきれいですが、うまく写真に撮れませんでした)

屋台も結構、天空レストランも結構、新旧東西が混在するのがタイの魅力だなと、改めて思います。
バンコクに行かれる方、ぜひ行かれてみて下さい。
また違ったタイの一面を体感できると思います。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/2760956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt_sophia | 2006-07-08 13:04 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(0)