f0107364_20374971.jpg

先日の某大統領来日の際のニュースで見かけたハンバーガー。
てっきり和牛を使ったものなのかと思ったら、Munch‘sのハンバーガーだというじゃありませんか。
テレビで細かく作り方まで披露していたので、早速私も真似して作ってみました。

まずは、Nissinにてステーキ用のUSビーフを購入。
そう、ひき肉ではなく、自分でえっちらほっちら、包丁で細かく刻んだお肉で作るのがポイントなのです。
(これが、手にはマメができるほどの重労働)

つなぎは使わず、お肉に加えるのは、塩、こしょうとスパイスのみ。
これをこねて、生地がまとまってきたら、成型して、フライパンで焼きます。
大統領たちが召し上がったものは、レタスとトマトも入ってましたが、私は、ハンバーガーはお野菜抜きで食べるのが好きなので(お野菜はサラダとして別添えで)、パティと一緒に挟むのは、チーズとベーコンのみ。
そして某大統領と同じく、ウェルダンが好みです。

実は、先月グアムで食べたハンバーガーが、超絶美味しく、思い出すだけでよだれが出るんですが(あれだけ食べにまたグアムに行きたい)、それもこんな感じで、粗めのお肉のパティでした。
ボリュームがあり、肉肉しいんだけれど、食べるとさっぱりしていて、ぺろりと完食。
お肉を手で刻むのは骨が折れますが、重労働に見合う価値ありの美味しさです。

# by mt_sophia | 2017-11-13 20:38 | 美味しいテーブル(洋) | Trackback | Comments(0)

10月のレッスン

f0107364_08350523.jpg

<今月のメニュー>
●いちじくとゴルゴンゾーラのブルスケッタ
●栗、さつまいも、舞茸のタリアテッレ
●秋なすを巻いた豚肉ときのこのトマト煮込み
●秋のサングリア
●赤ワイン

10月は、雨が多かったですね。
週末がほとんど雨に見舞われたのはとても残念でした。
学校によっては、運動会が、延期、延期で、ついに開催されずに終わったところもあるとか。
急に寒くなりましたし、このところ中東系のメニューが続いていたので、今月のレッスンは、秋らしいベタなイタリアンメニューにしてみました。

トップの画像は、いちじくとゴルゴンゾーラのブルスケッタ。
(地味な画像ですみません)
いちじくの甘味と、ゴルゴンゾーラの塩気が、クセになります。
いちじくって、生ハムともよく合うし、秋のイタリアンメニューには欠かせない存在ですね。

この他、栗、さつまいも、きのこ、なす…と、秋の食材満載。
サングリアも、ぶどう、柿、りんご、洋梨などなど、秋の果物たくさんで作りました。
皆様にも、たっぷりと秋の味覚を楽しんでいただけたのではないでしょうか。


f0107364_9202483.jpg

といいつつ、いきなり海の画像で失礼します(笑)。
毎年10月は様々なイベントが続き、毎日がバタバタであっという間に過ぎて行くのですが、今年はその合間を縫って、南の島でしばしの休息。
Where America's day begins.
子供のためと割り切れば、ハワイの上を行ってるなーと、新たな発見でした。
しばらくハマりそうな予感…。

どなた様も、お体大切にお過ごし下さいね。

# by mt_sophia | 2017-10-31 08:35 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

9月のレッスン

f0107364_20164818.jpg




<今月のメニュー>
●ショルバ
●チュニジア風ブリック
●ハリッサチキン 季節野菜とクスクス添え
●自家製ハリッサ
●ワイン2種

夏らしくない夏も終わりを迎え、東京にも秋の気配が漂い始めました。
毎年9月は、夏?秋?とメニューに頭を悩ませるのですが、今年は、7月のメニューからの流れで、北アフリカ(チュニジア・モロッコ界隈)あたりのイメージで。
トップの画像だと、エスニッククラスですか?という画ですが、これはチュニジアの唐辛子ペースト「ハリッサ(フランス語だとアリッサ)」を作った時のものです。
奥に見えるのは、タイからえっちらおっちら持ち帰った石臼。
最近、この「ハリッサ」が、食品業界で静かなブームらしく、市販品も充実しつつあるようですが、やはり生の唐辛子とスパイスで丁寧に手作りしたものは、キレと清涼感が違います。

