食べること飲むこと作ること大好き。日々の「美味しい」をお届けします。

by mt_sophia

10月のレッスン

f0107364_15435454.gif

<今月のメニュー>
 ・秋刀魚の軽いマリネ
 ・かぼちゃとリコッタチーズのカヴァタッピ
 ・豚肉のインヴォルティーニ
 ・赤ワイン2種
 ・ハロウィンのお菓子
 ・ソ印りんごジャム

台風騒動などもありましたが、全体的には安定した秋らしい爽やかな陽気が続いた10月。
お料理のメニューも、秋の食材満載でお送りしました。

まず前菜は、秋を代表する食材「秋刀魚」を使った軽いマリネ。
脂がたっぷり乗ったお刺身用の秋刀魚を、白ワインビネガーでささっとマリネし、グリーンオリーブとバジルのソースでさっぱりといただきます。
お恥ずかしいことに、私はこの手のものは苦手なのでパスでしたが、皆様にはとっても好評。
今年は秋刀魚が美味しくて安いので、ぜひぜひ復習してみて下さい。

*骨なしクラスの皆様へ業務連絡
 骨ありクラスの方々によると、骨は取らなくても全く気にならないとのことです

続いては、かぼちゃとリコッタチーズのカヴァタッピ。
ハロウィンにちなんで、かぼちゃのメニューをひとつ入れました。
かぼちゃの優しい甘味と、リコッタチーズの爽やかな風味が良く合って、カヴァタッピとの相性もばっちり。
かぼちゃは、このあたりのかぼちゃで色々試してみましたが、なにわやで売っている北海道産のかぼちゃが、一番ほくほくしていて、甘味が強く、美味しかったです。

ところで、先日のクイズの正解。
カヴァタッピとは…


f0107364_9234037.gif

そうです!
「ワインオープナー」のことでした!
言われてみると、確かに納得~ですね。

メインは、豚肉のインヴォルティーニ。
「インヴォルティーニ」とは、何かを巻いたお料理のことを指します。
今回は、とろとろに炒めたなす、イタリアの「プロボローネ」というチーズを生ハムで巻き、それを更に豚肉で巻いたというインヴォルティーニのインヴォルティーニ。
それを更に一度焼き付けてから、最後にトマトソースで軽く煮込みました。
煮込む際には、秋らしさを出すためにきのこも一緒に。
こちらは、トランペット、ポルチーニ、ピエ・ド・ムートン、ジロール、プルロットなどなど、その時に手に入るフレッシュなきのこを使いました。
ナイフを入れると、生ハムの香りがふわ~んと漂い、中からなすとチーズがとろ~り。
美味しくないわけありませんね~。
パンにもご飯にも良く合う「おかず」風の一品でした。


f0107364_1081842.gif

今月から、新しくお入りなった方が数名。
クラスも1クラス増設し、ますます賑やかになりつつあるお食事お料理教室です。
一緒に食べること、飲むこと、作ることを楽しめる仲間が増えるのは、私にとって日々を過ごす何よりものエナジーになります。
今後ともよろしくお願いいたします。
by mt_sophia | 2009-10-27 21:42 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://winedine.exblog.jp/tb/12214496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。