嬉しいサプライズ

f0107364_6151474.gif

先週末、マイケル・ジャクソンの「This is it」を観に行った帰りに、何か良い予感がして(?)、銀座のマロニエ・ゲートの「ブラッセリー・ポール・ボキューズ」に立ち寄りました。
ちょうどジョンくんは眠ってしまってくれたので、夫とシャンパン飲みながら、映画の感想など話しつつお食事していると、入り口の方から何やらざわめきが…。
ふと見ると、かのポール・ボキューズ氏が、ヒラマツグループ総帥の平松氏らと一緒に、お店に入って来たところでした。
お店のスタッフ達と握手やハグを交わした後、ムッスィウご一行は、奥の個室スペースへ。
一緒にいらしたのは、南仏モンペリエの双子の三ツ星シェフ、プルセル兄弟、アルザス「オーベルジュ・ド・リル」の2代目シェフ、マルク・エーベルラン氏、代官山「リストランテAso」の阿曽氏などなど、合計いくつ星?という豪華な顔ぶれでした。
(トップの画像は、お店の入り口に飾ってあったボキューズ氏とヒラマツ氏のお写真です)


f0107364_7411528.gif

店の方によると、この日の朝9時に成田に到着、そのまま国立にある料理学校へ行き、何やらのイベントをこなし、その帰りにこちらのお店にお食事にお立ち寄りになったのだそう。
御年83歳にしてこの過密スケジュール、脱帽です。
さっくりとお食事を終えられ、個室から出ていらしたボキューズ氏は、各テーブルを廻り、気軽に記念撮影に応じていらっしゃいました。


f0107364_748332.gif

こちらは、エーベルラン氏と、双子のプルセル兄弟。
いずれも、ヒラマツと提携して、東京にお店を出しています。
エーベルラン氏の「オーベルジュ・ド・リル」は、40年以上も三ツ星を守り続けているアルザスの名店。
某女優が某パティシエ氏にプロポーズされたとかっていうのが、ここのお店でしたね。


f0107364_7525950.gif

プルセル兄弟が、ジョンくんを抱っこして一緒に写真を撮ってくれました。
が、ジョンくん大泣きしています。
プルセル兄弟のお店は、今年の春、南仏に滞在していた時、行きたいと思いながら、叶いませんでした。
ジョンくんが大きくなったら、いつかこの写真を持って、一緒に行けたらいいなあ。
(プルセル兄弟の「ジャルダン・デ・サンス」は、現在二ツ星です)


f0107364_7564090.gif

後姿まで双子です…。



f0107364_758578.gif

あちこちで記念撮影。
我が家も、ボキューズ氏と一緒に撮ってもらっちゃいました。
ちなみに真ん中の白髪の日本人の方が、ヒラマツグループ総帥、平松氏です。
パリのHiramatsuには行ったのに、なぜか東京のヒラマツにはご縁がない私。
初めて生の平松氏を見ました。


f0107364_85036.jpg

この夜私がいただいたメニュー。
きのこと生ハムのサラダ、スープ、オマール海老のクネル、デザート。
夫は、リードヴォーのフリカッセと、チキンとフォアグラのルーローをチョイスしたのですが、後から聞いたら、ボキューズ氏も、今夜はその二品を選ばれたのだそうです。
シェフには、良い練習になったかも?(笑)

ちなみに、この翌日には、これらのシェフが大集合しての特別ガラディナーが、代官山にあるメゾン・ポール・ボキューズにて開催されたそうです。
お一人様10万円也。
その様子は、翌日の日経新聞にも載っていたらしく、私の上記の話を、このガラディナーに行ったのかと勘違いした友人が、「新聞にも載ってたわね」とメールをくれました。
残念ですが、違います。

この日は、マイケル・ジャクソンに感動し、大興奮の私。
その後のポール・ボキューズでは、(お料理はさておき)嬉しいサプライズ。
良い日曜日でした。
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/12336690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt_sophia | 2009-11-18 08:46 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(0)

食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。


by mt_sophia