f0107364_20170238.jpg


制作途中、カプサイシン作用で、涙とくしゃみが止まらず大変なことになりますが、充分に苦労する価値ありの美味しさです。
ぜひ皆様も手作りしてみて下さいね~。

メインの他は、北アフリカのスープ「ショルバ」と、ツナと生卵で作る「チュニジア風ブリック」。
どのお料理も、ハリッサを添えたり、スパイスをたっぷり使うので、本来は、もう少し真夏の頃に食べたいお料理なのですが、オーブンや火力を多く使うため、少し涼しくなってからの登場となりました。
汗かきかき美味しくいただきました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。


f0107364_20171580.jpg

いただいたお花も、すっかりシックな色合い。
秋ですねえ。
どなた様も、体調管理に気をつけて、秋の味覚を楽しまれて下さいね。

# by mt_sophia | 2017-09-30 20:50 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

茹で落花生

f0107364_10454516.jpg


最近スーパーでよくお目にかかれる生の落花生(ピーナッツ)。
一度買ってみたいと思いつつ、なんとなくそのままになっていたのですが、先日、港区三田の「趙楊」に火鍋を食べに行ったところ、立派な茹で落花生が、おつまみで出て来ました。
すごくしっとりしていて、ほくほくで、美味しい。(思わずおかわりしてしまいました)
作り方をお店の方にたずねると、至ってシンプル。
これは自分でも作ってみねばと、早速生のピーナッツを買ってきました。
調べたら、落花生って、9月~10月あたりが旬なんだそうです。
へ~知らなかった!


f0107364_10462811.jpg

茹でる前の落花生。
なかなか立派です。
これを、お塩とお出汁ちょっとを加えたたっぷりのお湯で茹でます。
趙楊でいただいた時、殻がきれいに縦半分に割れるのは、あらかじめ切り目を入れてあるから?(でもどうやって?)と不思議に思っていましたが、茹でると自然に割れるんですね。


f0107364_10465271.jpg

しっとり美味しく出来ました。
やめられない、止まらない。
ついつい手が伸び、危険です。
# by mt_sophia | 2017-09-29 09:36 | 美味しいテーブル(和) | Trackback | Comments(0)

f0107364_12331279.jpg

パッとしないお天気が続いた8月でしたが、毎夏恒例の特別クラスは、予定通り行いました。
今年のお料理クラスは、アメリカンとタイの2クラス。
どなたにも愛される陽気なアメリカンテイストと、定番の人気タイ料理メニューをご用意しました。

まずは、アメリカンクラス。
夏の間は、おおむね富士山麓に籠っておりましたが、合間にちょろっと南国に行っておりました。
アメリカンなプレートとキャンドルは、その際にウィリアムズソノマにて購入。


f0107364_12401379.jpg

<アメリカンメニュー>
◆バターミルクフライドチキン ハニーマスタード添え
◆カリフォルニアロール
◆ポテトスキン
◆スパイシーシュリンプのサラダ
◆スパイシー枝豆
◆アイスクリームサンデー
◆ビール
◆モヒート


f0107364_12450792.jpg

フライドチキンは、淡泊な胸肉を使いましたが、バターミルク効果で、しっとりジューシー。
ハニーマスタードをたっぷりつけていただくと、さらにアメリカーン度アップです。

モヒートは、本場イエルバブエナ(キューバのミント)を使いました。
イエルバブエナとライムがかもし出すこの清涼感は、夏のアメリカンテイストにぴったりですね。



続いてタイ料理クラス。
f0107364_12593217.jpg

<タイ料理メニュー>
◆ガイ・パッ・バイガパオ 目玉焼き添え
◆ヤムウンセン
◆レバーサテ
◆ソムタム
◆スパイシーナッツ
◆タイライス
◆タイビール
◆タイヒート
◆バナナのココナツミルク煮


f0107364_13395494.jpg

ガバオもヤムウンセンも、人気の定番料理。
*当初別の春雨を使ったメニュー(クン・オップ・ウンセン)を考えていましたが、ガパオと味が同じ系統なので、ヤムウンセンに変更しました。
ハーブ、香辛料などを含むタイ食材は、錦糸町にて調達。
タイヒートは、タイ版モヒートで、ガバオ(タイバジル)、マナオ(タイのライム)、レモングラス、唐辛子を入れて作りました。
ピリ辛で美味しい~。

