プロヴァンス in 福島

f0107364_17505988.gif

ソ印パテとコンフィを持って出かけた先は、フランスはプロヴァンス…ではなく、福島県の福島市。
25年近く前に、我が家(実家)にカナダ人の青年(当時)がホームステイしていたのですが、その彼が、一度カナダに戻り、その後再来日した先が、なぜかこの福島で、この土地を気に入った彼は、そのままそこに住み着いてしまいました。
それから、かれこれ20年近く。
彼の両親とは昨年フランスで再会したり、家族や親族とは、東京やカナダで会ったりしているのに、同じ日本に住んでいると、「いつでも会える」と思うからか、新幹線で1時間半のところに住む彼とは、もう長いこと会っていませんでした。
で、ついにこの連休に、彼とその家族を訪ねることに。
彼と会うのは、なんと10年ぶりです。
出会った頃は、日本語はほとんど話せなかった彼ですが、今では普通に福島弁を話す立派な東北県人です。


f0107364_1754758.gif

おうちは、駅から車で30分ほど行った山の中にありました。
彼がこよなく愛するプロヴァンスのテイストが、至るところに見受けらる素敵なお宅です。
広いお庭には、果樹がたくさんあって、時々は野生の猿も出現するのだそう。
狭い都会のマンション暮らしの私たちには、ここにいるだけで、かなり脱日常。
どっぷりとプロヴァンスの休日気分です。


f0107364_1831137.jpg

福島弁、東京弁、英語、フランス語が飛び交う中、食べて、飲んで、おしゃべりして…の休日。
フランス人のパパよりフランス人な彼は、私が持参したパテとコンフィをとても喜んでくれました。
お互い驚いたのが、「こんなにお酒飲めたっけ?」。
あはは…お互い大人になったんですね~。
ジョンくんも、彼の二人の子供と一緒に遊べて、とても楽しそうでした。

異国の地で、家族を持ち、人と付き合い、ビジネスをするというのは、決して簡単なことではないでしょう。
彼を見ていると、何よりも「ぶれない価値観」が人間を強くするなと、いつも思います。
25年前にひょんなことから始まったこのご縁、お互いの子供、そしてその子供…と、末永く続くと良いなと思います。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/14777228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BK at 2010-10-13 01:25 x
福島って言わなきゃ、すっかり騙されるよー。
チーズフォンヂュ、美味しそう♪
Commented by r-oya at 2010-10-13 09:43 x
パテとコンフィは、福島で食べられたんですね~~!
プロヴァンステイストなお家、すてきですね~!
Commented by mt_sophia at 2010-10-14 11:49
◆BKさん◆
あはは…そうですね。でもこの二人の子供たち、バリバリの福島弁なんですよ~。面白かったです。

チーズフォンデュ、美味しかったです。たまに食べると良いですね。
Commented by mt_sophia at 2010-10-14 11:53
◆r-oyaさん◆
はい、担いで行きました。他にも色々お土産あったのですが、ギリギリまで別件で家で飲んでいて、すっかり酔っ払って持って行くのを忘れてしまいました。
暖炉、タイル張りの床、タイル張りのキッチンなど、プロヴァンスそのままでした。
by mt_sophia | 2010-10-11 20:22 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(4)

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia