2月のレッスン

f0107364_75449100.jpg

<今月のメニュー>
●サルサ・ロメスコとカルソッツ
●ソパ・デ・アホ(にんにくのスープ)
●真鱈のピルピル
●カヴァ
●白ワイン(スペイン)

今年は暖冬とはいえ、さすがに2月ともなると寒い日が続き、風邪やインフルエンザなどで体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。
我が家も、今月はジョンくんが珍しく1日だけ熱を出しました。

ということで、2月のレッスンは、にんにく、ねぎ、チリ、パプリカなどをたっぷり使って、風邪撃退メニューでお届けしました。
カルソッツとは、カタルーニャ地方の冬の風物詩で、毎年1月末に、このカルソッツ(長ねぎ)を食べるお祭りがあります。
長ねぎを丸ごと、炭火で真っ黒になるまで焼いて、中身だけをつるんと取り出し、ロメスコソースをたっぷりつけていただきます。
最近、長ねぎの産地としても有名な埼玉県の深谷でも、このカタルーニャのお祭りにならって、「深谷カルソッツ」というイベントを開催しています。
じっくり火を通した長ねぎは、甘味と風味が増して、とっても美味しい!!
そして体の中からぽかぽかしてくるのが、よくわかります。

ピルピルは、バスク名物のシンプルな一品。
鱈の旨味と乳化してまろやかになったオイルに、思わずパンがススむくんの一品です。
え!これで!?という驚きのアイテムを使えば、乳化もあっという間。
ぜひお試し下さ~い。

季節の変わり目、引き続きにんにく、ねぎ、唐辛子をたっぷり取って、ご自愛の上、お過ごし下さいませね。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/25052341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt_sophia | 2016-02-29 07:54 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)