アメリカンクラスもタイクラスも、みんなでワイワイ取り分けながら、夏の想い出を語りつつ、美味しく頂戴いたしました。



f0107364_13532375.jpg

そして恒例シャンパンクラス。
今年は、11名の酒豪美女が集いました。
以前開催していたワインクラスから数えると、記念すべき第30回のワインクラスということで、満を持して「ペリエ・ジュエ」の登場。
スタンダードキュベ、ブラン・ド・ブラン、ロゼ、そしてもちろん、プレステージキュベのベル・エポックも。


f0107364_1351144.jpg

おっほっほ、これまた飲みましたね。
11人で、14本。
ドンペリも空いてました。(いつの間に…笑)

美しいベル・エポックのグラスは、皆様におひとつずつお持ち帰りいただきました。
この夏の想い出のひとつとして、大切にしていただければと思います。

夏の特別レッスンが終わると、そろそろ秋かなあと思います。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
9月のレッスンで、またお目にかかりましょう。
# by mt_sophia | 2017-09-06 12:25 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

このところ、ブログの更新もままならない状態で、大変失礼しております。
皆様、夏をいかがお過ごしでしょうか。
私は、変わらず元気に山籠り生活を送っております。

さて、今年も、8月は、いつもブログをご覧いただいている皆様にもご参加いただける特別レッスンを、下記の通り開催させていただくことにしました。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお申込み下さいませ。

日程とメニューは以下の通りです。

8月29日(火)11:00~、19:30~
メニュー : カリフォルニアロール、バターミルクフライドチキン、ポテトスキン、スパイシーシュリンプサラダ、他数品、ビール、モヒート、デザート

8月30日(水)19:30~
メニュー : ガイパッバイガパオ(鶏とタイバジルの炒め物)、クンオップウンセン(海老と春雨の土鍋蒸し煮)、レバーサテ(レバー串焼き)、タイ風スパイシーナッツ、他数品、タイライス、デザート、タイビール飲み放題

参加費 : 各クラスとも、おひとり8,000円となります。

***

参加ご希望の方は、下記のコメント欄より「非公開コメント」にてお申込み下さいませ。
その際、連絡先のメールアドレス、簡単なプロフィール等も合わせてご記入いただけますと助かります。
折り返しこちらからご指定のメールアドレスに、詳細返信させていただきます。

お申込みは先着順とさせていただきます。
なお、参加は女性の方のみに限らせていただきすので、よろしくご了承くださいませ。

# by mt_sophia | 2017-08-18 22:20 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

7月のレッスン

f0107364_19542081.jpg

<今月のメニュー>
●タラモサラタ
●富士河口湖産お野菜とハルーミチーズのサラダ
●ポークのユヴェチ
●ピタ
●ワイン2種
●自家製リモンチェロ

今月は、ギリシャ・トルコ・キプロスあたりをイメージしたメニュー。
ユヴェチとは、ギリシャの煮込み料理で、オルゾ(リゾーニ)というお米の形をしたパスタを使って仕上げます。

お野菜は、全て富士河口湖で取れた新鮮野菜を使いました。
お味が濃く、苦み、甘味の輪郭がしっかりしている力強いお野菜たちです。
ハルーミチーズの塩気との相性も良く、もりもりと美味しくいただきました。

このところ、色々とバタバタしていて、ブログの更新がままならず申し訳ありません。
8月は、お教室外の方にもご参加いただけるクラスを何クラスか開催する予定ですので、ご興味ある方は、ぜひコメント欄よりお問合せ下さいませ。



f0107364_20352365.jpg

(おまけ)
我が家のジョンくんは、先日小笠原に行ってきました。
イルカと一緒に泳いだそうです。
皆様も、良い夏をお過ごし下さい。
# by mt_sophia | 2017-08-07 20:08 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(2)

6月のレッスン

<今月のメニュー>
●白インゲン豆とボッタルガ
●しらすのアヒージョ
●ハーブマリネした鰆(さわら)のグリル フレッシュトマトのソース
●ワイン2種

ひゃ~すっかり間が空いてしまいました。
画像がないのですが、とりあえず備忘のためにレッスンメニューを残しておきます。

6月は、前菜からメインまで、お魚祭り。
しらすは、神奈川県茅ケ崎市の網元からのお取り寄せです。
旨味たっぷりのオリーヴオイルに、バゲットをひたひたしていただくのは、至福ですね。
白ワインも進んで、今月も楽しいレッスンでした。
# by mt_sophia | 2017-06-30 19:31 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

