食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。

by mt_sophia

コッポラ監督のワイナリー

f0107364_0232897.jpg

カリフォルニアでも、ワインテイスティングツアーというのは、今とっても人気のようで、数年前に来た時に比べると、全てにおいて物価が上がっている印象があります。
特にテイスティングは、以前は無料のところも多かったのに、今回行ったところでは、ほぼ全てが有料。
中でも一番驚いたのが、「Rubicon Estate」と呼ばれる有名ワイナリーで、ここはなんと入るだけで25ドル取られるシステムに変わっていました。
テイスティングしてもしなくても、ワイナリーに入るだけで25ドルですよ~!
これには驚きです。

ここは、映画「God Father」などで有名なフランシス・コッポラ監督が所有するワイナリーで、有名な「Rubicon」というワインを作っています。
以前は「Niebaum Coppola Estate」と呼ばれていたのですが、最近コッポラ監督の気が変わり、ここのワイナリーでは、一切「Coppola」という名前を使わないようにしたそうです。
で、ワイナリーの名前も、「Rubicon Estate」に変わったわけですね。
(一部では、コッポラ監督が経営から撤退したという話も出回っているようですが、それは間違えです)

以前は、Coppola印のお土産グッズやワインが山のように売られていたのですが、そのようなものも全てなくなっていました。
私は、MrsCさんに頼まれたRubiconを買うために行ったのですが、そんなわけで25ドルも取られたので、せっかくなのでツアーとテイスティングにも参加して来ました。
テイスティングは、Rubiconを含めて5種類くらい。
ツアーは、ワイナリーの歴史から色々と詳しく説明してくれるので、なかなか面白いです。(って半分も理解できてないですが)



f0107364_1174766.jpg


これが、2002年のRubicon。
ワイナリー(上記画像)が、ラベルの絵になっているのが、おわかりになるでしょうか?
今までのものは、「Niebaum Coppola」となってましたが、今年リリースされたものから、「Rubicon Estate」に変わっています。
数年前、MrsCさんと一緒にハワイに行った時、お食事に出かけた先のレストランで飲んだのがこのRubiconで、MrsCさんは、これをいたく気に入り、以来大のRubiconファン。
ここはOpus Oneと違って、値段はそれほど激変していませんでした。(2002年物が110ドル)。



f0107364_17538.jpg

ワイナリーのお庭にある、レモンとオレンジが同時になっている不思議な樹。
って、単に2本の樹をくっつけて1本の樹に見せているだけなのですが、ここの名物のようです。


ちなみに、コッポラ監督は、ソノマというナパから1時間ほど離れた別の地区にワイナリーを購入し、今後はそちらを「観光客向けワイナリー」として機能させていくのだそうです。
今回、ソノマまで行ったので、そちらもついでに覗いてみましたが、Coppola印のワインからお土産グッズまで、幅広く売られていました。
by mt_sophia | 2006-05-08 00:52 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/2105370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mrs.C at 2006-05-10 09:50 x
Rubiちゃん、そんなにエラそうになっていたのね それは恐縮です。JAL機内で入手した森伊蔵を進呈するので入場料としてご笑納くださいまし。SF市内でRubiconを買わないと大変だわね 余談だけど仏のLaRochellで入手したPiteauという酒精強化ワインが美味でしたので次回持参します。アペリティフにもデザートワインとしてもOKです。
Commented by BK at 2006-05-10 10:31 x
順調に旅されているようでなにより!です。2年前、1日だけでしたがナパめぐりをしたので、とても懐かしく写真を見ています。
外で撮った写真がいつも青空っぽいのですが、お天気いつもいいんですか?
SFOで、毎日お日様が拝めるなんてとったもラッキーではないでしょうか?
Mrs.Cさん、最近JALの機内販売で、焼酎売ってるんですか?それってもちろん国内線ですよね??
Commented by cork-christy at 2006-05-10 15:40
Corkです。ワイナリーの名前が「Rubicon Estate」に変わったとは知りませんでした。25ドルっていうのは、これは入場料ですよね。入場料をとるWineryというのは、しいていえばSterlingのゴンドラ料位しか思い当たらないのですが、それにしてもとても高いような気がします。それでも25ドルを取られても一度はRubiconに行ってみたい、と思ってしまう僕は、思いっきり策略にはまっているのでしょうか(笑)。今後も情報を楽しみにしています!
Commented by Mrs.C at 2006-05-10 16:43 x
BKさんご無沙汰しています。なかなかお会いする機会がないですね。さて森伊蔵ですがJALの国際線の免税品目にあるのですよ。欧州北米路線中心に限定版720mlです。3月にSFOに行った時は売り切れで今回の欧州線でようやくGETできました。お天気ですがナパはいつも快晴でしたよ SFOの狭い地域のみ海流の関係で寒くて曇っていると聞いています。SFO近郊の友人宅まで少し離れただけですぐに快晴地域に突入しますしね。
Commented by mt_sophia at 2006-05-10 19:48
◆MrsCさん◆
偉そうもなにも、まずゲートのところで、スーツ姿に黒サングラスの男性スタッフに止められ、一体何事かと思いました。その他エントランス付近にもスーツに黒サングラスがうろうろしていて、なんと車を止めるのにも、Valetですから驚きです。あののどかでのんびりした雰囲気がなくなってしまい、ちょっと残念でした。
Commented by mt_sophia at 2006-05-10 19:52
◆BKさん◆
そうですね~。SF市内も、ナパも、ラッキーなことにお天気が良かったです。ナパはともかく、SFでこんなにお天気が良い日が続くのは、珍しいのではと思います。BKさんからお借りしたガイドブック、重宝してますよん。
Commented by mt_sophia at 2006-05-10 19:56
◆cork-christyさん◆
テイスティング代も含まれているので、「入場料」という名目ではないのでしょうけれど、でも、例えば、「テイスティングはせずにワインだけを買いに来た」ような場合でも、基本的には25ドルとられるようです。なのでやっぱり「入場料」なのでしょうか??エントランスで、「パスポート」なるものを渡され、ちゃんと支払っているかどうか、帰りにチェックされる仕組みになっています。パスポートは3日間有効で、3日間は自由に出入りできるようですが、その場合、テイスティングはまた別途支払うようです。となると、やっぱり単なる「入場料」?ん?なんかややこしいですね。
Commented by BK at 2006-05-11 20:06 x
Mrs.Cさん、ぶしつけに質問だけぶつけちゃってすみません。こちらこそご無沙汰しています。JAL情報ありがとうございました。だれか出張者がいれば、頼んでみようかな♪うちはNWがほとんどでJALには乗らないもので。
Commented by mt_sophia at 2006-05-12 06:54
◆BKさん◆
JALは、ファーストクラスで「森伊蔵」を出しているんですよ。この前乗った時、出てきました。というのはうそですけど。