5月のレッスン

f0107364_16551021.jpg

<今月のメニュー>
●初かつおのカルパッチョ バジルのソース
●お豆と野菜のスープリゾット
●ボローニャ風仔牛のカツレツ
●セルバチコとベビーケールのサラダ
●ワイン2種

爽やかな陽気が続いた5月。
レッスンメニューも、初夏を感じられるメニューにしました。
かつおに使ったガラスのオードブルプレートが、テーブルクロスの柄をそのまま見せるので、なんとも涼しげと好評。
きりりと冷えたピノ・グリとよく合いました。

メインのボローニャ風カツレツは、北海道産の仔牛肉を使いました。
一見ボリュームありそうな一品ですが、仔牛肉は淡泊であっさりしているので、意外とぺろっとイケてしまいます。
美味しいものてんこ盛りのボローニャ風カツレツ、食いしん坊に喜ばれるメニューですね。
ぜひおうちでも作ってみて下さい。


f0107364_16552981.jpg

今月で9歳になったジョンくん。
本当にあっという間です。
今年は、山の家にいたので、あちらでささやかなバースデイパーティをいたしました。
まだまだ中身も外見も、到底9歳とは思えない幼さですが、子供が子供でいられる時間は短いので、健康第一に、これからも子供らしく、毎日を楽しく過ごしてもらえたらと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
# by mt_sophia | 2017-05-31 16:55 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(4)

4月のレッスン

f0107364_13505118.jpg

<今月のメニュー>
●デヴィルドエッグ
●パプリカ入りハム
●ブロッコリーのオレキエッテ
●ラムのグリル グリーンマスタードソース
●シャンドン 春ラベル
●赤ワイン

5月はバタバタしていて、すっかり更新が遅くなりました。
桜が終わり、美しい新緑→初夏の爽やかな風…などといっているうちに、そろそろ梅雨入りしそうな気配すら漂っていますが、皆様お変わりないでしょうか。

さて、4月はイースターでしたので、レッスンも、イースターにちなんだメニューでお届けしました。
卵、ハム、ラムは、イースターの定番ですが、全体的に、緑や黄色など、ほっこりと心が和むような色合いでまとめ、イースターらしいテーブルになりました。

可愛らしいイースターバニーのプレートは、この春、新しく我が家の仲間入り。
クロスも新調し、清々しい気分で迎えた4月(イースター)でした。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
# by mt_sophia | 2017-04-30 13:51 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)



f0107364_17341648.jpg

今年は、桜が遅いですね。
夫のお誕生日が先週だったのですが、ここ数年(数十年?)彼のお誕生日まで桜が残っていることはとても珍しいので、週末はお花見がてら、横浜まで足を伸ばしました。


f0107364_2081343.jpg

みなとみらいに注ぐ大岡川は、桜の名所で、この季節のみお花見クルーズを運行しています。
この週末がちょうど満開で、ばっちりのタイミング。
日中のクルーズと夜桜クルーズ、両方乗って来ました。


f0107364_17433723.jpg

夜のクルーズは、正直なところ、桜がライトアップされているわけではないので、今ひとつ桜の魅力は堪能できず、でもみなとみらいの夜景は、船の上から楽しめました。
このあたりは、20年ほど前に、6年ほど住んでいたので、懐かしさはもちろん、みなとみらいの、進化しているようで、実はいつまで経っても微妙にあか抜けないこの横浜らしさが、何とも心地良く、充実の週末旅行となりました。
# by mt_sophia | 2017-04-10 17:45 | 美味しい旅・風景 | Trackback | Comments(0)

3月のレッスン

f0107364_16583167.jpg

<今月のメニュー>
●ほたるいかとミニトマトのカクテル
●季節のフリット(たらの芽、こごみ、うど、あさつきなどなど)
●トリップのカルヴァドス煮込み
●白ワイン

桜も見頃を迎え、いよいよ春本番を迎えましたね。
レッスンも、春の香り満載でお届けしました。

トップの画像は、今年から新しく我が家の一員となった桜柄のプレート。
Wedgewood社製「スプリング・ブロッサム」シリーズです。
洋食器ですが、和食にも使えそうなお上品で繊細な絵柄が気に入っています。
今月は、ナプキンも桜柄、クロスもピンクで、テーブルの上も春爛漫でした。

前菜には、3月のお約束ほたるいかを始め、たらの芽、こごみ、芽キャベツ、あさつきなどなど、春の味覚を揃えました。
春に美味しい食材は、どれも大人の味ですね。

メインのトリップのカルヴァドス煮込みは、元々はノルマンディーの郷土料理ですが、ご家庭でも作りやすいよ
うに、レシピをシンプルにアレンジしました。
もつ類は、なにわや(麻布十番)、大久保商店(品川)で調達。
新鮮なもつならではの香り、歯ごたえ、旨味…もつ好きにはたまらない美味しさです。
一緒に煮込んだじゃがいもが、これまた良い味を出してくれてました。


f0107364_1755513.jpg

前菜に合わせて、白ワインをご用意しましたが、メインに合わせるワインは、各クラス1名をご指名し、それぞれご自分で選んで持って来ていただくことにしました。
「カルヴァドスを使った内臓料理に合うもの(トマトソースは使わない)」で、「1本1,800円以下」という条件付き。
ソムリエの方とご相談された方、お友達とご相談された方、自分で色々試して選ばれた方、皆様それぞれ、ワインもそれぞれ(赤白混合、全て違う種類でした)、ワインは、全てブラインドでいただき、皆で盛り上がりました。
好評だったので、今後は時々、こういう企画も織り交ぜて、皆様のワインに対する更なる興味を引き出せたらと思っています。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

今週が、東京は桜のピークでしょうか。
どうぞ皆様、美しい春を楽しまれて下さいませね。
# by mt_sophia | 2017-03-31 16:57 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

2月のレッスン

f0107364_9135760.jpg

<今月のメニュー>
●チキンレバーのコンフィ
●サラダ・エピナール
●魚介のポットパイ
●赤ワイン二種

昨年に比べると、今年はスキーの当たり年。
2月の我が家は、スキーに忙しく、ブログの更新もままならず失礼いたしました。

2月は、体の温まるメニューということで、ポットパイがメイン。
ポットパイとは、パイ包みのシチューのことで、丁寧に作ったベシャメルソースをベースに、牡蠣、えび、ほたて、あさりなど、魚介をたっぷり使いました。
ふんわりと焼きあがったパイを、スプーンでつんつんとつついて破ると、中からクリームと魚介の優しい香りがふわ~んと漂い、身も心もほっこり満たされる一品です。
パイをきれいに膨らませる3つのコツ、皆様覚えてますか~?
これさえ守れば、ぽこぽこ森に生えるきのこのように、丸くて可愛らしいポットパイが焼き上がります。
ぜひご自宅でもお試し下さいね。

前菜は、低温でじっくり煮たチキンのレバーをバゲットと共に、そして、ほうれん草のサラダには、可愛らしいうずらの卵の目玉焼きをトッピングしました。
目玉焼きをきれいに焼き上げるにも、実はコツが必要です。
皆様、おままごと感覚できゃっきゃっとお楽しみでした。

今月は、数名の新しい方々にもいらしていただけて、嬉しい出会いがありました。
これから、楽しく一緒にお料理していただけたらと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
# by mt_sophia | 2017-02-28 11:32 | クラス(お料理) | Trackback | Comments(0)

1月のレッスン

f0107364_10583690.jpg

<今月のメニュー>
●スモークサーモンといくらのブリニ
●ボルシチ
●キエフ風チキン
●ベビーリーフのサラダ
●スパークリング
●白ワイン(エト・カルタ)

新年最初のレッスンが、本日無事に終了致しました。
皆様と元気に新年のご挨拶を交わせましたことを、心から嬉しく思います。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、本年第一弾のレッスンは、極寒ロシアに思いを馳せ、ロシア地方のお料理を。
年末年始で酷使された胃と肝臓を労わるべく、ヘルシーに軽めのメニューです。

ボルシチは、皆様ご存知、ロシア料理といえばの代表的なお料理。
ビーツをたっぷり使って、色鮮やかに仕上げます。
お野菜の甘みと、お肉のエキスが相まって、冷えた体にじんわり染み渡ります。
スメタナ(サワークリーム)とディルが、良いアクセントになりますね。

メインは、キエフ風チキン。
キエフは、ウクライナ(旧ソ連)の首都で、現代我々にロシア料理として馴染まれている多くのお料理は、キエフが発祥とも言われています。
今回は、お友達のウクライナ人ママに、色々お話聞かせていただきました。


f0107364_11195755.jpg

アツアツに揚げたお肉を切ると、中から芳しい香草バターがドバーッと。
たまらない美味しさです。
お肉を揚げている間に、バターが流れださないためのコツ、皆様覚えてますかー?
そのコツさえ押さえれば、美味しいキエフ風チキンが簡単に作れますので、ぜひおうちでも復習してみて下さいね。


f0107364_11222921.jpg

毎年1月のレッスンは、お馴染みエト・カルタ。
今年は、白ワインにしました。
銀のにわとりが描かれています。
今年の干支にちなみ、皆様が一層羽ばたき、飛躍される1年となりますように!
# by mt_sophia | 2017-01-30 11:24 | クラス(お料理) | Comments(0)

A Happy New Year 2017

f0107364_841774.jpg

A happy new year!
あっという間に、新年明けて2週間が過ぎようとしておりますが、一応新年のご挨拶。
本年もよろしくお願いいたします。
お正月気分も抜け、すっかり日常生活に戻っておりますが、とりあえず、ささっと年末年始の備忘録を。

年末は、ジョンくんのお友達家族とのディナー、実家でのお餅つき大会、そして友人家族との年越しディナーなどで、楽しく過ごしましたが、残念ながら画像がありません。
13年続いた30日恒例のお鍋忘年会は、今年は家庭の事情によりお休み。
長く続いていただけに、一抹の淋しさはありましたが、子供が成長するにつれ、色々な形で生活に変化が訪れることは必至なので、ここは柔軟に対応し、また集まれる時に集まれたらと思っています。

元旦は、私の家族と共に、想い出のホテルにて新年の午餐会。
私の人生で、元旦といえば、お屠蘇に始まり、お抹茶、お雑煮、おせち…と、実家で伝統的な日本のお正月を過ごすのが恒例でしたが、両親も高齢となり、お正月のお支度も年々プレッシャーになってきているので…と、今年は生まれて初めて、元旦に外で集まりました。

その後は実家に移動して、母がお取り寄せしてくれていたおせちなどをつつき、年末についたお餅でお雑煮。
今年のおせちは、神楽坂の「石川」より。
画像は残っているものの、あまりよく撮れていなかったので、営業妨害になるといけませんので、掲載は控えます。

そして2日は、ご近所のお友達ご夫妻と、我が家でとらふぐ新年会。
お友達といっても、人生の大先輩、しかも銀座で、予約困難な大人気の京おばんざいのお店をやっていらっしゃるプロのお料理人です。


f0107364_8124348.jpg

その方が、この日のために天然のとらふぐをお取り寄せして下さり、我が家でお料理して下さいました。
残念ながら画像はこの1枚しかありませんが、これはてっさ(ふぐ刺し)。
ひとり1皿というお贅沢。
その他、ふぐのから揚げどっさり、てっちり(ふぐ鍋)どっさり、シメはふぐ雑炊~。
ひれ酒もたっぷりいただき、最高でした~。
翌日、キッチンに転がっている一升瓶の数を見てびっくり…(笑)


f0107364_830319.jpg

その後は、北海道へ。
お天気にも恵まれ、素晴らしいコンディションの中、スキーを楽しみました。
遠くに見える湖は、洞爺湖です。
その先には、海も見えました。


f0107364_84031.jpg

他には、香港からのお客様のリクエストにより、我が家でもつ鍋。
その際、ゲストがお持ち下さったKIRIN一番搾り9工場飲み比べセット、最高でした。
同じ一番搾りでも、工場によって、原材料、色、味わい、香り、泡立ち、全然違う~。
すごく面白かったです。
春には、47都道府県別セットも発売されるそうです。
テイスティング希望の方、我が家でご一緒しませんか~?

ということで、今年も口福なスタート。
この調子で、今年もたくさんの美味しい、楽しい出会いがありますように!
# by mt_sophia | 2017-01-13 08:52 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)